先代と大きく変わった!?スバル新型XVのセンターコンソール画像レビュー


スバル新型XV-0075

街中でも映えるスタイリッシュなデザインが人気のスバルのクロスオーバーSUVの
新型XVが、2017年5月にフルモデルチェンジを行います。

先日、この新型モデルの展示車を早速見に行ってきたのですが、デザイン性・
機能性とも格段にアップ!X-MODEを装備するなど、SUVとしてワンランク上の
クルマになっているように感じました。

そんな新型モデルの内装・インテリアを見ていて、先代モデルよりも格段に
進化をしたなと思ったのが、センターコンソール。デザイン性や使い勝手が
先代モデルと全く異なっていました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルのセンター
コンソールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、
先代モデルとの違いは何だったのでしょうか?

先代モデルのセンターコンソールと比較しながら、改善された部分・
良くなった部分を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型XVのセンターコンソール画像インプレッション

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVの運転席と助手席の間に
設置されているセンターコンソールは、このようなデザインをしています。

■新型XVのセンターコンソール

スバル新型XV-0366

今回私が紹介したのは、新型XVの最上位モデルの2.0i-S アイサイト(Eye Sight)
なのですが、センターコンソールのサイドの部分やシフトレバーのフード部分に
オレンジのステッチを採用して、カジュアルさを演出。

スバル新型XV-0383

オレンジのステッチがアクセントカラーになっていて、SUVらしい
良いデザインになっているように感じました。

一方、こちらは先代モデルのセンターコンソール。

スバル先代XV画像0085

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVとセンターコンソールの
雰囲気が、まったく異なりますよね。

新しく発売された3代目モデルのセンターコンソールの方がオレンジのステッチが
映える上質感・高級感のあるデザインになっており、個人的には好印象でした。

そんな2台のモデルのセンターコンソールを比較して、今回新しく発売された
新型モデルのセンターコンソールの方が良くなった部分・注目ポイントを
紹介したいと思います

注目ポイント1:電動パーキングブレーキが全グレード標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVが先代モデルより
大きく進化した部分の一つが、サイドブレーキ。

先代モデルでは手動式のサイドブレーキが標準装備されていましたが、
今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルでは、スイッチ
一つで作動・い解除できる電動パーキングブレーキを標準装備。

■新型XVの電動パーキングブレーキ

スバル新型XV-0366 スバル新型XV-0373

■先代XVの手動式のサイドブレーキ

スバル先代XV画像0093

発進までの動作がスムーズになり、利便性が良くなったのも電動パーキング
ブレーキの一つの魅力ですが、センターコンソール自体もサイドブレーキが
なくなった事によりスッキリとした印象が…。

スバルの電動パーキングブレーキには、ホンダのヴェゼル/ベゼルやトヨタの
CHR/C-HRに採用されているオートブレーキホールド機能が採用されていないのが
ちょっと残念だったのですが、使い勝手が良くなった事は好印象でした。

ちなみに、電動パーキングブレーキの横には、3代目で初めて搭載された
Xモード(X-MODE)スイッチやヒルディセントコントロールスイッチが装備
されているのも注目ポイントの一つですよ。

注目ポイント2:ドリンクホルダーのデザイン

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVと先代モデルの
センターコンソールを比較してみて、良くなったと感じたのがドリンクホルダーの
デザイン&使い勝手。

先代モデルは現行モデルよりも室内幅が狭かった事もあり、2本を縦に並べる
デザインのドリンクホルダーでした。

■先代モデルのドリンクホルダー

スバル先代XV画像0105 スバル先代XV画像0103

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルでは、
室内幅が先代よりも拡大したおかげで、運転席と助手席の間のスペース
(カップルディスタンス)も20mm程拡大。

そのおかげもありドリンクホルダーも横に並べて置くデザインに変更。

■新型モデルのドリンクホルダー

スバル新型XV-0406

ドリンクホルダーの位置が運転席に近くなった事もあり、個人的には、
先代モデルよりもドリンクホルダーの使い勝手が良くなったように感じました。

また、私が見た2.0リッターモデルのドリンクホルダーは、シルバーの加飾が
施されるなどデザイン性に優れているのも良いと思いました。

>>> 【配置や数を確認してみた】新型XVのドリンクホルダーは使いやすい?

先代モデルのセンターコンソールの方が唯一良いと思った事は…

このようにデザイン性や使い勝手が格段に良くなった新型XVの
センターコンソールですが、唯一先代モデルの方が良かったなと思った事がありました。
それは、センターアームレストのデザイン。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルも先代モデルと同様に
比較的大きなサイズのセンターアームレストになっています。

スバル新型XV-0475

スバル新型XV-0487

中の収納ボックスのサイズも大きく、また、ケーブル用の溝も用意されて
使い勝手を考慮したデザインになっているのはとても良いと思ったのですが、
唯一残念だったのが、前後に可動できるアームレストでなくなってしまった事。

個人的に、前後にスライドできる先代モデルのアームレストは良いと
思っていただけに前後にスライドできない固定式になってしまったのは、少々残念でした。

■先代XVのセンターアームレスト

スバル先代XV画像0066 スバル先代XV画像0067

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVのセンターコンソールは、
このようなデザインになっていました。

電動パーキングブレーキやXモードスイッチを標準装備するなど、
今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVのセンターコンソールは、
先代もモデルと比較して、大きく変わった注目ポイントの一つです。

もしこれからこのクルマの試乗に行かれる方は、ぜひとも新しくなった
センターコンソールの使い勝手や操作性をしっかりと確かめてみてくださいね。

>>> デザイン&使い勝手はどうだった?新型XVのインパネの画像インプレはコチラから


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です