3列シートモデルの荷室はやっぱり狭い!?新型エクストレイルの荷室画像レビュー


新型エクストレイル画像-0533

2017年6月、日産のスポーツギア新型エクストレイル(X-TRAIL)
マイナーチェンジを行いましたね。

今回発売された新型モデルは、Vモーショングリルが強調され、先代モデルよりも
精悍さが増したフロントマスクに…。マイナーチェンジ前のモデルと比較して、
外装・エクステリアの雰囲気が全く異なっていました。

>>> 新型エクストレイルの外装【マイナーチェンジ後モデルの実車画像レビュー】

そんな新型エクストレイル(X-TRAIL)ですが、ガソリン車は、先代と同様に
2列シートモデルと3列シートモデルを用意しています。

先日、この新型モデルのガソリン車の3列シートモデルを見る事ができたのですが、
荷室・ラゲッジスペースの使い勝手やデザインが、ガソリン車の2列シートモデルと
全く異なっていました。

今回マイチェンをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)のガソリン車の
3列シートモデルの荷室・ラゲッジスペースを確認してきたので、特徴や使い勝手を
詳しく紹介したいと思います。

日産エクストレイルの新車見積り

スポンサーリンク

新型エクストレイルの3列目モデルの荷室レビュー:3列目使用時の様子

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
3列目シート使用時(展開時)の荷室・ラゲッジスペースは、このような
デザインになっています。

新型エクストレイル画像-1216

新型エクストレイル画像-1219

荷室フロアの素材は、2列シートモデルと同様に撥水効果の高いプラスチック素材を採用。
ただ、やはり3列目シートを使用すると、荷室・ラゲッジスペースは狭いですね。

この時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、約300mm弱。

仕方がないとは言え、3列シートを展開すると、荷室・ラゲッジスペースの広さは、
かなり制限されるのかなと思いました。なので、7人乗車した状態で、荷物が多くなる
キャンプやアウトドア、旅行に行くのは、ちょっと厳しいのかなと思いました。

また、新型エクストレイル(X-TRAIL)の3列目シートは、中央分割方式を
採用しており、このように左右のシートを独立して、収納する事が可能です。

新型エクストレイル画像-1262 新型エクストレイル画像-1259

3列目シートどちらかのシートを収納するだけでも、荷室・ラゲッジの広さや
使い勝手は、だいぶ良くなった感じが…。

7人乗車時では、荷室・ラゲッジスペースはちょっと狭いのかなと感じましたが、
シートの片方を収納するだけで、見違えるほど荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は
良くなったように感じました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です