【実車画像大量】スバル新型XVの外装レビュー|新型SUVの特徴を徹底チェック


スバル新型XV-0003

インプレッサスポーツから派生したSUVの新型XVがフルモデルチェンジをして、
スバルから2017年5月に新発売されますね。

まだ発売前のこの新型SUVですが、もうすでに展示車があると聞き、
早速見に行ってきました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVは、先代モデルと
同様に”スポカジスタイル”をコンセプトにデザインされたようですが、
良い意味で無骨感がでような…。

先代モデルよりもチカラ強さが増し、よりSUVらしい外装・エクステリアに
なっているように感じました。また、先代と同様にインパクトのあるホイールの
デザインになっているのも好印象でした。

そんなスバルの新型XVの写真・画像をたくさん撮ってきたので、
実車画像を使って、この新型モデルの外装・エクステリアの特徴や
注目ポイントを分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スバル新型XVの外装・エクステリア画像レビュー:正面から

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVの外装・エクステリアを
正面から見ると、このようなデザインになっています。

スバル新型XV-0044 スバル新型XV-0055 スバル新型XV-0074

今回私が見たモデルは、最上位グレードの”2.0i-S アイサイト(EyeSight)”。
そして、ボディカラーは、新色のサンシャインオレンジでした。

かなり迫力のあるフロントマスクですよね。

今回発売された新型モデルは、SUVらしいチカラ強さと安心感のある
デザインになっているように感じました。

ちなみに、こちらはベースとなっているインプレッサスポーツ(IMPREZA SPORT)の
外装・エクステリア。

■新型インプレッサスポーツの外装・エクステリア

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5%e7%94%bb%e5%83%8f1237

>>> 【参考記事】新型インプレッサスポーツの外装・エクステリア画像レビュー

このように見比べると、今回フルモデルチェンジをして新発売された
スバル新型XVでも、インプレッサぽさが残っていますよね。

ただ、今回新発売されたこの新型モデルのバンパーには、マットブラックの
クラッディングパネル(樹脂製パネル)を採用するなど、専用のデザインの
フロントマスクに…。

スバル新型XV-0044

この新型モデルのフロントマスクは、見た目のまとまりも良く、ベースと
なっているインプレッサスポーツを見事にSUVスタイルにしているなと感じました。

注目ポイント1:フロントグリル

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVの
フロントマスクの注目ポイントが、フロントグリル。

スバルのクルマの特徴でもあるヘキサゴングリルのデザインは、ベースと
なっているインプレッサスポーツと共通のデザインになっていますが、
今回新発売されたスバル新型XVは、ブラックアウト化。

スバル新型XV-0091

スタイリッシュさよりもSUVらしいワイルドさ・無骨さを感じるデザインに
なっているようになっていたのが、印象的でした。

注目ポイント2:ヘッドライト

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVは、ベースとなっている
インプレッサと同様に鷹の目をモチーフにしたホークアイヘッドランプを採用。

■新型XVのヘッドライト

スバル新型XV-0033

実際にヘッドライトを点灯してみると、このような感じ。

スバル新型XV-0223

かなりインパクトがありますよね。

最近のスバルのクルマの特徴でもある”コの字”のヘッドライトが
精悍なフロントマスクを演出しているように感じました。

安全面も充実

スバル新型XV-0278

また、この新型SUVの最上位モデル”2.0i-S アイサイト(EyeSight)”では、
ハンドル操作に連動して、ヘッドライトの向きが変わるステアリング
連動ヘッドライトを標準装備。

このように安全装備が充実しているのは、さすがスバルだなと感じました。

ちなみに、このステアリング連動ヘッドライトはオプション設定と
なっているので、これ以外のグレードでも装備する事が可能のようですよ。

スバル新型XVの外装・エクステリア画像レビュー:横から

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVを横から見ると、
このようなデザインになっています。

スバル新型XV-0097 スバル新型XV-0105

今回新発売されたスバルの新型XVは、競合車・ライバル車のトヨタのC-HRや
ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と比較して、全高が一番低く、また、
全長も一番長いので、かなり伸びやかなデザインになっているように感じました。

■スバル新型XVのボディサイズ
全長:4,465mm
全幅:1,800mm
全高:1,550mm (ルーフレール無しモデル)

ルーフレールを装備していないモデルでは機械式の立体駐車場も使用できる
サイズになっているのは、競合車・ライバル車と異なるこのクルマの魅力・
メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、ルーフレールを装備するモデルの全高は1,595mmになってしまうので
立体駐車場が使えない場合があるので、ご注意を…。

注目ポイント1:タイヤ&ホイール

スバルの新型XVの外装・エクステリアの特徴の一つが、
タイヤ&ホイールのデザイン。

今回私が見た新型SUVの最上位モデル”2.0i-S アイサイト(EyeSight)”では、
このような星形をモチーフにしたデザインを採用。

■新型XVの2.0i-S アイサイトのタイヤ&ホイール

スバル新型XV-0203

このタイヤ&ホイールは、”2.0i-S アイサイト”専用のデザインなのですが、
かなりインパクトがありますよね。

また、この2.0i-S アイサイトに標準装備されているタイヤは
先代モデルよりも1インチアップした225/55R18を採用。

実はこれはスバルから発売されているSUV”フォレスター”と同じサイズ。
実際に見てみると、かなりのインパクトが…。

先代モデルでも好評だったXVのタイヤ&ホイールですが、
新型モデルでも注目の装備・アイテムの一つなのかなと思いました。

ちなみに、それ以外のグレードでは17インチのタイヤ&ホイールが
標準装備されるようですよ。

スバル新型XVの外装・エクステリア画像レビュー:後ろから

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVの
後ろ姿は、このようなデザインになっています。

スバル新型XV-0027 スバル新型XV-0107 スバル新型XV-0113

リヤフォグランプまわりフロントバンパーやホイールアーチにも
採用されているマットブラックのクラッディングパネル(樹脂製パネル)を採用。

スバル新型XV-0263

また、専用のバンパーを搭載しており、無骨さを感じるSUVっぽいデザインに…。

そんなスバル新型XVのテールゲートを開けてみると、このような感じ。

スバル新型XV-0126

開けた時のテールゲートのグリップ位置が若干高く、小柄な女性には
開け閉めがしにくいのかなと思いましたが、ドア自体はとても軽く、
それ程チカラをいれなくても楽に開け閉めできるのは、好印象でした。

注目ポイント1:リヤコンビネーションランプ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVのリヤコンビネーション
ランプは、このようなデザインを採用。

スバル新型XV-0115

リヤコンビネーションライトを点灯してみると、このような感じ。

スバル新型XV-0261 スバル新型XV-0265

リヤコンビネーションランプのデザインは、ベースとなっている
インプレッサスポーツ(IMPREZA SPORT)と全く一緒。

ただ、インプレッサスポーツ(IMPREZA SPORT)よりゴツゴツ感が増した
SUVスタイルのスバル新型XVのリヤビューにもマッチしているように感じました。

スバル新型XV-0291

2017年5月にスバルから新発売される新型XVの外装・エクステリアの
デザインは、このようになっていました。

基本的なデザインは2016年10月にフルモデルチェンジをして発売された
インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)をしっかりと踏襲しつつ、見事に
SUVスタイルに仕上げたなと感じました。

現在トヨタのコンパクトSUVのC-HR/CHRなどSUVが人気ですが、
先代モデルと同様にこの新型XVもかなり売れるのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、先行予約の段階で注文がかなり多く
入っているため、納期・納車待ちもかなり長くなっているみたいですよ。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です