インプレッサに大注目!東京モーターショー2015スバルのブースの感想


新型インプレッサ画像0012

東京モーターショー2015が開催されましたが、今年もかなりお客さんで
賑わっているみたいですね。

私が行ったプレビューデーでも大勢のお客さんが来場。

トヨタの新型プリウス(Prius)やホンダの新型NSX、マツダのスポーツカー
“RX-VIZION(RXビジョン)”など話題の注目車に人気が集中!

また、東京モーターショー2015のスバルのブースでもインプレッサの
次期モデルのコンセプトカー”インプレッサ 5ドアコンセプト”が出典されており
大いに注目を集めていました。

そんなスバルブースの様子を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

東京モーターショー2015の感想:スバル編

今回の東京モーターショー2015のスバルのブースは東展示棟1階、
レクサス(LEXUS)とダイハツ(Daihatsu)のブースにありました。

今回のスバルのブースで特に注目を集めていたモデル車種は2台。
一つは、メインステージに展示をしてあった”ヴィジヴ フューチャーコンセプト”。

VIZIV画像01

お客さんが多かったため近くで見る事はできなかったのですが、
この”VIZIV フューチャーコンセプト”は、次期フォレスターのような
デザインのSUV車。

フロントグリルに迫力があり、先進性と力強さを兼ね備えた本格的なSUV車らしい
デザインだと思いました。

また、もう一台の注目車種がスバルブースの入り口付近に展示がしてあった
次期インプレッサのコンセプトカー”インプレッサ 5ドアコンセプト”。

このコンセプトカーは2016年末に発売される次期インプレッサ(IMPREZA)の
コンセプトカーモデル。

今度発売される新モデルは、新設計のプラットフォームを採用するという事で
後ほど私が撮った写真を公開しますが、現行モデルよりもスタイリッシュな印象の
クルマになっていました。

また、この注目車種の2台以外にも現行WRX STI初となるSシリーズ”S207″、
フォレスターやXVのマイナーチェンジモデル、そして、2015年10月28日に
発売されたWRX S4 Sportivaなどが出典されていました。

フォレスター画像0001 WRX画像0003 WRX画像0004

ただ、”ヴィジヴ/ビジブ フューチャーコンセプト”や新型インプレッサなどの
注目車種はあったものの、レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)を新発表した前回の
東京モーターショーの方が注目度が高かったような気がしました。

注目車種1:新型インプレッサのコンセプトカーが登場

今回行われた東京モーターショー2015で初お目見えしたスバルの注目車が
この”インプレッサ 5ドアコンセプト”。

この”インプレッサ 5ドアコンセプト”の正面は、このようなデザインになっていました。

新型インプレッサ画像0012 新型インプレッサ画像0013 新型インプレッサ画像0009

現行モデルに比べてかなりスタイリッシュですよね。

フロントのエンブレム横から出ているメッキ調のグリルバーなど現行モデルの
特徴はしっかりと踏襲しつつも、かなり先進的なデザインになっているように
感じました。

また、”コの字”型のヘッドライトもかなりオシャレだと思いました。

新型インプレッサ画像0010

また、横からのデザインは、このようになっています。

新型インプレッサ画像0006 新型インプレッサ画像0008

ボディのサイドの上下に入っているキャラクターラインが大きく、
力強さを感じさせるデザインになっていました。

新型インプレッサ画像0007

また、タイヤはこのようなデザイン。

新型インプレッサ画像0005

ちょっと珍しいブルーが入っているホイールも先進的なデザインに
なっているのように感じました。
また、タイヤサイズは235/40R19になっていました。

そして、こちらがリアからのデザイン。

新型インプレッサ画像0002 新型インプレッサ画像0001

今回展示してあったコンセプトカーは、フロントマスク同様に”コの字”型に
なっているリアコンビネーションランプを採用。

今回東京モーターショー2015に出典されていた”インプレッサ 5ドアコンセプト”は、
横広のリアコンビネーションンライトのおかげで現行モデルよりもワイドな
デザインの印象を持ちました。

また、今回展示してあった”インプレッサ 5ドアコンセプト”を見て気になったのは、
現行サイズよりもひと回り小さく感じた事。

そこでスバルのスタッフの方に出展していたこのモデルのボディサイズを
教えて貰いました。

■インプレッサ 5ドアコンセプトのボディサイズ
全長:4,400mm
全幅:1,880mm
全高:1,440mm
ホイールベース:2,670mm

そして、こちらが現行モデルのボディサイズ。

■現行型インプレッサスポーツのボディサイズ

全長:4,415mm
全幅:1,740mm
全高:1,465mm
ホイールベース:2,645mm

新型インプレッサ画像0006

現行モデルに比べて全幅は大きくなったものの、全長や全高に関しては、
“インプレッサ 5ドアコンセプト”はひと回り小さくなっていました。

実際に発売されるモデルはサイズが変更される可能性もありそうですが、
“インプレッサ 5ドアコンセプト”に関しては、現行モデルよりも
車高が低くなり伸びやかな&スポーティーな印象を持ちました。

ちなみに、今回東京モーターショー2015に展示してあった新型のコンセプト
モデルのパワートレーンについては好評されていません。

しかし、噂によると現行型に登載されている1.6リットるFB型水平対向エンジンを
さらにブラッシュアップした改良型モデルが登載される可能性が高いようです。

改良版のFB型水平対向エンジンも楽しみですね。

新型インプレッサ画像0013

今回の東京モーターショー2015に展示された次期インプレッサ(IMPREZA)は
市販モデルではなく、まだコンセプトモデルでした。

ただ、このコンセプトカーモデルを見る限りでは、
今度発売される新型インプレッサもかなり期待が持てるなと感じました。

>>> 東京モーターショー2015日産ブース IDSコンセプトに注目!はコチラから


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です