欠点は機能レス!ヴェゼルRSに付いていない3つの機能&装備とは?


ヴェゼルRS画像0021

2015年一番売れてたSUVホンダヴェゼル/べゼル(VEZEL)から走りの楽しさを
追求したRSグレードが新発売されましたね。

今回新発売されたヴェゼルRS(VEZEL RS)を早速に見に行ってきたのですが、
専用の装備が多く採用されており、内装・外装ともに雰囲気が今まで
発売されていたグレードと全く違う・・・。

ヴェゼル/べゼルと言うとスタイリッシュなイメージを持っていましたが、
このRSに限っては”かなり走りそう”な雰囲気を漂わせていました。

ただその一方、実際にヴェゼルRS(VEZEL RS)を見てみると、
「欠点かも!?」感じたことも・・・。

その欠点とは、今回新発売されたヴェゼルRS(VEZEL RS)は他のグレードと
比べると機能面・装備面で劣る事。

今回新発売されたヴェゼルRS(VEZEL RS)は走り性能を追求したためか、
ハイブリッドZに標準で付いてくる運転を便利にする機能や見た目を良くする
装備が付いていませんでした。

個人的にはこれはちょっと残念・・・。
そんなハイブリッドZには装備されていてヴェゼルRS(VEZEL RS)には
付いていない装備・機能を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

RSに標準装備されない機能1:ルーフレール

今回新発売されたヴェゼルRS(VEZEL RS)には装備されておらずハイブリッドZのみに
標準装備されているアイテムの一つが、ルーフレール。

ヴェゼル画像0105

ヴェゼル(VEZEL)の人気グレード”ハイブリッドZ”では、このルーフレールが
標準装備されていますが、今回新発売されたRSでは装備されていません。

なので、サイドからのデザイン・見た目の雰囲気が若干異なります。
こちらは新たらしく発売されたヴェゼルRS(VEZEL RS)の横からと
斜め後ろからのデザイン。

ヴェゼルRS画像0008 ヴェゼルRS画像0026

そして、こちらがヴェゼル/べゼル(Vezel)の中で人気が高いハイブリッドZの
横からと斜め後ろからのデザイン。

ヴェゼル画像0104 ヴェゼル画像0106

やはりルーフレールがあるモデルとないモデルでは見た目の雰囲気が違いますね。

実際に使用する人はそれほど多くないと思いますが、
やはりルーフレール装備されている方がSUV車っぽい感じになっていると思いました。

今回新発売されたヴェゼルRSはスポーティーさを追求してルーフレールを
標準装備しなかった可能性もありますが、オプション設定にしても良いのかなと
思いました。

ヴェゼルRS画像0004

このように今回新発売されたヴェゼルRS(VEZEL RS)はルーフレールが
標準装備されておらず、また、オプションでも装備する事ができないので
注意してくださいね。

RSに標準装備されない機能2:トノカバー

また、ヴェゼルRS(VEZEL RS)と人気グレード”ハイブリッドZ”の
違いの一つは、トノカバーの有無。
(ちなみにヴェゼルでは、トノカバーの事をラゲッジルームハードボードと
呼んでいます。)

ヴェゼル/べゼル(VEZEL)のハイブリッドZの荷室・ラゲッジスペースを
開けるとこのようにトノカバーが装備されており、RSでも当たり前のように
付いていると思っていました。

 ヴェゼル画像0101

しかし実際にヴェゼルRS(VEZEL RS)の荷室・ラゲッジスペースを確認してみたら、
トノカバーが装備されてませんでした。

ヴェゼルRS画像0070

私がこのクルマを見た時点ではこれが標準仕様なのか、それとも、たまたま
付いていなかったのか分からなかったので、ホンダのスタッフの方に
「RSではトノカバーは標準装備ではないんですか?」と質問してみると・・・。

女性スタッフの方は「このモデルにはトノカバーは付きません。」と、
あっさりと回答・・・。

ヴェゼルRS画像0071

ヴェゼルRS(VEZEL RS)にトノカバーが標準装備されていない事にちょっとショック・・・。
トノカバーは荷室・ラゲッジスペースに置いた荷物を目隠しするのに助かりますよね。

個人的にはトノカバーは必須のアイテムの一つなので、
ヴェゼルRS(VEZEL RS)で標準装備されていないのは、ちょっと残念でした。

今回新発売されたRSは、ヴェゼル/べゼル(VEZEL)の中でも特に価格が
高い最上級グレードなので、トノカバーは標準装備しても良かったのかなと思いました。

ヴェゼルRSでトノカバーを装備したいならオプションで・・・

ちなみに、ヴェゼル/べゼルではトノカバーはディーラーオプション設定に
なっています。

このハイブリッドZに標準装備されているハードタイプともう少し柔らかい
ソフトカバーの2種類が用意されており、このような価格になっています。

■ヴェゼルのトノカバー価格:
ハードタイプ:12,960円
ソフトタイプ: 8,640円

それ程高いオプションではないので、商談の話の進め方によっては
無料サービスでゲットできる可能性も・・・。

ヴェゼルRS(VEZEL RS)の見積もりを貰う際、ダメ元でディーラーさんに
お願いする価値はありそうですね。

RSに標準装備されない機能3:リバース連動ドアミラー

また、今回新発売されたRSに装備されていない機能の一つが、
使い勝手が良いと好評の”リバース連動ドアミラー”。

ヴェゼル画像0098

ヴェゼル/べゼル(VEZEL)に装備されているリバース連動ドアミラー機能とは、
ギアを”バック”に入れると、それに連動して助手席側のサイドミラーが
下向きになる機能のこと。

ヴェゼル/べゼル(VEZEL)はSUVで比較的車高が高くなっており、
死角が多いクルマになっています。

ヴェゼルRS画像0017

この死角を減らすためヴェゼル/べゼル(VEZEL)では、このように大き目の
サイドミラーを搭載し、また、助手席側にはサイドミラーの下にも補助的な
ミラーを装備して死角を減らす工夫をしています。

ヴェゼル画像0099

そして、リバース連動ドアミラー機能も死角を減らす工夫の一つ。

私もヴェゼルRS(VEZEL RS)のハイブリッドZを試乗した際にこの
リバース連動ドアミラーを確認した事があるのですが、とっても便利。

ヴェゼルRS画像0072

バックをする際、ハイブリッドZでは助手席側のサイドミラーが角度を
自動的に下向きにしてくれるので、左側の白線とクルマのの間隔が
確認しやすく好印象。

このリバース連動ドアミラー機能のおかげもあり、べゼル(VEZEL)は
このクラスのカテゴリーの中では一番バック・駐車がしやすいように感じました。

また、しゃがんでいる子供や三輪車などもしっかりと確認できるので、
交通事故の予防にも良い効果があるのかなと、ハイブリッドZを試乗した際思いました。

ただ、このとっても便利なリバース連動ドアミラーがヴェゼルRS(VEZEL RS)では、
装備されていません。また、オプションでも装備されていません。

駐車やバックの際にとっても役に立つこのリバース連動ドアミラー機能が
RSグレードに標準装備されていないのが、少し残念でした。

運転が苦手な人にとっては、リバース連動ドアミラー機能が装備されていないのは
RSを選ぶ上でのデメリット・欠点になり得るのかなと思いました。

ヴェゼルRS画像0021

このように今回新発売されたヴェゼルRS(VEZEL RS)は、ハイブリッドZに比べると
若干機能レスになっていました。

走り性能は他のグレードよりもRSの方が良いかもしれませんが、
装備面・機能面では他のグレードよりも劣ります。

RSの走破性と他のグレードの利便性や見た目の良さのどちらを優先するのか
しっかりと考える必要がありそうですね。

ちなみに、現時点では新型ヴェゼルRSの納期・納車待ちはまだまだ短めみたい。。。

>>> ヴェゼルRSの最新の納車待ち情報はコチラから

これから長くなる可能性もあるので、今がチャンスかもしれませんね^^

ヴェゼルの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です