日産 新型エクストレイルのインパネ画像【先代との違いや使い勝手を徹底検証】


新型エクストレイル画像-0559

オフロードの走りにも定評がある日産の本格派SUV新型エクストレイル(X-TRAIL)
2017年6月にマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

存在感を増したフロントマスクや同一車線自動運転技術”プロパイロット機能”など、
外装や機能面ばかりが注目を集めているこのこの新型モデルですが、インパネも
オシャレなデザインに進化しました。

>>> 新型エクストレイルの外装レビュー【デザインが一新されたフロントマスクを確認】

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
内装・インパネは、どのようなデザインに生まれかわったのか?
また、使い勝手はどうだったのか?

先代モデルと比較しながら、今回マイナーチェンジをして新発売された新型モデルの
内装・インパネを徹底的にレビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク

新型エクストレイルのインパネ画像レビュー:先代モデルとの違いは?

今回マイナーチェンジ(マイチェン)をして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型エクステリアのインパネ

新型エクストレイル画像-0712

新型エクストレイル画像-0486

新型エクストレイル画像-0844

ちなみに、こちらは先代モデルの内装・インパネのデザイン。

■先代モデルのインパネ

先代エクストレイル画像-0619

曲線を用いたスタイルなど基本的なデザインは、先代モデルと同様。

ただ、先代モデルでは送風口部分がシルバーの加飾だったのに対し、
今回マイナーチェンジ(マイチェン)をして新発売された新型モデルの
インパネでは、ピアノブラック調の加飾になっていました。

■先代モデルの送風口

新型エクストレイル画像-1589

新型エクストレイル画像-0860

■新型モデルの送風口

先代エクストレイル画像-0149 先代エクストレイル画像-0357

また、助手席側のミドルパット(グローブボックス上)部分の加飾にも違いが…。

先代モデルでは、カーボン調の加飾が施されていたのですが、マイナーチェンジ後の
新型モデルでは、ステッチに変更されていました。

■先代モデルのミドルパット

先代エクストレイル画像-0629

■新型モデルのミドルパット

新型エクストレイル画像-1794

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)は、
先代モデルよりもシック&スタイリッシュな雰囲気の内装・インパネに
なっているように感じました。

新型エクストレイルのインパネ:各装備を徹底レビュー

新型エクストレイル画像-0712

このようなデザインになっている新型エクストレイル(X-TRAIL)のインパネですが、
各装備・パーツは、どうなっていたのでしょうか?

実車画像を使って、インパネに備わっている各パーツ・装備を詳しく
紹介していきたいと思います。

装備1:ハンドル・ステアリングホイール

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)と
先代モデルと比較して大きく変わった装備・アイテムの一つが、ハンドル。

先代モデルは、サークル状のデザインをしたハンドル・ステアリングホイールを
採用していました。

■先代モデルのステアリングホイール

先代エクストレイル画像-0176-01

先代エクストレイル画像-0181-01

シルバーのステッチがワンポイントアクセントになっていて、良いですよね。

一方、マイナーチェンジをして新発売された新型モデルのハンドル・
ステアリングホイールは、新型セレナなどにも採用されているハンドルの
下端がスパっと切り取られているようなD型シェイプを採用。

■新型モデルのステアリングホイール

新型エクストレイル画像-0362

 新型エクストレイル画像-0363

見た目の高級感・上質感が異なりますよね。

やはりデザイン性は、マイナーチェンジをして新発売された新型モデルの方が
格段に良いように感じました。

また、足元のまわりに余裕があり、乗り降りがしやすくなったD型シェイプの
ハンドル・ステアリングホイールは、個人的には好印象でした。

ステアリングスイッチのデザインにも違いが…

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)と先代モデルでは、
ステアリングスイッチのデザインにも大きな違いがありました。

先代モデルでは、左側にオーディオ操作とドライブアシストディスプレイの
画面を切り替えるスイッチを、そして、右側には、クルーズコントロールなどを
操作するスイッチが用意されていました。

■右側のステアリングスイッチ

先代エクストレイル画像-0178

■左側のステアリングスイッチ

先代エクストレイル画像-0179

一方、左側のステアリングスイッチは、先代と同じドライブアシスト
ディスプレイを操作するスイッチでしたが、今回新発売された新型モデルでは、
右側に同一車線自動運転技術のプロパイロット機能を操作するスイッチを搭載。

■右側のステアリングスイッチ:プロパイロットスイッチ

新型エクストレイル画像-0365

■左側のステアリングスイッチ

新型エクストレイル画像-0366

また、スイッチ自体も上下にカチカチとスライドするデザインから、
十字キーのようなデザインに変更。

ただ、個人的には先代モデルの上下にカチカチと動かすスイッチの方が
操作がしやすいように感じました。

装備2:シフトレバー

今回新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)は、ハイブリッド車・
ガソリン車ともにストレート式のシフトレバーを採用しています。

新型エクストレイル画像-0380

このクルマのシフトレバーは、強いエンジンブレーキを効かせる”L(ロー)”などは
用意されていましたが、ドライバーが任意のタイミングでシフトチェンジをする事が
できるマニュアルモードたパドルシフトの装備は無し。

個人的には、マニュアルモードの設定が無い事は少々残念でした。

電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドを搭載可能

また、今回新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の注目の装備の一つが、
電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド。

このクルマでは、ディーラーオプションの”プロパイロット機能”を注文すると、
電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドがセットで装備されます。

新型エクストレイル画像-0387

標準装備ではなく、オプション設定とは言え、渋滞の時に助かるオート
ブレーキホールドを装備できるのは、ちょっと嬉しいですよね。

ただ、このクルマの電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドの
設置位置はシフトレバーの前方になっており、操作感があまり良く無いのが、
少し気になりました。

装備3:エンジンスターター&スイッチ類

今回新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)のエンジンスタータースイッチは、
先代モデルと同様にハンドルの左側に設置。

新型エクストレイル画像-2537

また、ハンドルの右側には、このようなスイッチ類が装備されていました。

新型エクストレイル画像-2590

上段左  :リモコンオートバックドア ON/OFF切替スイッチ
上段中間:リモコンオートバックドア
上段右  :VDC(ビークルダイナミクスコントロール)解除スイッチ
下段左  :ECOモードスイッチ
下段中央:車両接近通報装置

ちなみに、今回私が紹介したスイッチ類の画像はハイブリッド車だったので
装備されていませんが、ガソリン車ではこの位置にアイドリングストップの
解除スイッチも装着されますよ。

装備4:空調パネル

インパネ中央下部に設置されている新型エクストレイル(X-TRAIL)の空調パネルは、
このようなデザインのオートエアコンを採用。

新型エクストレイル画像-2535

比較的シンプルなデザインになっていたのですが、ダイヤル式の温度設定など
操作感&使い勝手は、良いように感じました。

また、運転席側と助手席側で独立して温度調整できるのも好印象でした。

装備5:カーナビ

今回私が見た新型エクストレイル(X-TRAIL)では、
メーカーオプションの7インチ純正ナビが装着されていました。

■メーカーオプションの7インチナビ

新型エクストレイル画像-0376 新型エクストレイル画像-0402-01

インパネ・内装とのフィット感やメーターの中央にあるアドバンスドアシスト
ディスプレイの連動などメリット&魅力もありますが、7インチサイズなので、
ちょっと画面が小さい感じが…。

個人的にはディーラーオプション設定となっている9インチナビ(MM517D-L)の方が
視認性に優れていて、良いのかなと思いました。

新型エクストレイル画像-0712

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの内装・インパネの基本的なデザインは、先代モデルと
大きな違いはありませんでした。

ただ、プロパイロット用のスイッチが搭載されるなどハンドルに若干の違いが…。

また、オプション設定ですが、電動パーキングブレーキやオートブレーキ
ホールドが装備できるもの注目ポイントの一つなのかなと思いました。

もしこの新型エクストレイル(X-TRAIL)の試乗に行かれる際は、新しく搭載された
プロパイロット機能やオートブレーキホールドなどの使い勝手にも注目をしてみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です