ヴェゼルRSの内装の専用装備は何がある?違いを画像を使って紹介


ヴェゼルRS画像0023

ホンダのヴェゼル/べゼル(VEZEL)から走りの楽しさを追求した新グレード
RSが新発売されましたね。

今回新発売されたヴェゼルRS(VEZEL RS)の特徴&注目ポイントの一つが、
このRS専用にデザインされた特別な装備や機能。

私も先日この新型モデルを見に行ってきたのですが、この専用装備の
おかげで、今までのヴェゼル/べゼル(VEZEL)と全く違う雰囲気のクルマに
なっているように感じました。

そんなヴェゼルRS(VEZEL RS)の内装・インテリアに採用されている
4つの専用装備を画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ヴェゼルRSの専用装備1:インパネのデザイン

専用デザインとなっているヴェゼルRS(VEZEL RS)のインパネは、
このようなデザインになっています。

ヴェゼルRS画像0047

ちなみにこちらは、人気のハイブリッドZのインパネ。

ヴェゼル画像0091

ダークグレーカラーになっているヴェゼルRS(VEZEL RS)のインパネの方が
スタイリッシュな雰囲気がありますね。

基本的なデザインに違いはありませんが、この2台のモデルの一番の違いは
使用されている素材。

今回ヴェゼルRS(VEZEL RS)では唯一インパネやセンターコンソールの
素材に肌触りの良い、そして高級感のあるウルトラ スエード素材を採用。

ヴェゼルRS画像0038 ヴェゼルRS画像0048

私も実際にこのウルトラ スエード素材を採用したヴェゼルRSのインパネや
センターコンソールに触れてみたのですが、しっとりとした柔らかい肌触りが
とっても好印象。

ヴェゼルRS画像0040

このように見た目の毛並みの美しさもあり、このウルトラ スエード素材を
使用したヴェゼルRS(VEZEL RS)のインパネは、個人的には他のグレードの
ものよりも個人的にはとても良いように感じました。

ダーククロームメッキ加飾にも注目

また、専用のデザインを採用しているヴェゼルRS(VEZEL RS)の
インパネですが、送風口などのメッキ加飾部分に光沢感を抑えたクールな
印象のダーククロームメッキ加飾を採用。

ヴェゼルRS画像0046

ヴェゼルRS画像0067
一方、ヴェゼル/べゼル(VEZEL)のハイブリッドZではキラキラと
光沢感のあるプラチナクロームメッキ加飾を採用。

ヴェゼル画像0092 ヴェゼル画像0093

このように見比べると、違いがわかりますよね。

ディーラーさんやスタッフの人に言われないと違いに気付きにくいですが、
スタイリッシュなウルトラ スエード素材を使用しているヴェゼルRSには、
クールな印象のダーククロームメッキの方がピッタリなのかなと思いました。

ちなみに、ヴェゼルRSでは次のような装備にダーククロームメッキ加飾を
使用していました。

■インナードアハンドルリング

ヴェゼルRS画像0059

■エアコンの送風口

ヴェゼルRS画像0054

■シフトレバー部分

ヴェゼルRS画像0032

■スピーカーリング

ヴェゼルRS画像0049

■エアコンのタッチパネル部分

ヴェゼルRS画像0068

ヴェゼルRSの専用装備2:ハンドル

また、ヴェゼルRS(VEZEL RS)ではハンドル・ステアリングホイールも
専用のデザインになっています。

ヴェゼルRS画像0045

ちなみに。こちらがハイブリッドZのハンドル・ステアリングホイールのデザイン。

ヴェゼル画像0090

この2台のモデルのハンドルは本革巻きを採用しているなど共通点も
多いですが、ステッチのカラーが異なるので雰囲気が全く異なりますよね。

ハイブリッドZの内装色はジャズブランカラーになっており、ハンドル・
ステアリングのステッチもブラウンを採用。

ヴェゼル画像0086

大人っぽい上質な雰囲気はなかなか良いと思いました。

一方、今回新発売されたヴェゼルRS(VEZEL RS)のハンドルのステッチは、
インパネのステッチとマッチしたホワイトカラー。

ヴェゼルRS画像0053

ハイブリッドZのハンドル ステッチよりもスタイリッシュに感じました。

ヴェゼルRSの専用装備3:アクセル&ブレーキペダル

また、今回新発売されたヴェゼルRSでは、アクセル&ブレーキペダルの
デザインにも注目。

このヴェゼルRS(VEZEL RS)のアクセル&ブレーキペダルは、
このようになっていました。

ヴェゼルRS画像0042

このRSはスポーツモデルらしくステンレス製のスポーツペダルを採用。

こちらはハイブリッドZグレードのペダルなのですが、ゴム製の普通のペダルと
雰囲気が全く違いますよね。

ヴェゼル画像0094

やはりヴェゼルRS(VEZEL RS)のスポーツペダルの方が重厚感や特別感が
あって良いですよね。

アクセルやブレーキを踏んだ時の踏み心地もRSの方が重みがあり、
スポーティーな印象を持ちました。

また、ブレーキペダルにはしっかりと滑り止めも装備されており、
雨の日の運転でも足が滑る心配が無さそうなのも好印象でした。

ヴェゼルRS画像0062

このアクセルやブレーキのフィーリングの違いも注目ポイントの
一つかもしれませんね。

ヴェゼルRSの専用装備4:シート

また、ヴェゼルRS(VEZEL RS)の注目ポイントの一つがシートのデザインと素材。

今回新しく追加されたRSグレードでは、シートに使用されている素材が
他のグレードとは異なります。

こちらがRSのフロントシートのデザイン。

ヴェゼルRS画像0065

そして、こちら後部座席。

ヴェゼルRS画像0051

一方、こちらがヴェゼル/べゼル(VEZEL)のハイブリッドZのシートデザイン。

ヴェゼル画像0095 ヴェゼル画像0097 ヴェゼル画像0096

見た目の雰囲気が全く異なりますよね。

シート中央部の素材が異なる

RSとハイブリッドZではサイドの部分に合成レザーのようなプライムスムースを
使用したコンビシートを採用しているのは共通になっています。

しかし、シート中央部分に使用されている素材が異なりました。

今回新発売されたヴェゼルRS(VEZEL RS)のシート中央部分は、インパネや
アームレストと一緒の肌触りの良いウルトラ スエードを採用。

ヴェゼルRS画像0069

肌触りが柔らかいウルトラスムース素材を使用しているため、
ヴェゼルRS(VEZEL RS)の運転席や助手席はとっても快適。

ホンダのクルマはシートのクッションが硬めになっているのが特徴ですが、
この肌触りの良いウルトラ スエードのおかげでこの硬さが緩和され、
柔らかで座り心地の良いシートになっている印象を持ちました。

ヴェゼルRS画像0060

また、レザーシートと異なりウルトラスエード素材のシートは、
夏は暑くなりにくく、冬は寒くなりにくいのも特徴の一つ。
一年を通して快適な座り心地を楽しめるのは、とても良いと思いました。

また、見た目もスタイリッシュなヴェゼルRS(VEZEL RS)の内装・インテリアに
マッチしているのも好印象でした。

ヴェゼルRS画像0063

今回新発売されたヴェゼルRS(VEZEL RS)の内装・インテリアには、
このような4つの専用の装備や機能が備わっていました。

私が特に良いと思ったのは、ウルトラ スエード素材を使用している
ヴェゼルRS(VEZEL RS)のシート。

しっとりとした優しい肌触りで、人気グレード”ハイブリッドZ”と異なる
座り心地になっていて、とても快適でした。

RSと言うとスポーティーなイメージがありますが、このしっとりとした
肌触りは女性にも人気が出るのかなと思いました。

もしこれからヴェゼルRS(VEZEL RS)を試乗するなら、シートの
座り心地なども含めてこのクルマの専用装備をしっかりと確認してみてくださいね。

ヴェゼルの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です