【2024年最新】車のサブスクおすすめランキング14社と比較ポイント

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
車のサブスクおすすめランキング

こんな悩みをスッキリ解消

  • テレビCMなどで「車のサブスク」を知って気になっている人
  • 車にかかる費用を定額にできる車のサブスクを利用したい人
  • サブスクサービスをしっかり比較して選びたい人

最近テレビやネットの広告で「車のサブスク」という言葉を知った人は多いのではないでしょうか?

車のサブスクとは、車にかかる費用を全て定額にしてくれるサービスのこと。

ただし一般的なサブスクと違い、契約期間中に解約すると違約金を取られる可能性があります。

まどか
維持費が定額ってことはカーリースと同じってことですか?
パンダ店長
そうだね!この記事では気になる車のサブスクに関する疑問を解決していくよ!

車のサブスクとカーリースは概ね同じ意味ですが、細かな違いがあるのでこの記事で確認しておきましょう。

また自分にピッタリのサービスを選ぶコツもご紹介しているので、サービス選びに迷っている人は必見です。

最終的には、車のサブスクとカーリースの比較ポイントがわかり、最もお得なサービスを見つけることができるようになるでしょう。

目次

車のサブスクとは?カーリースやカーシェアとの違い

最近増えているサブスク型のサービスですが、車もサブスクで利用できるようになりました。

まどか
店長、車とサブスクが全く結びつきません!
パンダ店長
定額料金を支払うだけで車が持てるサービスってことだよ!

車を購入するためには、車両代金の他にも様々な費用がかかります。

代表的なのが年に一度の自動車税や、2年に一度の車検です。他にもメンテナンス費用などがかかり、車の維持費は不透明感が強いという特徴があります。

まどか
保険料もいくらかわからないし、急に故障したら修理代がいくらかかるのかさっぱりわからないですよね。

こうした車にかかる費用を全て定額にして、利用料を支払っている間は自由に車に乗れるようにしたのが「車のサブスク」と呼ばれるサービス。

カーリースの基本の仕組み

代表的なのが、トヨタが提供している「KINTO」といサービスです。

パンダ店長
KINTOの利用料の中には、以下のものが全て含まれているんだ!

KINTOに含まれる費用一覧

  • 車両代金
  • KINTO所定のオプション(装備品)代金
  • 登録諸費用
  • 自動車税環境性能割
  • 契約期間中の各種税金
  • 保険(自動車税種別割、重量税、自賠責保険料、自動車保険(任意保険)料)
  • メンテナンス費用(点検費用)

これだけの費用が含まれているとなると、他に必要になるのは走行に必要なガソリン代だけ。

自動車税を支払う必要もなく、車検の費用もかかりません。

つまり、利用料を支払っている限りは車にかかる費用負担がないというのが、車のサブスクと呼ばれるサービスなのです。

パンダ店長
レンタカーではないから「わ」ナンバーではないのもポイントだよ!

カーリースやカーシェアとの違い

車のサブスクは、カーリースの一種と捉えることができます。

そのためカーリースと車のサブスクはほぼ同一のサービスと考えて良いでしょう。

しかしカーリースというものは、維持費まで月額料金に含まないプランも存在します。

そのため、カーリースの中でも一部のプランが車のサブスクと同じと考えましょう。

パンダ店長
カーリースは車のサブスクと違って、長期利用が可能という特徴もあるんだ!

KINTOに代表される車のサブスクは、3年〜7年という比較的短期間の利用を想定しています。

そのため契約終了時は車を返却し、新たな車に乗り換える必要があります。

しかしカーリースの場合は、最長で11年契約が可能。長期間リースなら、契約終了時に車をもらうこともできます。

逆に、カーリースは1ヶ月や1年といった超短期契約も可能。期間の融通が効くのも、カーリースの特徴といえます。

パンダ店長
最近はカーリースと車のサブスクの違いが少なくなってきているから、実際はあまり気にする必要はないんだ。

カーシェアというのは、1台の車を複数人で共有すること

有名なのはタイムズカーシェアで、最短15分から車を借りることができます。

所有者がいる車を必要な時間だけ借りるのがカーシェアで、所有物として扱う車のサブスクやカーリースとは少し性質が違います。

パンダ店長
自分が乗ってみたい車を1日だけ借りてみるという使い方もできるのが、カーシェアの特徴なんだよ!

車のサブスクは、カーリースとは同義ですがカーシェアとは少し違います。

基本的には年単位で利用することになるので、ライフスタイルに合わせて車を変えていきたい人におすすめ。他にも、車にかかる費用を可視化したい人にもおすすめです。

パンダ店長
車のサブスクやカーリースは、毎月の利用料金を経費として計上できるから、個人事業主の人にもおすすめなんだ!
あわせて読みたい
【2024年最新版】カーリースのおすすめランキングTOP14と比較ポイント 車にかかる維持費を定額で支払い、月々の支払いが抑えられることで人気のカーリースは、今や新しい車の買い方として定着しています。 人気のサービスということは、それ...

ここまで、車のサブスクの特徴とカーリースとカーシェアとの違いをご紹介しました。

車のサブスクに興味を持ったら次に知りたいのが、似たようなサービスの中から自分にピッタリのものを選ぶ基準です。

そこで次章では、車のサブスクの選ぶときの比較ポイントをご紹介していきます。

車のサブスクを選ぶときの比較ポイント10選

最近増えてきている車のサブスク型のサービスですが、自分にピッタリなものを見つけるのは中々難しいものです。

そこで本章では、車のサブスクを選ぶときの比較ポイントを10個ご紹介します。

パンダ店長
サービスを選ぶときは、以下の10個のポイントを比較しよう!
  • ポイント1.選べる車種
  • ポイント2.月額料金に含まれる費用
  • ポイント3.契約年数の柔軟性
  • ポイント4.月間走行距離
  • ポイント5.契約方式
  • ポイント6.サポート体制
  • ポイント7.独自サービス
  • ポイント8.契約満了時の選択
  • ポイント9.頭金が0円である
  • ポイント10.オンライン申し込みの有無

車のサブスクを比較するときは、上記のポイントの中で自分が重視するものをしっかり決めておくことです。これから、上記10個のポイントを解説します。

ポイント1.選べる車種

車のサブスクは、好きな車種に定額料金を支払うことで乗れるのが最大のメリットです。

そのため、まずは自分が欲しい車種を取り扱っているかどうかを調べましょう。

例えば、KINTOはトヨタが提供するサービスなので、トヨタ車とレクサス車しか選べません。

ホンダマンスリーオーナーはホンダ車限定、ウルトラマイカープランは三菱車限定となっています。

パンダ店長
自動車メーカーが直接提供している車のサブスクサービスは、オリジナルグレードが選べたりメンテナンスパックが充実していたりというメリットがあるんだ!

他にも、輸入車には対応していないサービスや、商用車は取り扱っていないサービスもあります。まずは、乗りたい車を取り扱っているかどうかを確認しましょう。

ポイント2.月額料金に含まれる費用

次章で詳しくご紹介しますが、車のサブスクはサービスによって月額料金に含まれる費用が異なります。

車両代金と自動車税が含まれるのは全社共通ですが、その他の費用に関しては各社で対応が異なります。

パンダ店長
以下の費用に関しては、各社によって含まれるかどうかが異なるんだ。
  • 車検代
  • メンテナンス費用
  • タイヤ交換費用
  • 任意保険料

これらの費用が含まれるサービスの方が、月額料金は高くなります。

そのため費用に応じてサービスを選ぶ必要があるのです。

逆に、上記全てが含まれるサブスクプランを契約すれば、あとはガソリン代と駐車場代を支払う程度で車に乗ることができます。

パンダ店長
特に車のサブスクと呼ばれるサービスは、任意保険料も含まれるケースが多いんだ!

ポイント3.契約年数の柔軟性

自分が車に乗りたい期間から、対応するサービスを選ぶというのも1つの方法です。

例えば1ヶ月だけ車が必要という人は、ホンダマンスリーオーナーがおすすめ。

1〜11ヶ月の範囲で自由に期間を設定できるので、短期間の需要に応えています。

逆に長期間車が必要な人は、最長11年が選択できるサービスを契約しましょう。

パンダ店長
最長11年契約に対応しているのは、以下のサービスだよ。

11年契約を用意しているサービスは、オプションを選択すれば契約終了時に車をもらうことができます。

1台の車に長く乗りたい人は、こうしたサービスを契約するのも1つの手です。

パンダ店長
とはいえ、短期間でどんどん新車に乗り換えられるのが車のサブスクの醍醐味とも言えるんだ!

例えばKINTOであれば、最新のレクサス車を3年単位で乗り換えることが可能です。

他にも2年経過後は自由に車を選べるサービスもあるので、こうしたサービスで次々と乗りたい車に乗るという使い方もおすすめです。

ポイント4.月間走行距離

車のサブスクサービスは、契約終了時にある程度の状態を維持している必要があります。

そのため会社によっては、月間走行距離を設けているケースが多いのです。

よくあるケースが、月間1,000キロまたは1,500キロに設定しているパターン。

単月でオーバーしても問題ありませんが、その他の月で下回っておく必要があります。

パンダ店長
契約終了時に予め決めていた走行距離をオーバーしていると、キロ数に応じて追加料金を取られることがあるんだ。

契約終了時に車がもらえるプランであれば、基本的に月間走行距離の設定はありません。こうした点も、自分でサービスを比較する際のポイントにしておきましょう。

ポイント5.契約方式

車のサブスクの契約方式は「オープンエンド」と「クローズドエンド」の2種類があります。

カンタンに説明すると、オープンエンド方式は月額費用が安く、クローズドエンドの方が高くなる傾向があります。

あまり車に乗らない人はオープンエンドで費用を抑え、たくさん乗る人はクローズドエンドでリスクを回避する使い方がおすすめです。

パンダ店長
契約方式の細かな違いまで知っておく必要はなくて、どっちが高くてどっちが安いのか覚えておくだけで十分だよ!

ポイント6.サポート体制

車に乗る上で避けて通れないのが、万が一の故障です。故障は出費の可能性が高く、こうしたトラブルを補償してくれるサブスクがおすすめです。

まどか
でも、補償が多い方が料金が高くなるんじゃないですか?
パンダ店長
もちろんそうだよ!だからこそ、メンテナンスパックを数種類用意している会社が安心なんだ!

他にも、車に関する悩みを気軽に相談できる体制が整っていることも重要です。

車のサブスクサービスの中には、専任のコンシェルジュがついてくれるものもあるので、こうしたサービス内容で比較することも大切です。

ポイント7.独自サービス

同じようなサービスが多いからこそ、各社が提供する独自サービスは重要です。

ガソリンスタンドが提供しているサービスならガソリン代の値引きがあり、自動車メーカーが提供しているサービスなら車種選択の幅が広がるという独自性があります。

他にもお得な任意保険を用意していたり、前述のコンシェルジュサービスを用意している会社もあります。

パンダ店長
月額費用にサービス料が含まれているかどうかも、しっかり確認しようね!

ポイント8.契約満了時の選択

車のサブスクは利用料の支払いをやめたら、当然サービスが終了します。

このとき車を返却しなければいけないのか、乗っていた車を貰えるのか、各社のサービス内容をしっかり確認しておきましょう。

車を返却するサービスの方が一般的で、契約期間も自由に選択できる傾向があります。利用期間が長くなるほど、契約終了時に車を貰うことができます。

パンダ店長
同じ車に長く乗るなら、一般的なカーローンで購入することも検討してみよう!

ポイント9.頭金が0円である

車のサブスクは基本的にどのサービスも頭金は0円です。

初期費用がかからないのがメリットなので、必ず頭金がかからないことを確認しましょう。

もし月額料金が他社よりもずば抜けて安い場合、頭金が必要な可能性もあります。

パンダ店長
この記事で紹介している車のサブスクは、全て頭金0円のサービスだよ!
あわせて読みたい
頭金なしのカーリースは危険?3つの注意点やカーローンとの比較 車を買う方法は1つではなく、車のサブスクとも呼ばれているカーリースがおすすめです。 頭金なしで新車に乗れるため、貯金がない人でもカンタンに車を買うことができま...

ポイント10.オンライン申し込みの有無

車を購入する際、ディーラーに足を運ぶのは値引き交渉をするためです。

しかし車のサブスクは自分で車を購入するわけではないので、ディーラーに足を運ぶ必要はありません。

そのため、オンラインで申し込みができるサービスがおすすめです。

まどか
でもやっぱり、お店で色々相談して車を選びたいな…。
パンダ店長
その場合は、店頭で相談に乗ってくれるサービスを選ぶということもできるんだ!

例えばピタクルは、専任のコンシェルジュが担当としてついてくれます。店舗に足を運ばなくても相談に乗ってくれるため、こうしたサービスも検討してみるのも良いでしょう。

ここまで、車のサブスクを選ぶときの比較ポイントを10個ご紹介しました。

車のサブスクといっても、実は各社でサービス内容は大きく異なります。

そこで次章では、おすすめの車のサブスクをランキング形式でご紹介していきます。

車のサブスクおすすめランキングTOP14

各社が似たようなサービスを提供しているとなると、どれを選んでいいのかわからなくなりがちです。

そこで本章では、前章でご紹介した比較ポイントを踏まえた上で、主要な車のサブスク14社をランキング形式でご紹介します。

車のサブスクおすすめランキングTOP14

  1. ニコノリ
  2. MOTAカーリース
  3. リースナブル
  4. カーコンカーリース
  5. SOMPOで乗ーる
  6. セブンマックス
  7. 定額カルモくん
  8. オリックスカーリース・オンライン
  9. KINTO
  10. コスモMyカーリース
  11. ピタクル
  12. リースDeマイカーオンライン
  13. ホンダマンスリーオーナー
  14. ウルトラマイカープラン
パンダ店長
各社の特徴は一覧表の通りだよ!
リース会社 頭金 月額料金 選べる車種 月額料金に含まれる費用 契約年数 契約方式 サポート体制 独自サービス 月間走行距離(年間契約もあり) 契約終了時の選択 オンライン申し込み 料金の支払い
ニコノリ 0円 5,500円~ 国産全車種 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用 1~9年の範囲で1年単位で選択可能 オープンエンド 指定整備工場 ガソリン割引(5円/L) 5年:30,000km、60,000km 乗り換え・延長利用・買取・返却・車がもらえる 可能 口座引き落とし
MOTAカーリース 0円 5,940円~ 国産全車種(商用車を除く) 車両代金、オプション代、環境性能割、新車登録時手数料、自動車税、重量税、自賠責保険料、消費税 5、7、11年 クローズドエンド 指定整備工場 契約期間中のカスタムOK 制限なし 車がもらえる 不可 口座引き落とし
リースナブル 0円 6,600円~ トヨタ、マツダ、日産、ホンダ、ダイハツ、スズキ 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代 3、5年 オープンエンド 指定整備工場 商用車可、積み立て 一般車:750km、商用車(エコノミープラン:1,000km、ノーマルプラン:1,500km、ビジネスプラン:2,000km) 乗り換え・買取・返却 可能 口座引き落とし
カーコンカーリース 0円 8,000円~ 国産全車種 車両代金、オプション代、環境性能割、新車登録時手数料、車検基本料、自動車税、重量税、自賠責保険料 7、9、11年 クローズドエンド、オープンエンド選択可能 全国カーコンビニ倶楽部 専用の任意保険に加入可能 2,000km 乗り換え・返却・車がもらえる 不可 口座引き落とし、クレジットカード
SOMPOで乗ーる 0円 11,000円~ 国産全車種/輸入車(一部) 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代 3、5、7、9年 オープンエンド 指定整備工場 カーシェアリングサービスで貸し出し可能 1,000km、1,500km、2,000km、3,000km 乗り換え・継続利用・買取・返却・車がもらえる 不可 口座引き落とし
セブンマックス 0円 11,000円~ 国産全車種 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険 7年 オープンエンド 指定整備工場 最大20万円分の補償が付帯 1,000km 乗り換え・継続利用・買取・返却 不可 口座振替
定額カルモくん 0円 11,220円~ 国産全車種 車両代金、法定費用(自動車税、重量税、自賠責保険)、登録費用、環境性能割、その他諸費用、仲介手数料、お客様サポート料、車検点検費用 1~11年の範囲で1年単位で選択可能 クローズドエンド 指定整備工場 オプション加入で車がもらえるサービス 6年以下:月間平均1,500km、7年以上:制限なし 乗り換え・延長利用(再リース)・買取・返却・車がもらえる 可能 口座引き落とし
オリックスカーリース・オンライン 0円 12,870円~ 国産全車種 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険 5、7、9、11年 クローズドエンド 指定整備工場 オイル交換・車検の無料クーポン付き 1,500km 乗り換え・継続利用(1年)・返却・車がもらえる 可能 口座振替、クレジットカード
KINTO 0円 14,740円~ トヨタ、レクサス 車両代金、KINTO所定のオプション(装備品)代金、登録諸費用、自動車税環境性能割、契約期間中の各種税金・保険(自動車税種別割、重量税、自賠責保険料、自動車保険(任意保険)料)、メンテナンス費用(点検費用) 3、5、7年(レクサスは3年) オープンエンド 全国トヨタディーラーで整備 オリジナル車種が借りられる 3年:54,000km、5年:(再契約1回目含む)90,000km、7年:(再契約2回目含む)126,000km 乗り換え・延長利用(2年間の再契約が最大2回まで)・返却 可能 口座振替、クレジットカード
コスモMyカーリース 0円 16,160円~ 国産全車種 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代 3、5、7、9年 クローズドエンド、オープンエンド選択可能 全国コスモ石油 ガソリン割引(10円/L)、普通自動車免許教習サービス 500km、1,000km、1,500km 乗り換え・継続利用・買取・返却・車がもらえる 可能 口座引き落とし
ピタクル 0円 22,440円~ 国産全車種 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用、リサイクル料 5、7年 オープンエンド ロードサービスが付帯 専任コンシェルジュサービス 500km、1,000km、1,500km 乗り換え・継続利用・返却 可能 口座振替
リースDeマイカーオンライン 0円 23,430円~ 国産全車種/輸入車 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険 5、7、9年 オープンエンド 指定整備工場 JAF法人会員に加入可能 500km、1,000km、1,500km 乗り換え・継続利用・買取・返却 可能 口座引き落とし
ホンダマンスリーオーナー 0円 29,800円~ ホンダ車 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス代、任意保険料 1?11ヶ月 オープンエンド 全国ホンダディーラーで整備 最短1ヶ月から利用可能 1,000km 継続利用・返却 可能 クレジットカード
ウルトラマイカープラン 0円 30,140円~ 三菱車 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス代、任意保険料 3、4、5年 オープンエンド 全国三菱ディーラーで整備 自動通報機能付きドライブレコーダー全車搭載 軽自動車:1,000km、普通車:1,500km 乗り換え・買取・返却 不可 口座振替、クレジットカード

※2024年7月現在

ランキングは公平性を保つため、月額料金が安い順番に設定しています。

料金の中に含まれるオプションは異なるので、上記の一覧表をご確認ください。

パンダ店長
一覧表で気になる車のサブスクを選んで、この後の紹介文を確認するという使い方がおすすめだよ!

1位:ニコノリ

ニコノリ

ニコノリを展開しているのは、「ニコノリ」でおなじみの株式会社MICです。

月額料金は業界最安値の5,500円〜となっており、選べる車種も国産車全車種と幅広いのが特徴です。

ニコノリの安さの秘訣は、走行距離を制限して定期メンテナンスを必須としていること。

契約終了時になるべく車の価値を高くしておくことで、サブスク費用を抑えているのです。

契約年数も1〜9年の範囲から1年単位で選べるので、必要なときだけ車を利用することが可能。まさにサブスクとして使える、便利なサービスといえます。

パンダ店長
月間走行距離の制限がないプランもあるけど、その分月額料金は高くなるから覚えておこうね!

>> ニコノリのお得なリース車チェック

2位:MOTAカーリース

MOTAカーリース

MOTAカーリース」は、契約終了時に車を貰えるというのが最大の特徴です。

つまり車のサブスクによくある「月間走行距離の縛り、カスタム不可の縛り」がないのです。

契約中は定額料金で車に乗ることができ、契約終了時はその車をもらって自分のものにできます。

サブスク期間が長くなって「自分で買った方が良かったかも」と後悔することがありません。

ただし最低契約年数が5年と長めなので、車のサブスクというよりカーリースに近いサービスといえます。

パンダ店長
いつでも解約できるのがサブスクのメリットとも言えるから、契約年数の縛りはしっかり確認しておきたいね!

>> MOTAカーリースのお得なリース車チェック

3位:リースナブル

リースナブル

リースナブル」の最大の特徴は、リース期間中いつでも解約OKという点です。

いつでも好きなときに解約できるというのは、車のサブスクと言えるでしょう。

もちろん頭金も0円で、月額料金に維持費も含まれます。また商用車も選択可能なので、事業に使いたい個人事業主の方にもおすすめです。

月額料金も6,600円〜なので、とにかく安く車に乗りたい人にはピッタリのサービスです。

パンダ店長
だけど、選べる車種が2023年時点で51車種しかないから、乗りたい車が見つからない可能性があるよ。

>> リースナブルのお得なリース車チェック

4位:カーコンカーリース

カーコンカーリース

車の修理でおなじみのカーコンビニ倶楽部が提供している車のサブスクが、「カーコンカーリース」です。

契約期間が終了したら車がもらえるので、月間走行距離の縛りがないのが特徴です。

しかし契約期間が最低7年からなので、好きなときに解約できるというメリットはありません。

パンダ店長
契約期間の変更はできないけど、契約終了の2年前から自由に車を変更することは可能になるんだ!

>> カーコンカーリースのお得なリース車チェック

5位:SOMPOで乗ーる

SOMPOで乗ーる

自動車保険を提供するSOMPOホールディングスが、インターネット大手DeNAと共同運営しているのが、「SOMPOで乗ーる」です。

契約期間は3年から9年ですが、5年以上のプランを契約すれば別途オプション契約の上、途中解約が可能になります。

オプション料金は4,400〜9,900円の範囲で、車種によって異なります。急に解約する可能性がある場合は、解約オプションを事前につけておきましょう。

パンダ店長
オプション料金は安くないから、付けた場合に他社の途中解約ができるプランと価格を比較した方が良さそうだね。

>> SOMPOで乗ーるのお得なリース車チェック

6位:セブンマックス

セブンマックス

セブンマックス」はその名の通り、7年のカーリース契約を結びます。

途中解約は不可なので、期間を短くしたい場合は契約前に相談しましょう。

プランの中には車検費用や各種税金が含まれるので、月々定額料金で車に乗ることができます。

セブンマックスならではの特典として、パンクやいたずら被害に遭ったときに使える最大20万円分の補償サービスが付帯します。

思わぬ出費を避けることができるので、車にかかる毎月の費用を一定にすることが可能です。

パンダ店長
補償されるのは「パンク、ガラス破損、いたずら、バンパー破損」の4つだよ!

>> セブンマックスのお得なリース車チェック

7位:定額カルモくん

定額カルモくん

定額カルモくん」は、1〜11年の範囲で1年単位で契約年数を選べるカーリースです。

途中解約はできませんが、1年単位で契約できるのがポイント。

もちろん車検費用や各種税金は月額料金に含まれるので、月々定額で新車に乗ることができます。

またメンテナンスプランを金額別に3つのコースに分けることで、必要な分だけトッピングして契約することが可能。

月々の費用を徹底的に抑えたい人におすすめです。

パンダ店長
オンライン契約も可能だから、店舗に足を運ばなくても車を買うことができるよ!

>> 定額カルモくんのお得なリース車チェック

8位:オリックスカーリース・オンライン

オリックスカーリース・オンライン

オリックスカーリース・オンライン」は、契約年数5年以上で利用できるカーリースです。

契約は5年からですが、2年経った時点で車両の変更が自由になるのがポイント。

車を自由に乗り換えられるという意味では、サブスク利用に近い使い方が可能です。

またオリックスカーリース・オンラインは、車検や点検費用がリース代金に含まれません。

その分月額費用を抑えることができますが、思いがけない出費が発生してしまう可能性については注意が必要です。

まどか
車が定額で乗れるのがサブスクのメリットだから、それだと意味がないような…。
パンダ店長
契約期間中は、車検やメンテナンス費用が無料になるクーポンが貰えるから心配不要だよ!

>> オリックスカーリース・オンラインのお得なリース車チェック

9位:KINTO

KINTO

車のサブスクという言葉を世の中に広めたのが、トヨタが運営する「KINTO」というサービスです。

KINTOは月額費用の中にあらゆる費用を含んでいるので、ガソリン代の支払い程度しか追加出費がありません。

サブスクプランは2つから選択することができ、解約金フリープランを契約すれば途中解約も自由になります。

ただし初期費用として月額費用の5ヶ月分が必要になること、レクサス車が選べないなどのデメリットがあります。

初期費用フリープランなら頭金0円で契約でき、トヨタ車の他にもレクサス車やモリゾーセレクションというオリジナル車種が選択できます。

パンダ店長
トヨタが提供するサービスだから、トヨタ車やレクサス車以外は選べないのがデメリットだね。

>> KINTOのお得なリース車チェック

10位:コスモMyカーリース

コスモMyカーリース

ガソリンスタンドのCMでおなじみのコスモ石油が提供しているのが、「コスモMyカーリース」です。

ガソリンスタンドでメンテナンスが受けられる上、契約期間中はガソリン価格が割引になる独自サービスが大きなメリット。

まだ免許を持っていない人向けに、教習所代金もサブスク費用に含まれる「めんくるパック」というものを提供しています。免許取得費用もカバーされるので、車に関する費用はずっと一定額です。

まどか
教習所の申し込みもコスモ石油でできちゃうんですね!

>> コスモMyカーリースのお得なリース車チェック

11位:ピタクル

コンシェルジュがカーライフをサポートしてくれるピタクルは、途中解約が自由なカーリースです。

転勤やライフスタイルの変化により車が不要になった際には、いつでも負担金なしで解約が可能。

頭金も0円なので、まさに車をサブスク形式で利用できるサービスです。

予算の相談や車選びの相談も、専任のコンシェルジュが回答してくれます。

パンダ店長
ネット契約は人に相談しにくいというデメリットがあるから、コンシェルジュがついてくれるのは心強いね!

12位:リースDeマイカーオンライン

リースDeマイカーオンラインは、輸入車の購入もできるカーリースです。

多くのカーリースが国産車に限定しているところ、リースDeマイカーオンラインは輸入車でもリース契約が可能。

契約期間は5年からですが、車にかかる維持費を全てリース代金に含むことができます。契約にはJAF年会費も含まれるので、万が一のトラブルも安心です。

パンダ店長
自分で指定したディーラーで車の購入ができるのもリースDeマイカーオンラインの特徴なんだ!

しかり前述の通り契約期間が5年からなので、車のサブスクというよりカーリースに近いサービスと覚えておきましょう。

13位:ホンダマンスリーオーナー

ホンダマンスリーオーナーは、最短1ヶ月から利用できるカーリースです。

途中解約の違約金もかからず、好きなときに解約できるのがポイント。

最長利用期間は11ヶ月なので、必要なときだけ車をレンタルするイメージです。

月額費用には任意保険料まで含まれるので、まさに車のサブスクといえるサービスです。

まどか
でもそれだとレンタカーということになって「わ」ナンバーになっちゃうんじゃないですか?
パンダ店長
レンタカーではなくカーリースという扱いだから「わ」ナンバーにはならないよ!

14位:ウルトラマイカープラン

契約できる車両は三菱車に限られますが、任意保険料までセットで利用できるのがウルトラマイカーリースです。

三菱のディーラーで契約するため、一般的な自動車ローンと費用の比較が可能。

ウルトラマイカーリースで契約した車両には、高性能ドライブレコーダーが付帯するのでお得です。

最長契約期間は5年までなので、定期的に新車に乗り換えたい人におすすめです。

パンダ店長
ドライブレコーダーは万が一事故に遭ったとき、自動で通報してくれる機能が付いているよ!

車をサブスクで利用するなら、途中解約で費用が取られないサービスがおすすめです。

ただし、途中解約ができるプランは月額費用が高くなるので、一定期間の契約で安くなるサービスとの比較は必須。

短期間しか利用しないなら、1ヶ月から利用できるホンダマンスリーオーナーがおすすめ。車に3年以上乗ることが確定しているなら、各社の月額費用を比較しましょう。

安心を重視するほど、メンテナンスパック分が加算されて負担額は増えます。逆に突発的な出費に対応できるなら、メンテナンスパックは削って負担額を減らすことも可能です。

まどか
月々の費用や契約期間から、自分にピッタリのサービスを選ぶのがいいんですね!

まとめ

  • 車のサブスクは、車にかかる費用が全て利用料に含まれたカーリースのことを指す
  • サブスクとはいえ、途中解約で違約金がかかるサービスもあるので注意
  • 車のサブスクはカーリースと大体同じという解釈でOK
  • 個人向けカーリースなら、各社がお得な独自サービスを展開している
  • カーリースを選ぶコツは、契約期間と月額費用に含まれる内容を比較すること
目次