試乗をして気になった事も…|新型エクストレイル加速力インプレッション


新型エクストレイル画像-0533

2017年6月、マイナーチェンジをして、フロントマスクに迫力が増した
新型エクストレイル(X-TRAIL)が、新発売されましたね。

先日、この新型モデルのガソリン車の試乗に行ってきたのですが、自動運転機能
プロパイロット機能も含めて、十分満足できる乗り心地・走破性になっていました。
自動運転では、ちょっとヒヤリとするシーンもありましたが…。

>>> 怖いと感じたシーンも…|新型エクストレイルの自動運転で高速を試乗した感想

また、意外と良いと思ったのが、加速力。

ネットなどで見た限りでは、新型エクストレイル(X-TRAIL)の加速力は
あまり期待してい無かったのですが、個人的には思ったよりも悪くないと思いました。
ただ、運転をするシチュエーションによっては、気になるシーンもありましたが…。

そんな新型エクストレイル(X-TRAIL)を試乗してみて、加速力&加速感は
どう感じたのか?また、どのような場面で加速力&パワー不足を感じたのか?

マイナーチェンジ後の新型モデルを試乗した感想を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型エクストレイルの試乗の感想:加速力はどうだった?

今回私が試乗をさせて貰ったのは、マイナーチェンジをした新型エクストレイルの
ガソリン車の最上位モデル”20Xグレード”。

試乗したクルマの写真を撮り忘れてしまったのですが、こちらと全く同じモデルです。

■新型エクストレイルのガソリン車20X

新型エクストレイル画像-3006

運転席に乗りこみ、ブレーキを踏みこんだまま、ハンドルの左側にある
エンジンのスタータースイッチをON!

新型エクストレイル画像-0739

そして、シフトレバーのポジションを”P”から”D”にして、電子式のパーキング
ブレーキを解除して、まずはノーマルモードのまま試乗をスタート!

ブレーキペダルから足を離すと、スルリスルリとクリープで前に進んでいきます。

ただ、このクルマのクリープ現象の推進力はあまり強く無いので、
軽くアクセルを踏んで、公道の手前まで進んでいきます。

アクセルを軽く踏み込んだ時のレスポンスは良く、進み具合も好印象。
思ったよりも車体重量の重さを感じずに、ス~~と前に進んでいってくれました。

そして、クルマと歩行者が来ていない事を確認して、左折をして公道に…。
公道に出て、アクセルを踏み込んでいくと、気持ちよく加速をしていきます。

新型エクストレイル画像-00003

今回私が試乗をした新型エクストレイルのガソリン車の20X(4WD/2列シート車)は、
2.0リットルエンジンを搭載しているものの、車体重量は1,540kgもあります。

なので、発進時や信号待ちからの加速は、クルマの重さやもっさり感をもっと
感じるのかなと思っていたのですが、思ったよりもトルク感を感じる走り&乗り心地。

新型エクストレイル(X-TRAIL)は、スポーツカーではないので、キビキビと軽快に
発進&加速といった感じではありませんでしたが、本格派のSUVとしては、
十分に満足できる加速性を備えていると思いました。

ちなみに、ハンドル・ステアリングホイールの右側に装備されている
スイッチを押して、エコモードにすると、発進時にかなりのもっさり感を
感じるので、ご注意を…。

高速道路での追い越しの時に加速力の良さを実感

新型エクストレイル画像-0486

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)を
試乗していて良いと思ったのが、高速道路での追い越し時の加速力。

今回この新型モデルで高速道路を試乗させて貰った時は、自動運転技術の
プロパイロット機能を使って走行していたのですが、一度、高速域での
加速力を確かめたかったので、追い越しもさせて貰いました。

ウィンカーを確認して、右車線に移動をして、アクセルを踏み込むと、
タイムラグを感じる事なく一気に加速!僅かな距離で追い越しに必要な
スピードまで一気に達する事ができたので、追い越しがとってもラクでした

この追い越し加速の良さは、あまり期待していなかっただけに、かなり驚きました。

CVT車らしくない加速感も魅力の一つ

新型エクストレイル画像-1987

また、追い越しをした時に気づいたのですが、アクセルをグッと深く
踏み込んだ時の加速感の良さも、新型エクストレイル(X-TRAIL)の魅力の一つ。

通常CVT車の場合、グッと深くアクセルを踏み込むと、エンジンの回転数が一気に
上がり、後からスピードがついてくる【ラバーバンドフィーリング】を感じます。

しかし、今回私が試乗をした新型エクストレイル(X-TRAIL)のガソリン車は、
CVT車にも関わらず、グッと深くアクセルを踏み込んでもラバーバンド感は、
全く感じられません。むしろオートマ車(AT車)のように、ギア変速をしながら
加速をしていく感じが、とっても快適。

試乗に同行していたディーラーさんに、
「今回マイナーチェンジをした新型エクストレイル(X-TRAIL)は、
オートマ車でしたっけ?」
と、確認したところ、

「このクルマはCVT車なのですが、高回転域でギアがあるクルマように
ステップ変速をしながら加速をしていく制御を施しています。
なので、ラバーバンドフィーリングは、感じにくい乗り味になっています。」

との、回答が…。

オートマ車やマニュアル車のような加速感&乗り味と言うのは大げさですが、
CVT車のイヤな部分をしっかりと解消された乗り心地&加速感は、大満足でした。

唯一パワー不足を感じたのは…

新型エクストレイル画像-1021

このように新型エクストレイル(X-TRAIL)の加速力には大満足だったのですが、
唯一、パワー不足や加速力の無さを感じたシーンが…。

それは上り坂を上っている時。

今回高速道路に合流する時にちょっと長めの上り坂があったのですが、
ノーマルモードで運転しても、車体重量の重さを感じます。

また、今までの気持ち良い加速がウソのように、アクセルを踏み込んでも、
全然加速していきません。

ディーラーさんの話によると、山道や坂道の急こう配の上り坂のパワーは、
新型エクストレイル(X-TRAIL)のガソリン車の欠点・デメリットの一つのようです。

また、エンジンのチカラだけで駆動するガソリン車よりも、エンジンに
モーターのパワーが加わるハイブリッド車の方が、急こう配の上り坂がある
山道の方が向いているそうです。

今回新型エクストレイル(X-TRAIL)のガソリン車を40分程試乗させて貰ったのですが、
上り坂を上った時のパワー不足が、唯一残念でした。

新型エクストレイル画像-0706

今回マイナーチェンジをした日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ガソリン車を試乗したところ、加速力は、このようになっていました。

ネットなどを見ると加速力がないと言われていたので、試乗する前は
少々不安だったのですが、実際に乗ってみると、発進時や追い越し時など、
十分に満足できる加速力&パワーがありました。

また、新型エクストレイル(X-TRAIL)はCVT車にも関わらず、
ラバーバンドフィールを感じにくい乗り心地になっているのも好印象でした。

もしマイナーチェンジをした新型モデルの加速力&パワーが気になるのなら、
ぜひともご自分で試乗をして確認をしてみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です