新車か中古車かで迷ったら「中古」をオススメする理由と理想の車を探す方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
新車か中古車かで迷ったら「中古」をオススメする理由と理想の車を探す方法

こんな悩みをスッキリ解消

  • 車購入を検討していて、新車か中古車か迷っている人
  • 自分には新車と中古車のどっちが向いているのか知りたい人
  • 両方のいいとこ取りをした車を購入したい人

車を購入する際の永遠のテーマといえるのが「新車か中古車」どちらを購入するかということ。

どちらにもメリットはありますが、自分にはどっちが向いているのか迷う人も多いでしょう。

今回は、新車と中古車のメリットとデメリットをわかりやすく解説。

自分だったらどっちを買えば幸せになれるのかがハッキリ分かります。

その上で、記事の最後では両方のいいとこ取りをした車の購入方法を紹介。

最後まで読むことで、今まで知らなかった本当にお得な車の買い方が分かります。

目次

新車と中古車のメリットデメリットと判断基準

もし新車か中古車かで迷っているなら、それぞれのメリットとデメリットを知ることが大事です。

両方を比較して、自分にとってメリットが多い方を選べばいいので、長く悩む必要はありません。

そこで本章では、新車と中古車のメリットデメリットを紹介し、どっちがいいのか決めるための判断基準を紹介していきます。

パンダ店長
まずはそれぞれのメリットとデメリットを紹介するよ!

新車・中古車のメリットとデメリット

新車の3つのメリット

  1. 好きな色やグレードが選べる
  2. 新しいから長く乗ることができる
  3. 減税になる可能性が高い

新車の3つのデメリット

  1. 価格が高い
  2. すぐに売ると損をする

中古車の3つのメリット

  1. 車を安く買うことができる
  2. 納車までの期間が短い
  3. 希少な絶版車を買うことができる

中古車の2つのデメリット

  1. 新車に比べると多少の傷や汚れがある
  2. 新車に比べて値引きが少ない
まどか
う〜ん、やっぱり一長一短ですね。
パンダ店長
そうだね、それぞれのメリットとデメリットをもう少し詳しく確認していこう!

新車のメリット3つ

新車はメーカーに発注をするため、オーダーメイドのような感覚で買うことができます。

それがまさにメリットとなるので詳しく紹介していきます。

新車のメリット1.好きな色やグレードが選べる

新車の最大のメリットは、自分が好きな色やグレードが選べること。

カタログを見ながら好きな仕様の1台を作り上げていくのは新車購入時にしかできないことです。

最近の車はカラーバリエーションも豊富なので、人と違う車を選べるのも新車の醍醐味と言えるでしょう。

新車のメリット2.新しいから長く乗ることができる

新車は当然ですがあなたが最初のオーナーです。

車の寿命は一説では10年10万キロと言われていますが、その期間をフルで楽しめるのは新車ならではの特権。

同じ車を長く大事にしたい人は新車を選ぶのがオススメです。

新車のメリット3.減税対象になる可能性が高い

新車購入は国から様々な支援を受けることができます。

大きく下記3つがあります。

  • 自動車取得税:自動車取得税が廃止のため、エコカー減税は廃止(環境性能割が追加)
  • 自動車重量税:2023年4月30日までエコカー減税の対象
  • 自動車税:2021年3月31までに購入した自動車はグリーン化特例の対象、2021年4月からは電気自動車等に限定してグリーン化特例の対象

その中でも大きいのが「グリーン化特例」。

購入する新車の環境性能に応じて自動車税が減税されるのです。

グリーン化特例(軽課)による自家用の乗用車(登録車・軽自動車)に係る軽減割合

自動車の燃費性能等 2019年4月から
2021年3月までの間に
購入した場合
2021年4月から
2023年3月までの間に
購入した場合
登録車 軽自動車 登録車 軽自動車
電気自動車等 税率を概ね
75%軽減
税率を概ね
75%軽減
税率を概ね
75%軽減
税率を概ね
75%軽減
★★★★かつ2020年度燃費基準+30%達成車 税率を概ね
50%軽減
軽減なし 軽減なし
★★★★かつ2020年度燃費基準+10%達成車 税率を概ね
50%軽減
税率を概ね
25%軽減

※出典:総務省「2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります」より

環境性能割の税率(乗用車の例)

燃費性能等 税率
自家用 営業用
登録車 軽自動車
電気自動車等 非課税 非課税 非課税
★★★★かつ2020年度燃費基準+20%達成車
★★★★かつ2020年度燃費基準+10%達成車 1.0%
★★★★かつ2020年度燃費基準達成車 2.0% 1.0% 0.5%
★★★★かつ2015年度燃費基準+10%達成車 3.0% 2.0% 1.0%
上記以外 2.0%

※出典:総務省「2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります」より

購入時に優遇が受けられ、好きな仕様の1台を選べるのが新車の最大のメリットと言えます。

車を購入時の減税については下記記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
自動車取得税が廃止されて環境性能割に変わった?エコカー減税は今でもある? 日本の車関連の税金はとても多いと言われており、その負担は日々増え続けています。 ついに消費税が増税となり、ベストな車の買い時がわからないという人も多いはず。 ...

新車のデメリット2つ

メリットがあれば当然デメリットもあります。

新車のデメリットはこれから紹介する2つです。

新車のデメリット1.価格が高い

税金の優遇を受けられると言っても、やはり高いというのが新車の最大のデメリットです。

メーカーはあなたのオーダーに沿って1台を生産するため、割高になってしまうのは仕方ありません。

しかしとにかく安く車を買いたいという人には向かないでしょう。

新車のデメリット2.すぐに売ると損をする

新車は長く乗ることでメリットが生まれるもの。

短い期間で売却すると損をしてしまうのです。

例えば新車価格263万円のプリウスを購入してすぐ売った場合、相場の推移は以下のグラフのようになります。(※ナビクルで調査)

プリウスの売却相場推移

263万円で買った新車はわずか10ヶ月で55万円も値段が下がることが分かります。

車は購入直後に相場が下がり、その後は緩やかに下り続けます。

こうした特徴があるため、短期間しか車に乗らないという人は新車はやめた方がいいでしょう。

パンダ店長
新車は同じ車に長く乗りたい人に向いているって感じだね。続いて中古車のメリットとデメリットを紹介していくよ。

中古車のメリット3つ

中古車はすでに公道を走行していた車です。

新車と違って生産を待たなくても良いのが最大のメリット。

その他のメリットをカンタンに紹介します。

中古車のメリット1.車を安く買うことができる

中古車は誰かが乗っていた車であるため、その名の通り中古です。

そのため新車より高くなることはなく、比較的安価で購入できます。

新車は最低でも100万円以上の買い物となりますが、中古車であれば10万円前後から購入可能。

予算に合わせて希望の1台を見つけることができます。

中古車のメリット2.納車までの期間が短い

中古車はすでに出回っている車を買うため、生産を待つ時間がありません。

そのため在庫さえあれば書類の用意だけで納車が可能。

ケースにもよりますが、最短1週間程度あれば乗り出すことができるでしょう。

中古車のメリット3.希少な絶版車を買うことができる

中古車は市場に在庫がある限りどんな車でも購入できます。

そのためすでに新車では買えない絶版車だって購入可能。

昔憧れた車だって買うことができるのです。

パンダ店長
予算・車種選択ともに新車より幅が広いのが特徴だね!

中古車のデメリット2つ

そんな中古車ですが、当然デメリットもあるのでカンタンに紹介します。

中古車のデメリット1.新車に比べると多少の傷や汚れがある

中古なので新車に比べると多少傷や汚れがあるのは事実。

完璧な新品を求める人にとっては大きなデメリットになるでしょう。

また、中古車は実は事故車だった・・・ということもなりかねません。

しっかりとチェックすることが大事。

中古車の状態チェック項目とチェック方法は下記記事でご確認ください。

あわせて読みたい
プロが教える!初心者でも安心、中古車の状態チェックシート【永久保存版】 「新車よりお得に乗りたい」「新車では手が出ないけど、中古車なら何とか…」 そう思って中古車の購入を考えている人は多いと思います。 しかし、あなたの頭の中には下記...
まどか
でも私は運転に自信がないから、ちょっと傷や汚れがあった方が気軽に乗れるな〜
パンダ店長
そういう人には中古車がピッタリだね!

中古車のデメリット2.新車に比べて値引きが少ない

中古車は新車に比べて利益率が低く、値引きが少ないという特徴があります。

値引き額も数万円程度になることも珍しくなく、10万円単位で値引きをしてくれる新車に比べると物足りなさがあると言えます。

中古車の値引きについては下記記事でご確認ください。

あわせて読みたい
中古車の値引き最高額を引き出す!4つの簡単テクニックをプロが解説【会話事例あり】 中古車というのは 「新車までは手が出せない」 「少しでもお得に車を買いたい」 という方にはとても賢い選択です。 しかし、中古車の値付けを見て「あと10万円安ければ...
パンダ店長
それだけ新車は利益を乗っけているって言うこともできるけどね。

ここまでの説明で、何を基準に新車か中古車かを判断すればいいのかわかったことでしょう。

次章では、重視する理由によってどちらがオススメなのかを紹介します。

迷ったらどちらがオススメなのか

新車と中古車のメリットデメリットを見て、「自分はどっちが向いているのか」と悩んだ人が多いでしょう。

筆者は迷ったら中古車をオススメ」しているので、その理由について紹介していきます。

中古車の方がコスパが高くてオススメ

中古車の最大のメリットはコスパの高さにあります。

新車のメリットは「新しい」の一言に尽きるため、そこに魅力を感じない限りは中古車がオススメ。

前章で紹介したように、新車は購入した直後が最も価値が下がります。

つまり、新車同然の中古車を探せば安くて綺麗な車が買えるのです。

しかしどうしても新車が欲しいという人のために、どんな人が新車に向いているかをカンタンに紹介しておきましょう。

新車がオススメの人3つ

  1. 自分好みの車が欲しい人
  2. 誰も使っていない車じゃないと乗りたくない人
  3. 中古車がない最新の車が欲しい人

この上記3つの特徴に当てはまる人は、新車の購入がオススメ。

これなら新車を買うしかないため、必然的に新車を選ぶことになります。

パンダ店長
逆を言えば、それ以外の人は全員中古車がオススメなんだ。中古車のコスパの高さを次章で紹介するよ。

中古車と新車、コスパ比較

中古車は選び方によっては新車と変わらないほど綺麗な車を手に入れることが可能。

そうすれば新車を買うよりはるかにコスパが高い買い物ができるのです。

本章では、新車と中古車のコスパを比較しました。

同じ車を新車中古車で買った場合

例えば新車のアクアと中古車のアクアを買った場合、同じグレードと同じオプションを付けた場合で金額はこれだけ違います。

新車のアクアは乗り出しで214万円しますが、走行距離9,000キロの8ヶ月落ちのアクアの値段は164万円です。

走行距離が9,000キロの中古車というだけで50万円も安くなっており、中古車のコスパの高さが分かります。

パンダ店長
中古車市場には意外と、こうした掘り出し物の中古車というものがあるんだ!その探し方を紹介するよ!

中古車でも新車同然の車両を探す賢い方法

前章の説明で、中古車は非常にコスパが高いことが分かりました。

ほんの少し走行している車というだけで値段は大きく下がり、新車同然の車が安く買えるのです。

そうした車を見つければ、新車と同じように長く乗ることが可能。

本章ではそんな掘り出し物の中古車を探す方法を紹介します。

希望の中古車を探してくれるズバブーン車販売

ズバット車販売

ズバット車販売は株式会社ウェブクルーが運営する中古車提案サービス。

欲しい車のメーカーや大体の年式などを入力するだけで、中古車販売の最大手ネクステージが理想の1台を探してくれます。

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで100万以内、新車同等品を提案してほしい
  • 通勤にオススメの車を教えてほしい

その後は最寄りのネクステージ店舗で車種の提案を受けるという流れ。それだけで自分の理想に近い中古車に出会えます。

市場には出回っていない優良な中古車が数多くありますので、一度相談してみましょう。

>> ズバット車販売で非公開車両を探す

【裏技】愛車の最高額をチェック&下取りよりも数十万高く売れる

筆者イチオシ!

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

そこでオススメが車一括査定の「カーセンサー」「MOTA」です。車一括査定を使うと、買取業者同士が競い合うため、必然的に査定額が高くなります。

ディーラー下取りや買取店1社よりも数十万高く売れることも多く、車を売るのを検討している人なら必須なサービス。

しかもカーセンサーなら「メール連絡の希望も可能」「オークション形式も対応」とよくある買取業者からの電話ラッシュも防げます。

>> カーセンサーで査定相場チェック

MOTAは申し込むと翌日の18時までに各社からWEB上で査定額が届く、上位3社と交渉するサービス。営業電話も少なく、ただし買取業者としっかり交渉もできるため非常にオススメです。

>> MOTAで査定相場チェック

複数社の査定は面倒でどこか1社だけの査定で十分な人は、後からの減額は一切なし、顧客評価も高いカーセブンがオススメです。

>> カーセブンで査定相場チェック

また、古い車の買取するならどんな車でも買取するが強みなソコカラ、カーネクストがオススメです。

>> ソコカラで査定相場チェック

>> カーネクストで査定相場チェック

まとめ

  • 新車のメリットはキレイなこと、デメリットは高いこと
  • 中古車のメリットは安いこと、デメリットは中古であること
  • どうしても新車がいい人以外は中古車がオススメ
  • 高品質な中古車を選べば新車同然のキレイな車が手に入る
  • 新車同然の車を探せる「ズバブーン車販売」がオススメ
目次