スバル新型XVの新色【クールグレーカーキとサンシャインオレンジの実車画像


スバル新型XV-0804

インプレッサスポーツをベースにしたクロスオーバーSUVの新型XVの3代目が、
2017年5月に新発売されました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこのスバルの新型XVは、
先代モデルと比較して、フロントマスクの精悍さが増した感じが…。
よりSUVらしいデザインになっているように感じました。

そんなスバルの新型XVですが、今回は新色の”クールグレーカーキ”と
“サンシャインオレンジ”の2色含む、合計9色のカラーバリエーションを
用意しています。

この新色のクールグレーカーキ-とサンシャインオレンジは、どのような
カラーになっているのでしょうか?実車画像を使って、スバルの新型XVの
2つの新色を紹介したいと思います。

スバルXVの新車見積り

スポンサーリンク

スバル新型XVのクールグレーカーキの実車画像レビュー

CMやカタログの表示などにも使用されるアピールカラーになっている新型XVの
の新色”クールグレーカーキ”は、このようなデザインになっています。

スバル新型XV-1887 スバル新型XV-1862 スバル新型XV-1874 スバル新型XV-1886

かなり独特の色合いですよね。

個人的には”カーキ”と名前が付いているので、先代モデルで用意されていた
カラーの”デザートカーキ”のように緑っぽさが残るカラーになっていると思っていました。

しかし、実際にこの新型XVの新色”クールグレーカーキ”を見てみると、
カーキっぽさ(緑っぽさ)は全くなく、むしろ青みがかったグレーのような感じ。

■先代モデルのデザートカーキ

XVデザートカーキ
出展:http://cbp-colors.com

■新型XVのクールグレーカーキ

スバル新型XV-1853

先代モデルの”デザートカーキ”は、アウトドアやオフロードで映えるSUVっぽい
カラーになっていたのに対し、今回新発売された”クールグレーカーキ”は、
街中で映えるスタイリッシュなカラーになっているなと、感じました。

また、この新型XVの特徴でもあるボディ下部を支える特殊樹脂で作られた
クラッディングパネルとのコントラストがハッキリとしていて、SUVらしい
チカラ強い足回りが強調されるカラーになっているように感じました。

無機質なソリッド感も好印象

また、スバルの新型XVの新色”クールグレーカーキ”を印象的だったのは、ソリッド感。

このモデルのカタログやホームページで見ていた時は光沢感のあるパール系の
カラーなのかなと思っていたのですが、実際に見てみると、光沢感が抑え目な
ソリッド系なカラーに…。

スバル新型XV-1837

良い意味で、ソリッド系ならではの無機質な感じのカラーになっているなと感じました。
また、光が当たる部分では、水色っぽい爽やかな感じの色合いになっているのですが、
光が当たらない部分は、グレーが強調される落ち着いた感じのカラーに見えるのも
このクールグレーカーキの特徴の一つかなと感じました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です