新型エクストレイル ハイブリッドの荷室【ガソリン車と異なる3つの特徴とは?】


新型エクストレイル画像-2930

日産から発売されているクロスオーバーSUVの新型エクストレイル(X-TRAIL)
マイナーチェンジをして、2017年6月に新発売されましたね。

今回、新発売された最新モデルは、先代モデルと同様にガソリン車と
ハイブリッド車が用意されていますが、内装・インテリアのデザインに
大きな違いはありません。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車では、荷室・ラゲッジスペースの
デザインや使い勝手に、若干の違いがありました。

そこで、今回はマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっているのか?

実車画像を使って、この新型モデルのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの
使い勝手や特徴を分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型エクストレイル ハイブリッド車の荷室画像インプレ

今回マイナーチェンジをして新発売された日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

新型エクストレイル画像-0239

新型エクストレイル画像-0250

ミドルサイズのSUVという事で、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、広いですね。

後部座席を使用した状態でも、十分に満足できる荷室の容量&広さを確保している
ように感じました。

また、今回新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の後部座席を収納した時の
荷室・ラゲッジスペースの広さは、このような感じ。

新型エクストレイル画像-0936 新型エクストレイル画像-0940

若干手前下がりになっているものの、ほぼフルフラットに…。

このクルマの荷室・ラゲッジスペースに横になると、この手前下がりの
傾きが気になるので、車中泊をする時には少し工夫が必要なのかなと思います。

ただ、荷物を積む分には、この荷室・ラゲッジスペースの傾きは、
特に気になりませんでした。

このようなデザインになっている新型エクストレイルのハイブリッド車の
荷室・ラゲッジスペースですが、ガソリン車と異なる次のような特徴&
注目ポイントがありました。

特徴&注目ポイント1:荷室フロアの高さ

この日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車の
荷室・ラゲッジスペースの注目ポイントの一つは、荷室フロアの高さ。

このクルマのハイブリッド車は、バッテリーを荷室・ラゲッジスペースの
下に積んでいるため、床面が開口部(掃き出し口)よりも約40mmほど高くなっています。

■新型エクストレイル ハイブリッドの荷室開口部

新型エクストレイル画像-0934

なので、ガソリン車と比較して、荷物の積み下ろしはしにくい印象が…。
また、荷室フロアが高くなった分、ガソリン車に比べて、荷室容量も若干
少なくなっています。

重たい荷物の積み下ろしのしにくさ、ガソリン車よりも少ない荷室容量は、
この新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車のデメリット・欠点の
一つなのかなと思いました。

注目ポイント2:荷室フロアに使用されている素材

また、新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車に採用されている
荷室フロアの素材も注目ポイントの一つ。

ガソリン車は、このように防水加工されたプラスチックのような素材の
ラゲッジボードを標準装備しています。

■ガソリン車の荷室フロア

新型エクストレイル画像-1252

なので、スポーツギアらしく雪のついたスノボー、泥のついたキャンプ道具や
クーラーボックスなどなど、汚れや水滴を気にせずに積み込むことが可能です。

しかし、新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車は、防水加工が
施されていない一般的なカーペット素材の荷室フロアを採用。

■ハイブリッド車の荷室フロア素材

新型エクストレイル画像-2602

なので、泥のついたキャンプ道具などを荷室・ラゲッジルームに積み込むと、
フロアが汚れてしまいます。

アウトドアシーンで本領を発揮するスポーツギアとしては、ちょっと残念に
感じてしまいました。

ハイブリッド車のフロアがカーペット素材になっている理由

新型エクストレイル ハイブリッドの荷室フロアにカーペット素材を使用した理由の
一つは、ラゲッジボード下に積み込んでいるバッテリーの安全確保のため。

このクルマの見積もりを貰った時、ディーラーさんに教えて貰ったのですが、
水滴のついた荷物・アイテムを荷室・ラゲッジスペースに積み込むと、荷室の
下にあるバッテリー部分に浸水し、故障する可能性があるようです。

つまり、ハイブリッド車では、スノボーやウェットスーツなど水に濡れた
アイテムを荷室・ラゲッジスペースに積み込ませないようにするために、
あえてガソリン車と異なるカーペット素材のフロアにしたみたいです。

なので、ハイブリッド車の場合、雪のついたスノボーやウェア、濡れた状態の
スウェットスーツやサーフィンのボードをハイブリッド車の荷室に積み込むのは、
極力避けた方が良いようですよ。

もしくは、ディーラーオプション設定になっている防水シートを荷室・
ラゲッジスペースに使った方が良いようですよ。

もしアウトドアシーンで使用する事を考えるのなら、先代モデルと同様に
新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車よりもガソリン車の方が
良いのかなと思いました。

注目ポイント3:床下収納

また、荷室・ラゲッジスペースの下にある床下収納のデザイン&広さも
今回新発売された日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の注目ポイントの一つ。

ハイブリッド車では、頑丈な作りになっている荷室フロアを持ち上げると、
このようなサイズの床下収納(ラゲッジアンダースペース)が登場。

新型エクストレイル画像-0263

横幅や深さは十分にあるのですが、奥行きに関しては、2列シートの
ガソリン車の半分くらいのサイズ。

ハイブリッド車の床下収納(ラゲッジアンダースペース)は、防水加工も
施されており、使い勝手は十分に満足できるレベルになっています。
(できたら、仕切りは欲しかったですが…)

ただ、さらに大きいサイズの床下収納を備えている2列シートのガソリン車と
比較してしまうと、若干物足りなさを感じてしまいました。

新型エクストレイル画像-0238

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

荷室・ラゲッジスペースは十分なサイズ&広さを確保。
なので、ハイブリッド車でも日常シーンで、「荷室・ラゲッジルームが狭い。」と、
ストレスや不満を感じるシーンは、少ないと思います。

ただ、一番荷室・ラゲッジスペースが広く、使い勝手に優れている
2列シートのガソリン車と比較すると、すべての面で物足りなさを感じてしまいました。

このハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースのデザインや使い勝手は、
2列シートのガソリン車と全く異なります。

ガソリン車とハイブリッド車のどちらを購入しようか迷っている方は、購入前に
しっかりと隅々まで荷室・ラゲッジスペースのサイズや使い勝手を確認してみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です