ヴォクシー煌2 2016の欠点・不満【実車を見てガッカリした3つの事】


ヴォクシー煌2画像0015

キラリと輝くメッキパーツがオシャレなトヨタの人気ミニバンの
ヴォクシー煌2(きらめき2)ですが、発売直後から売れ行きはかなり好調のようですね。

今回新発売された特別仕様車”煌2(きらめき2)”は、フロントグリルに
インパクトのあるメッキデザインを採用して、さらに高級感のあるデザインに…。

>>> メッキを採用して高級感がアップしたヴォクシー煌2の外装の様子は、コチラから

また、機能面・装備面でもデュアルパワースライドドアが標準装備されるなど、
ベースモデルとなっているZSグレードよりも特別仕様車”煌2(きらめき2)”の方が
お得感があるように感じました。

そんなヴォクシー煌2(きらめき2)の実車を先日見に行ってきたのですが、
実際に見てみると、機能や装備面、またデザイン性で欠点と感じた部分も…。

実際にこの特別仕様車”煌2(きらめき2)”を見て、欠点・残念に感じた部分を
包み隠さず紹介します。

スポンサーリンク

ヴォクシー煌2の欠点1:クルーズコントロール

2016年7月に新発売された80系のヴォクシー/ボクシー(VOXY)のZSグレードを
べースにした特別仕様車”煌2(きらめき2)”の欠点・デメリットの1つ目は、
クルーズコントロール(クルコン)が標準装備されていなかった事。

ヴォクシー煌2画像0860

クルーズコントロール(クルコン)とは、予め設定した速度・スピードで
走行してくれる機能のこと。なので、クルーズコントロールを設定していると
アクセルワークが必要がなくなるので、より快適にストレスフリーで
運転する事が可能となります。

高速道路など長距離ドライブする時には、とても助かる機能ですよね。

このように装備されていると重宝しそうなクルーズコントロール(クルコン)ですが、
今回新発売されたヴォクシー煌2(きらめき2)には、標準装備されていませんでした。

なので、ハンドルにクルーズコントロールのスイッチが装備されておらず
比較的シンプルな感じが…。

ヴォクシー煌2画像0204

ちなみに、クルーズコントロールが装備されているクルマは
このようにハンドルの右下にこのようなレバーが装備されています。

新型エスティマ画像0230 新型エスティマ画像0234

やはりこの特別仕様車”煌2(きらめき2)”にクルーズコントロールが
標準装備されていない事は、残念ですよね。

ディーラーさんに話を聞いても、ヴォクシーの煌2(きらめき2)に
クルーズコントロールが標準装備されていない事を知って、
残念に思うお客さんも多いようです。

それもそうですよね。

最近はトヨタの人気ハイブリッド車のアクア(AQUA)や軽自動車でも
クルーズコントロール(クルコン)を標準装備しているクルマは増えています。
また、ヴォクシー/ボクシーの下位モデルの”Vグレード”では、
クルーズコントロールが標準装備されています。

このように考えると、ヴォクシー煌2(きらめき2)にもクルーズコントロールが
装備されていても良いと思ったのですが…。

個人的には特別仕様車”煌2(きらめき)2″で標準装備された6スピーカーよりも
クルーズコントロールの方を装備してもらいたかったです。また、コストの
問題で標準装備が難しかったらせめてメーカーオプションの設定にして貰いたかったです。

もしクルーズコントロールが欲しければ、煌2(きらめき2)ではなく、
Vグレードを選択するのも一つの方法かもしれませんね。

ヴォクシー煌2の欠点・不満2:ルーフカラー

また、今回ヴォクシー煌2(きらめき2)の実車を見て少しもったいなと
感じたのは、ルーフのカラー。

この特別仕様車”煌2(きらめき2)”のルーフカラーは、ベースとなってる
ZSグレードと同様にライトグレーを採用。

ヴォクシー煌2画像0734

ヴォクシー煌2(きらめき2)のインパネは、送風口部分や空調パネル、
シフトレバー部分(センタークラスター)にピアノブラック調の
パネルを採用しております。また、シートデザインもブラックを基調にした
スタイリッシュなデザインに…。

ヴォクシー煌2画像0318

このようなブラックが基調になっている特別仕様車”煌2(きらめき2)”の
インパネやシートデザインに比べると、ルーフのデザインが若干チープな感じが…。

ちなみに、こちらは同じネッツトヨタから発売されている3ナンバーサイズの
高級ミニバン”ヴェルファイア/ベルファイア”の特別仕様車ゴールデンアイズの
内装&ルーフカラー。

ヴェルファイアゴールデンアイズ画像0941

このヴェルファイアの特別仕様車ゴールデンアイズは、このようブラックカラーの
ルーフを採用。このブラックのルーフカラーの影響もあり、このヴェルファイアの
特別仕様車”ゴールデンアイズ”の内装・インテリアは、引き締まった印象が…。

個人的にはヴォクシー煌2(きらめき2)の内装もスタイリッシュな内装・インテリアの
雰囲気がありので、ブラックルーフ&ピラーの方がピッタリなのかなと思いました。

個人的にはこの少し安っぽく見える特別仕様車”煌2(きらめき2)”の
内装・インテリアは、少々残念に感じました。

ヴォクシー煌2の欠点・不満3:後席の空調システム

また、今回新発売されたヴォクシー煌2(きらめき2)の欠点・不満の一つは、
後部座席の空調システム。

ヴォクシー煌2画像0688

この特別仕様車”煌2(きらめき2)”に装備されている後部座席の空調システムは、
冷房と暖房の両方を使用する事ができるリヤオートエアコンではなく、リヤクーラーのみ。
つまり、暖房の温かい空気は、後部座席横の送風口から出ません。

これはちょっと残念ですよね。

ヒーターの温かい空気はインパネに搭載されている送風口からしか出てこないので、
2列目シート・3列目シートが温かくなるまで多少時間がかかります。
特に3列目シートは、全然暖かくならずににいつまで経っても寒いまま…。

ヴォクシー煌2画像0539

真冬の事を考えると、コレはちょっと困りますよね。

個人的には寒い日でも後部座席に同情する家族や友人が快適に過ごせる
リアオートエアコンが標準装備になっていない事は少々残念でした。

特別仕様車”煌2″にオートエアコンを装備する方法

ちなみに、ヴォクシー煌2(きらめき2)の注文時にメーカーオプションの寒冷地仕様を
お願いすると、後部座席用のヒーターが使えるオートエアコンが装備されます。

寒冷地仕様のオプション代は、約88,000円と若干高めですが、
2列目・3列目シートに座る人の快適性を考えると、良いオプションなのかなと思いました。

ヴォクシー煌2画像0125

2016年7月に新発売された80系ヴォクシー/ボクシー(VOXY)の特別仕様車
“煌2(きらめき2)”の実車を確認したところ、このような欠点・デメリットが
目につきました。

個人的に特に気になったのは、クルーズコントロール。

同じ5ナンバーサイズのミニバンで競合車・ライバル車と言われている
ホンダのステップワゴンや日産のセレナでは、クルーズコントロールが
標準装備されています。

また、2016年8月に発売される予定の日産の新型セレナ(SERENA)では、
自動操縦機能が装備されるモデルが発売されます。

2列目シートのロングスライド機能が装備されるなど居住性や快適性は
優れているヴォクシー煌2(きらめき2)ですが、このクルーズコントロールだけは
競合や・ライバル車にかなり遅れをとっているのかなと感じました。

ヴォクシー煌2(きらめき2)はとても良いクルマですが、
このような欠点・デメリットもあるので、注意をしてくださいね。

ヴォクシーの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です