新型ヴィッツの内装画像レビュー【ハイブリッド車とガソリン車の違いは?】


ヴィッツ画像-2334

2017年1月、ネッツトヨタの人気コンパクトカーヴィッツ(Vitz)
マイナーチェンジを行いましたね。

今回のマイナーチェンジでは1500ccエンジン+モーターを搭載したハイブリッド車を
追加しただけではなく、外装・エクステリアのデザインも改良。よりスタイリッシュで
迫力のあるデザインに生まれ変わりました。

>>> 新型ヴィッツの外装レビュー【マイチェンをした新型モデルの注目ポイントは?】

また、今回新発売されたヴィッツ(Vitz)では、内装・インテリアのデザインして、
より上質感のあるデザインになりました。

そんな新型モデルの内装・インテリアはどのようなデザインになっているのでしょうか?
また、ハイブリッド車とガソリン車では、内装・インテリアのデザインに違いがあったのでしょうか?

先日、このヴィッツ(Vitz)の試乗に行って来た際、内装・インテリアの
デザインについても確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型ヴィッツの内装レビュー:インパネ編

今回私は新しく発売されたヴィッツ(Vitz)のハイブリッド車とガソリン車の
内装・インパネは、このようなデザインになっています。

こちらは、ハイブリッド車のジュエラ(Jewela)の内装・インパネ。

ヴィッツ画像-2748

そして、こちらはガソリン車のジュエラ(Jewela)の内装・インパネ。

ヴィッツ画像-0354

エンジンスタータースイッチなどのカラーに若干の違いはあるものの
ガソリン車とハイブリッド車では、基本的には同じデザインをしています。

■ハイブリッド車のエンジンスタータースイッチ

ヴィッツ画像-1768

■ガソリン車のエンジンスタータースイッチ

ヴィッツ画像-0216

ただ、ガソリン車とハイブリッド車を用意している他のトヨタ車と同様に
大きな違いはありませんでした。

マイナーチェンジ前のモデルより良くなったところとは…

今回新発売された新型モデルのハンドルや空調パネルなどインパネ・内装は、
マイナーチェンジ前のモデルと基本的には同じデザインになっています。

ただ、先代モデルではハンドルやカーナビを設置するオーディオクラスター部分が
シルバー加飾されていたのに対し、今回新発売されたヴィッツ(Vitz)では、ブラックに変更。

ヴィッツ画像-1756

ヴィッツ画像-1774

先代モデルよりもスタイリッシュで洗練されたデザインの内装・インテリアに
なっているように感じました。

注目装備1:シフトレバー

今回新発売されたヴィッツ(Vitz)のハイブリッド車に採用されている
シフトレバーは、ガソリン車と同様に前後にガチャガチャとスライドさせる
一般的なデザインのものを採用。

■ハイブリッド車のシフトレバー

ヴィッツ画像-2787

■ガソリン車のシフトレバー

ヴィッツ画像-0237

未来感覚の溢れるプリウス(Prius)のシフトレバーと比較するとシンプルな
デザインになっていますが、シンプルなデザインで使い勝手は良いように感じました。

ちなみに、ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)では、サイドブレーキ近くに
このようなEV走行モードとエコモードスイッチが装備されていました。

ヴィッツ画像-1786

ヴィッツ画像-1796

このEV走行モードとエコモードスイッチの設置位置が低く、運転中に
操作をするのはちょっと危ない感じが…。個人的には運転中に操作が
しやすいように、もう少し高い位置に設置してもらいたかったです。

トヨタのアクア(AQUA)を試乗した時も感じましたが、この点は少々残念でした。

注目装備2:メーター&マルチインフォメーションディスプレイ

ヴィッツ(Vitz)のハイブリッド車とガソリン車の内装・インパネは
大きな違いがありませんでした、メーターのデザインは異なります。

今回新発売されたハイブリッド車のメーターは、このようなデザインになっていました。

ヴィッツ画像-2381

そして、こちらはガソリン車のメーター。

ヴィッツ画像-1233

ガソリン車ではタコメーターを採用していましたが、ハイブリッド車では
タコメーターの変わりにヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)を装備。

また、ハイブリッド車とガソリン車ではメーターの針の色を変えるなど、
差別化を図っているのも個人的には好印象でした。

マルチインフォメーションディスプレイのデザインも異なる

また、先代モデルと同様にメーターの右下に4.2インチサイズの
マルチインフォメーションディスプレイを装備。

ヴィッツ画像-2437 ヴィッツ画像-2434

ハンドルの右側のスイッチを操作する事によってこのマルチインフォメーション
ディスプレイの表示項目を切り替える事ができます。

ヴィッツ画像-1756 ヴィッツ画像-1759

ただ、ヴィッツ(Vitz)のガソリン車とハイブリッド車では、
マルチインフォメーションディスプレイの表示項目が若干異なるので、ご注意を…。

新型ヴィッツの内装レビュー:収納スペースについて

ヴィッツ画像-1737

マイナーチェンジをしたヴィッツ(Vitz)ですが、収納スペース(小物入れ)の
数や使い勝手は先代モデルと全く変わっていません。

また、ハイブリッド車とガソリン車で収納スペースのデザインやサイズなどに
違いはありません。

今回マイナーチェンジをしたこの新型モデルでも、助手席のオープントレイや
助手席アッパーボックスなど大きくて使い勝手の良い収納スペースが備え付け
られているのは、とても良いと思いました。

■助手席オープントレイ

ヴィッツ画像-0533

また、助手席に設置したプレイートを引き上げて置いた荷物が落ちないように
することができる買い物アシストシートなどもとても良いアイディアだと思います。

■買い物アシストシート

ヴィッツ画像-0585

このように収納スペースの数は良いのですが、後部座席のドア内側パネルに
ドリンクホルダーが用意されていない点などこのヴィッツ(Vitz)の収納スペースは、
使い勝手で若干気になる部分・不満も…。

もしこの新型モデルの購入を検討している場合は、収納スペースの
使い勝手をしっかりと確認した方が良いのかなと思いました。

新型ヴィッツの内装レビュー:シート編

今回マイナーチェンジをして新発売されたヴィッツ(Vitz)のシートの
デザインや素材は、グレードによって異なります。

こちらは最上位モデル”Uグレード”のシート。

ヴィッツ画像-1885

ヴィッツ画像-2045

そして、こちらはオシャレな内装が特徴のジュエラ(Jewela)のシート。

ヴィッツ画像-2837 ヴィッツ画像-2865

そして、これは下位モデルのFグレードのシート。

ヴィッツ画像-2226 ヴィッツ画像-2274

このヴィッツ(Vitz)は全グレード共通してファブリック素材を採用しているのですが、
グレードによって見た目の雰囲気が異なりますよね。

上位モデルのUグレードのシートは縁の部分にホワイトのダブルステッチを
採用するなど、他のグレードよりオシャレなデザインになっているのは好印象でした。

ヴィッツ画像-1890

また、バーガンディーカラーが特徴のジュエラ(Jewela)のシートも先代モデルの
デザインよりも落ち着いたカラーになっていたのも好印象でした。

ちなみに、ヴィッツ(Vitz)のハイブリッド車とガソリン車では、
シートのデザインや素材に違いはないそうですよ。

後部座席の快適性・居住性はヴィッツのメリット

ヴィッツ画像-2015

今回ヴィッツ(Vitz)を試乗した時に後部座席にも座らせてもらったのですが、
何といっても魅力は、居住性&快適性。

同じトヨタから発売されているアクア(AQUA)は後部座席の頭上空間も
足元空間も狭いため、身長175㎝ある私が座るとかなり窮屈です。

しかし、ヴィッツ(Vitz)はアクア(AQUA)と比較すると、足元空間も
頭上空間も一回り広くなっており、とっても快適。

ヴィッツ画像-0844

成人男性の私が後部座席に座っても圧迫感を感じない快適さは、
このクルマのメリット・魅力の一つなのかなと思いました。

この2台でどちらのモデルを購入しようか迷う方も多いと思いますが、
居住性・快適性で購入するクルマを選んでも良いのかなと思いました。

ヴィッツ画像-0135

今回ネッツトヨタから新発売されているヴィッツ(Vitz)の内装・インテリアは、
このようなデザインになっていました。

先代のモデルではシルバー加飾が安っぽさを感じるデザインになっていたのですが、
新型モデルではブラックパネルを採用してスタイリッシュなデザインに…。
このクルマの車格を考慮すると、十分に大満足できるデザインになっているように思いました。

またヴィッツ(Vitz)は、ハイブリッド車とガソリン車で内装・インテリアの
デザインや機能が若干異なります。この違いにも是非とも注目をしてみてくだいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です