車買取を現金でしてもらうことは可能?大手車買取店10社の電話調査結果まとめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
車買取を現金でしてもらうことは可能?大手車買取店8社に電話調査結果まとめ

こんな悩みをスッキリ解消

  • 現金で車買取をしてくれる業者を知りたい
  • なるべく早く現金を受け取りたい
  • 現金で車買取をしてもらうときの注意点を知りたい

何かを売却するときというのは「振り込みではなく現金で対応してほしい」と思う人もいるはず。

そこで今回は車買取の際に現金で買取金額を渡してくれることがあるのかについて、大手買取業者に実際に電話ヒアリングしました。

また、現金で買取をしてくれる業者も合わせて紹介しています。

目次

車買取を現金でしてもらうことって可能?大手買取店10社に電話ヒアリング

先にお伝えすると、車の売却代金は「銀行振り込みが一般的」。

その理由は「銀行で口座から口座へ振り込みをした方が、エラーや盗難といったリスクを最小限にできる」から。

実際に筆者が大手車買取店に電話ヒアリングをしました。

買取業者名 即金対応の可否 振り込みにかかる日数
ガリバー × 最短3~4営業日
ビッグモーター × 最短2~3営業日
ラビット
※店舗により対応している場合あり
1週間程度
トヨタのクルマ買取
※旧T-UP
× 約2週間
アップル
※店舗により対応している場合あり
最短3日~1週間程度
カーセブン △(契約金額の10%※上限5万円)
※店舗により対応が異なります。
1週間程度
ユーポス × 最短翌日
カーチス × 最短3日~1週間程度
ネクステージ × 最短3日~1週間程度
オートバックス × 2営業日

※2024年6月現在

この表からわかるように、大手買取業者は基本的に即金に対応していません。

カーセブンは一部を即金してくれる

カーセブンの場合は、店舗により「契約金額の10%※上限5万円」を即日振り込んでくれます。

パンダ店長
僕が取材に行ったときも実際にカーセブンに確認したよ!
あわせて読みたい
【店舗潜入】カーセブンの査定風景と他社との査定額の比較結果を公開 日頃馴染みのない店は、初めて利用する前にネットで評判を調べるのが鉄則です。 この記事を読んでいるあなたは、車買取/販売の「カーセブン」について調べているはず。...

アップルやラビットは店舗により即金の可能性あり

アップルやラビットはフランチャイズ経営をしています。

フランチャイズとは、個人が経営する小さな中古車屋さんが大手の看板を借りて営業をすること

フランチャイズ経営では、その店舗の店長にある程度の経営が任されているため、即金で対応してくれる店舗もあるのです。

即金対応している買取業者は?

小さい買取店や街の中古車屋さんを調べたところ下記買取店が即金に対応してもらえます。

※2024年6月現在

まどか
即金対応の業者はあまり多くないんですね。
パンダ店長
そうだね、買取金額を現金で受け取りたい場合は注意点があるから紹介するよ。

現金の買取業者の3つの注意点

個人経営の店舗では未だに現金で対応している場合があります。

しかし小さな個人経営の店舗で、現金による車買取をしてもらう場合には注意点があります。

即金買取業者の3つの注意点

  1. 査定額が低くなる可能性が高い
  2. 基本的に必要書類と車両を引き渡してから現金を渡される
  3. 中には怪しい店舗もある

それぞれの注意点に関して、分けて以下に説明していきますのでご覧ください。

注意点1.査定額が低くなる可能性が高い

現金買取は査定額が低くなる可能性が高い

小さな個人経営の店舗の場合、実は「査定額が低くなる」という可能性が高くなります。

というのも小さな個人経営の店舗の場合には、それほど多くの現金を手元に持ち合わせていない場合があります。

つまり「そもそも高く買い取るほどの現金を持ち合わせていない」という場合があるということ。

そのため小さな店舗で現金による車買取をしてもらう場合、査定額が低くなりがちです。

注意点2.基本的に必要書類と車両を引き渡してから現金を渡される

必要書類を揃えておかないと現金を受け取れない

現金買取に限った事ではありませんが、基本的に車買取をしてもらってお金を手にするためには必要書類と車両を引き渡してからということになります。

「車両や、所有権を解除できる書類が揃うまではリスク回避のためにお金を支払うことができない」ということを意味します。

そして車買取に必要な書類は下記の通り。

車を買い取ってもらうときの必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険の証書)
  3. 自動車納税証明書(納税証明)
  4. リサイクル券
  5. 印鑑登録証明書(印鑑証明)
  6. 実印
  7. 振り込み口座情報の分かるもの(例:銀行の通帳など)

であり、1~4番までに関しては多くの場合で車検証入れの中に保管されていますから、わざわざ準備する必要は基本的にありません。

そして5番の印鑑証明は市町村役場や行政の窓口センターで手に入り、6~7番に関してはご自身で用意しておく必要があります。

車の売却書類は下記記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【写真付き】車売却時の必要書類は?保管場所や発行方法・費用まとめ 車を購入する時も数々の書類を用意した記憶がありませんか? 数多くの書類を用意しなければいけないのは、車を売るときも同じ。 なぜなら車は大切な資産であり、手放す...

注意点3.中には怪しい店舗もある

個人経営の車買取店の中には、実は怪しい店舗があります。

例えば、盗難車や盗難パーツを扱っている買取店もあります。

そういった買取店に依頼すると、最悪の場合、自身が犯罪の片棒を担がされてしまう可能性もあるのです。

また「売却したのに金額を渡してもらえない」というケースもあります。

まどか
うわ・・・怖い・・・
パンダ店長
だいぶ中古車業界は健全になったとはいえ、気性が荒い人はやっぱりいるよ。
あわせて読みたい
車売却をする前に知っておきたいトラブル事例5つと注意点!安心できる買取業者は? 車を売る時に誰でもトラブルなく売りたいと思うもの。 ただ、ネットなどを調べていると、評判が悪い買取業者や中古車売買でトラブルに巻き込まれている人もいます。 202...

以上、現金での車買取に関する注意点をご紹介してきましたが、ご覧になると「現金で取引しなくても良いかもしれない…」と思いませんでしたか?

筆者としても買取金額の低さやその他リスクを考えた場合に、大手車買取店などで車買取をしてもらうべきと思っています。

現金ではないにしても、大手買取店でも1週間程度で振り込みをしてくれるところがほとんど。そして何より安心です。

また、カーセンサー」などの車一括査定を使うと、複数社に査定依頼ができるため、より高く車を売ることができます。

少しでも高く売りたい方は、ぜひ利用しましょう。

>> カーセンサーで査定相場チェック

車買取業者のオススメについては下記記事でご確認ください。

あわせて読みたい
【2024年6月】車買取業者おすすめランキングTOP7!車売るならどこがいい? 中古車買取を専門にしている業者は国内に多数存在しているため、その中から「本当におすすめの車買取業者」を調べるのは至難の業。 そこで参考にするのが「ランキング」...

まとめ

  • 車買取の際、大手車買取店では現金で対応してもらうことができない
  • 現金で車買取をしてもらうためには、基本的に小さな個人経営の車買取店で依頼するしかなく、リスクが高いためオススメできない
  • 大手の買取店は、振り込みまで2~3日なので筆者としてはオススメしている
目次