【競合車より本当に小さい!?】ヴィッツ ハイブリッドの荷室サイズを確認


ヴィッツ画像-2316

2017年1月、ネッツトヨタの代表車種ヴィッツ(Vitz)から1.5リットルエンジン+
モーターを組み合わせたハイブリッド車が新発売されましたね。

このヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)は、トヨタの人気コンパクトカー
“アクア(AQUA)”と同じハイブリッドシステムを使用しているのですが、
乗り心地も予想以上に良く、運転がしやすいクルマに仕上がっていました。

>>> ヴィッツ ハイブリッドの試乗の感想【乗り心地の良さにビックリ!】

このように乗り心地が良く、また、居住性に優れているのがこの新型モデルの
魅力の一つですが、実際に見て残念・欠点に思えたのが、アクア(AQUA)よりも
荷室・ラゲッジスぺースのサイズが小さかった事。

ただ、ディーラーさんの話によると、この新型ハイブリッドの荷室・
ラゲッジスペースは、アクア以外の競合車・ライバル車と比較すると、
それほど狭くはないそうです。

ディーラーさんの話が本当なのかちょっと気になったので、先日、
このヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の荷室サイズを確認してきました。

また、競合車・ライバル車の荷室寸法よりも本当に小さくないのか
確認するために比較をしてみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型ヴィッツ ハイブリッドの荷室サイズは?

今回マイナーチェンジをして新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の
荷室・ラゲッジルームは、このようなデザインをしています。

ヴィッツ画像-1580 ヴィッツ画像-1582

高さは十分だったのですが、奥行きが競合車・ライバル車ののアクア(Aqua)や
ホンダのフィット3ハイブリッドと比較すると、狭い感じが…。

■トヨタ アクアの荷室・ラゲッジスペース

アクア特別仕様車-0520 アクア特別仕様車-0537

そんな新型ハイブリッド車の荷室サイズは、このようになっていました。

■新型ヴィッツ ハイブリッドの荷室サイズ
(ラゲッジボード使用時)
荷室長:約  625mm
荷室幅:約1,000mm
荷室高:約  745mm

ちなみに、こちらはUグレードなどヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の
上位モデルに標準装備されているラゲッジボード(アジャスタブルデッキボード)を
使用いている時の荷室サイズ。

■ヴィッツに装備されているラゲッジボード

ヴィッツ画像-1703

ラゲッジボードを使用しない状態では、このように荷室高が若干異なります。

■新型ヴィッツ ハイブリッドの荷室サイズ
(ラゲッジボード未使用時)
荷室長:約  625mm
荷室幅:約1,000mm
荷室高:約  865mm

上位モデルに標準装備されているラゲッジボード(アジャスタブルデッキボード)を
取り外すと、荷室高が約120mmほど高くなります。

載せる荷物の大きさによって荷室・ラゲッジルームの高さを調節できるのは、
ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の荷室のメリットかなと思いました。

ヴィッツ画像-0611

ちなみに、取り外したラゲッジボードはこのようにそのままフロア部分に
置いておけるので、収納スペースに困る事もありません。
個人的には、この使い勝手の良さも好印象でした。

後部座席を収納した時の荷室寸法は?

今回マイナーチェンジをしたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)は、
後部座席の背もたれを収納して、荷室・ラゲッジルームの奥行きを
広くする事ができます。

ヴィッツ画像-1601

その時のこの新型ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの広さは、
このようになっていました。

■ヴィッツ ハイブリッド 後部座席収納時の荷室サイズ
(ラゲッジボード使用時)
荷室長:約1,420mm
荷室幅:約1,000mm
荷室高:約  865mm

後部座席を使用時と比較して、荷室・ラゲッジスぺースの奥行き(荷室長)が
約80cmほど広くなります。

上位モデルに標準装備されているラゲッジボードを使用すると、後部座席部分に
段差が生じる事なくほぼフルフラットに…。

ヴィッツ画像-1612

これなら長尺物を積み込むのに困る事は無いのかなと思いました。

ヴィッツ ハイブリッドと競合車の荷室サイズ比較

ヴィッツ画像-1716

このような荷室サイズになっているヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)ですが、
アクア(AQUA)など競合車・ライバル車と比較すると、どちらの方が広いのでしょうか?

ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)と競合車の荷室寸法を比較したので
紹介したいと思います。

■ヴィッツHVと強豪車の荷室サイズ比較
・トヨタ ヴィッツ ハイブリッド(Uグレード)
荷室長:約  625mm
荷室幅:約1,000mm
荷室高:約  865mm
※ラゲッジボード未使用時

・ホンダ フィット3 ハイブリッド (Lパッケージ)
荷室長:約  620mm
荷室幅:約1,000mm
荷室高:約  820mm

・トヨタ アクア (Xアーバン)
荷室長:約  710mm
荷室幅:約1,000mm
荷室高:約  815mm

・日産 ノート eパワー (メダリスト)
荷室長:約620mm
荷室幅:約950mm
荷室高:約700mm

競合車・ライバル車と比較すると、ちょっと狭いかなと思った
ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の荷室・ラゲッジスペースですが、
思ったよりも狭くありませんね。

アクア(AQUA)よりも荷室・ラゲッジスペースは狭いものの、
現在人気の日産ノートe-Powerよりは荷室幅も荷室高も一回り大きくなっています。

>>> ヴィッツよりも狭いことが発覚した日産ノートの荷室・ラゲッジ画像はコチラから

アクアと比較してヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の荷室は小さいのですが、
コンパクトカークラスのクルマとしては、平均的なサイズなのかもしれませんね。

先日、このクルマの見積もりをもらった時に、「このクルマの荷室サイズは、
ホンダのフィット3ハイブリッドと同じくらいなんですよ。」
と、言われて
今回確認してみたのですが、この結果には少々驚きました。

ヴィッツ画像-1620

今回新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の荷室サイズは、
このようになっていました。

このクルマの荷室・ラゲッジスペースを見た時はちょっと狭いのかなと
思ったのですが、競合車と比較してみて、思ったよりも狭くないことが発覚!
この結果には、良い意味で驚きました。

新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の上位モデルでは荷室・ラゲッジを
上下に分ける事ができるラゲッジボードなども標準装備されており、使い勝手も
十分に満足できる出来になっています。

もしこれからこのクルマの試乗に行かれる際は、使い勝手の良い
この新型ハイブリッドの車の荷室・ラゲッジスペースにも注目をしてみてくださいね。

>>> ヴィッツ ハイブリッドの荷室レビュー【アレンジや使い勝手を徹底解説】


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です