【新型XVがヴェゼルはどっちがおすすめ?】新型XVの方が優れているところとは?


スバル新型XV-0008

インプレッサから派生したクロスオーバーSUVのスバルの新型XVが、
2017年5月に3代目に生まれ変わりました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVが属する
コンパクトSUVカテゴリーは、現在大人気。なので、各メーカーとも
チカラを入れており、競合車・ライバル車もかなり強力です。

そんな新型XVの競合車・ライバル車の一つが、ホンダから
発売されているコンパクトSUVのホンダ ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)。

ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は2014年~2016年までSUVの新車登録
販売台数1位を獲得しており、良いクルマと言う事は間違いないです。
特に車内の広さや使い勝手の良さは、このクルマの中で随一と言っても
良いのかなと思いました。

>>> ホンダの人気コンパクトSUVヴェゼルの試乗レビューは、コチラから

ただ、このヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と比較して、今回フルモデルチェンジをして
新発売された新型XVの方が良い部分も多々ありました。

私が実車を見て、スバルの新型XVの方が良いと思った事は何でしょうか?

この2台のモデルを比較して、今回フルモデルチェンジをして新発売された
新型XVの方が良いと思った部分・メリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型XVのメリット&魅力1:安全装備

スバル新型XV-0097

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVと、競合車・
ライバル車のヴェゼル/ベゼル(VEZEL)を比較して、新型XVの方が良いと
思った事の一つ目は、安全装備の充実度。

スバルの新型XVは”アイサイト Ver.3″、ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、
“ホンダ センシング”を搭載しており、どちらのモデルも安全装備は充実しています。

■スバル新型XVに搭載されている主な安全装備
・プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)
・アクティブレーンキープ(車線中央維持機能/車線逸脱抑制機能)
・AT誤発進抑制機能/AT誤更新抑制機能
・車線逸脱警報
・ふらつき警報
・スバル リヤビークル ディテクション(後側方警戒支援システム)
・ハイビームアシスト
・ステアリング連動LEDヘッドライト

■ホンダ ヴェゼルに搭載されている主な安全装備
・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
・歩行者事故低減ステアリング
・車線維持支援システム(LKAS)
・路外逸脱抑制機能
・誤発進抑制機能、
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

ただ、実際に2つの安全装備の機能を比較してみると、スバルから
発売されている新型XVの方が、優れているように感じました。

スバル新型XVの安全装備の方が優れていると感じた理由

スバル新型XV-0663

ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)より新型XVの方が安全装備が
優れていると感じた理由の一つは、後方の安全性。

新型XVの安全面をさらに良くするメーカーオプションの”アドバンスド
セーフティ パッケージ”を注文すると、後方からの車両の接近を教えて
くれるスバル リヤビークル ディテクションと言う機能が追加されます。

私も実際に”スバル リヤビークル ディテクション機能”を使った事が
あるのですが、かなり良い感じ。

斜め後方からのクルマの接近しているかどうかをサイドミラーに搭載
されているインジケーターでお知らせをしてくれるので、高速道路などの
車線変更をラクに、そして、安全にできました。

■新型XVのスバル リヤビークル ディテクションのインジケーター

スバル新型XV-0729

このように斜め後方からの車両の接近をお知らせをしてくれる機能は、
ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)には装備されていません。

後方からの安全性についてもしっかりと対策しているのは、
新型XVのメリットだと思いました。

自動ブレーキの検知対象にも多少の違いが…

スバル新型XV-1290

また、新型XVとヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、自動ブレーキの検知の
範囲や対象も若干異なります。

自動車だけではなく歩行者を検知するのは、どちらのクルマ共通です。

ただ、バイクや自転車を検知すると謳っているのは、スバルの新型XVに
搭載されている”アイサイト Ver.3(Eye Sight Ver.3)”のみです。

クルマを運転していて自転車がものすごいスピードで飛び出してきて
“ヒヤッ”とした事ってありますよね。

このような自転車やバイクとの衝突回避、軽減してくれるのも
新型XVの安全装備システムの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

>>> 新型XVに装備されている安全装備を詳しく知りたい方は、コチラから

新型XVのメリット&魅力2:視界性

スバル新型XV-0929

視界性の良さもホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)には無い、
スバルの新型XVの魅力&メリットの一つです。

私が2台のモデルを実際に確認をして、特に違いを感じたのは後方視界。

ホンダから発売されているヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、窓枠に後部座席用の
アウトドアハンドルを埋め込むデザインになっているため、サイドウィンドウは小さめ。

そして、リヤクォーターガラス(三角窓)も設置されていないため、
後方、そして、斜め後方の死角は大きくなっています。

■ホンダ ヴェゼルの斜め後方の視界

ヴェゼルRS画像0157 ヴェゼルRS画像0144

このように見ると、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の斜め後方の視界が
あまり良く無いのがわかりますよね。

一方、今回スバルからフルモデルチェンジをして新発売された
新型XVは、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも広めのサイドウィンドウを設置。

また、リヤクォーターガラス(三角窓)も設置されているいため、
後方、そして、斜め後方の死角はかなり少ないように感じます。

■スバル 新型XVの斜め後方の視界

スバル新型XV-0462 スバル新型XV-0469

このように2台のモデルを見比べると、後方・斜め後方の視界性が
全く異なるのが、一目瞭然ですよね。

この後方の視界性の良さを活かした運転のしやすさや安全性、ホンダの
ヴェゼル/ベゼルには無い、新型XVの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

スバル新型XV-0796

現在、SUVカテゴリーで一番人気のヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に対して、
今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVは、
このようなメリット&魅力がありました。

実際に2台のモデルを確認をして、特に違いを感じたのは視界性。

全長・全幅は実はヴェゼル/ベゼルよりも新型XVの方が大きいのですが、
その事を感じさせないような視界性の良さ、運転のしやすさは、この
クルマの魅力なのかなと思いました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です