ヴェルファイア ゴールデンアイズ内装画像【標準車との違いに注目】


ヴェルファイアゴールデンアイズ画像0071

トヨタの高級ミニバン”ヴェルファイア/ベルファイア(Vellfire)”30型の
特別仕様車”ゴールデンアイズ”が2016年7月に新発売されましたね。

先日このヴェルファイアの特別仕様車”ゴールデンアイズ(Golden EYES)”を
見に行ってきたのですが、その名の通り黄金色のヘッドライトをしており、
標準モデルよりもさらに威圧感のあるデザインに・・・。

>>> ヴェルファイア ゴールデンアイズの外装の詳細レビューは、コチラから

このように外装・エクステリアのデザインが大幅に変わり、さらにワイルドな
デザインになったヴェルファイアの特別仕様車”ゴールデンアイズ”ですが、
内装・インテリアのデザインもかなりユニーク!

機能面だけでなく、内装のデザインでもかなり違いがありました。

そんなヴェルファイアの特別仕様車”ゴールデンアイズ(Golden EYES)”の
内装・インテリアの様子を実車の画像を使って紹介したいと思います。

トヨタヴェルファイアの新車見積り

スポンサーリンク

ヴェルファイア ゴールデンアイズの内装:インパネ編

今回新発売された30型のヴェルファイアの特別仕様車”ゴールデンアイズ”の
内装・インパネは、このようになっています。

ヴェルファイアゴールデンアイズ画像0104

今回新発売されたた30型ヴェルファイアの特別仕様車”ゴールデンアイズ”の
内装・インパネは、ベースとなっている3.5リットル”ZAグレード”や
2.5リットルのZAエディションと同様に黒木目調パネルを採用。

ヴェルファイアゴールデンアイズ画像0186

ベースとなっているモデルと同様に高級感のあるオシャレな
雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

また、今回追加発売されたヴェルファイアの特別仕様車は、先代モデルとの
内装・インパネの機能・デザインに若干の違いも・・・。

例えば、ベースとなっているZAエディションやZAグレードは、
フロントドアのみメッキ調のドアハンドルを採用していました。

しかし、今回新発売されたこの新型モデルは、スライドドアの
内側ハンドルにもメッキ調のデザインを採用。

ヴェルファイアゴールデンアイズ画像0729

より高級感のあるデザインになっているように感じました。

また、ドアハンドル以外にもハンドルのデザインが変更されるなど
特別仕様車”ゴールデンアイズ”専用のデザインも・・・。

より高級感・上質感が増したヴェルファイアの特別仕様車”ゴールデンアイズ”の
内装・インテリアは、とても良いと思いました。

ヴェルファイア ゴールデンアイズの内装:メーター編

また、今回新発売されたヴェルファイアの特別仕様車”ゴールデンアイズ”の
メーターは、このようなデザインになっています。

ヴェルファイアメーター画像0001

このクルマは自発光式のオプティトロンメーターを採用しているので、
エンジンを立ち上げないと、どのようなデザインのメーターなのか
あまり良くわかりません。

そして、実際にエンジンを立ち上げると、このような感じ。

ヴェルファイアゴールデンアイズ画像0900

このヴェルファイアの特別仕様車”ゴールデンアイズ”は、ベースモデルと
同様に左側にタコメーター、右側にはスピードメーターを搭載している
複眼式メーターを採用。

ヴェルファイアゴールデンアイズ画像0902 ヴェルファイアゴールデンアイズ画像0905

そして、中央には4.2インチサイズのTFTカラーの
マルチインフォメーションディスプレイを採用。

そして、このマルチインフォメーションディスプレイは、
次のような表示項目が用意されていました。

ヴェルファイアゴールデンアイズ画像0922ヴェルファイアゴールデンアイズ画像0912 ヴェルファイアゴールデンアイズ画像0910 ヴェルファイアゴールデンアイズ画像0917

このように見ると、かなり多くの表示項目が用意されていますよね。
運転中どの画面を表示させておくと良いのか悩むくらい・・・。

マルチインフォメーションディスプレイの表示項目も多く、
また、視認性の良いヴェルファイアの特別仕様車”ゴールデンアイズ”の
メーターに個人的には大満足でした。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です