【サイズ比較】新型XVとインプレッサでは、車高以外にも違いが…


スバル新型XV-0056

タウンユースからオフロードまで様々なシチュエーションで活躍する
スバルの人気クロスオーバーSUV3代目新型XVが、2017年5月に遂にデビューします。

今回新発売されたこの新型XVは、SUVテイストのクルマという事もあり、
ベースとなっているインプレッサ スポーツよりも車高が高くなっています。

ただ、先日この新型モデルを見に行った際にディーラーさんに教えて貰ったのですが、
この2台のモデルは、車高以外のボディサイズにも違いがあるようです。

全高を除いて一見同じボディサイズに見えるこの2台のモデルですが、
サイズ・寸法は、それぞれどのようになっていたのでしょうか?また、
どのくらい違いがあったのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVと、ベースに
なっているインプレッサ スポーツのボディサイズを比較してみたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型XVとインプレッサ スポーツのボディサイズ比較

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルのクロスオーバーSUV
新型XVの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

スバル新型XV-0044 スバル新型XV-0075 スバル新型XV-0106 スバル新型XV-0028

上半身は伸びやかでスポーティーなデザインになっていますが、下半身は
大径タイヤを装備するなど、チカラ強いデザインに…。先代モデルよりも
タフなイメージのある外装・エクステリアになっているように感じました。

一方、このクルマのベースになっているインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)の
外装・エクステリアは、このようになっています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e7%94%bb%e5%83%8f0681 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e7%94%bb%e5%83%8f0692 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e7%94%bb%e5%83%8f0076 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e7%94%bb%e5%83%8f0636

このように見比べただけでも、新型XVの方が車高が高くなっているのが
分かりますが、それ以外の横幅や全長ではそれ程大きな違いはないような…。
少なくとも私が2台のモデルを見比べた限りでは、違いに気づきませんでした。

そんな2台のモデルのボディサイズの違いを比較してみたところ、
それぞれこのようになっていました。

■スバル新型XVとインプレッサ スポーツのボディ比較
・新型XVのボディサイズ
全長:4,465mm
全幅:1,800mm
全高:1,550mm
(ルーフレール装備車は1,595mm)
・インプレッサ スポーツのボディサイズ
全長:4,460mm
全幅:1,775mm
全高:1,480mm
(ルーフレール装備車は1,595mm)

2台のモデルの一番の違いは全高

スバル新型XV-1874

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVと、ベースとなっている
インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)のボディサイズの一番の違いは、車高の高さ。

この2台のモデルでは、車高が70mmも異なります。

この2台のモデルで全高・車高の高さが異なる理由の一つは、最低地上高の違い。

この新型新型XVは、タフロードやオフロードでも安心して走れるように、
最低地上高は、競合車・ライバル車よりも少し高めの200mmに設定されています。

一方、このクルマのベースになっているインプレッサ スポーツの最低地上高は
今回新発売された新型SUVより70mm低い、130mmとなっています。

なので、この最低地上高の違いがそのまま車高・全高の違いに反映されてた事に…。

実際にこの2台のモデルの運転席に座ってみると、着座位置やアイポイントの
高さが明らかに違います。

■新型XVの運転席からの視界

スバル新型XV-0446

この新型XVの運転席がインプレッサ スポーツよりも高い位置にあるため
視線の位置が高く、遠くまでしっかりと見通せる感じが…。

今回インプレッサ スポーツの展示車も用意してあったため、乗り比べを
する事ができたのですが、「えっ…こんなに運転席からの視界って違うの!?」と、
あまりの視界性の違いに呆然としてしまいました。。

ディーラーさんも、「新型XVの方が視界が高くて運転がしやすいです」と、
言っていましたが、運転席からの見晴らしの良さ、また、運転のしやすさは、
車高が高い新型XVの魅力・メリットの一つかなと思いました。

2台のモデルで全長・全幅が異なる理由とは?

スバル新型XV-1887

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVと、ベースとなっている
インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)のボディサイズを比較すると、
全長・全幅ともに5mmほど大きくなっています。

このクルマの見積もりを貰った時、この2台のモデルの全長や全幅のサイズが
異なる理由を聞いたところ、専用装備の一つであるクラッティングパネルや
リヤアンダーディフューザーが影響しているようです。

どうやらクラッティングパネルのフェンダーアーチモールや、リヤアンダー
ディフューザーが若干張り出しているため、インプレッサ スポーツよりも
新型XVの方が若干ボディサイズが大きいようです。

■フェンダーアーチモール

スバル新型XV-0213

■リヤアンダーディフューザー

スバル新型XV-1842

なので、この2台のモデルのボディ自体の大きさは変わらないため、
車内の広さや居住性に違いは無いようですよ。

スバル新型XV-0096

2017年5月にフルモデルチェンジをして新発売された新型XVと、
このクルマのベースになっているインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)の
ボディサイズを比較してみたところ、このようになっていました。

全高だけではなく、全長、全幅すべて新型XVの方がボディサイズは、大きい結果に…。

ただ、実際に2台の運転席に座ってみると、インプレッサ スポーツより
新型XVの方が運転席からの見晴らしが良いため、運転がしやすいように感じました。
また、運転席からの視界性も良いため、ボディサイズの大きさも気になりませんでした。

もしこの新型モデルに試乗をしたら、見切りの良さ、運転席からの
視界性をしっかりと確認をしてみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です