東京モーターショー2015のマツダの感想|KOERUとRX-VISIONがスゴイ!


東京モーターショー

東京モーターショー2015が遂に開幕されましたね。

私も限定1万人が入場できるプレビューデーで行って来たのですが、
それでも大盛り上がり!

特に人気が高かったのは新型プリウス(Prius)を出展していたトヨタブースと
新型NSXやシビック タイプRを展示していたホンダブース。

また、トヨタやホンダに比べてブースの規模は大きくなかったものの
マツダのブースもコンセプトカー”越(KOERU)”やスポーツコンセプトカー
“RX-VISION”があり、人気を集めていました。

東京モーターショー2015のマツダブースの様子と、注目車種の
私が撮ってきた注目車種スポーツコンセプトカー”RX-VISION”&越(KOERU)の
画像を一気に公開します。

スポンサーリンク

東京モーターショーの感想:マツダブース編

東京ビックサイトの西館に設置されていた東京モーターショー2015の
マツダブースは、このような感じ。

マツダ画像

ブラックが基調になっていて、トヨタやホンダ、隣に隣接していた
日産のブースに比べると、シックな感じ。

センターのステージに展示してあるのは、世界初公開となるマツダの
スポーツコンセプトカーの”RX-VISION”。

RX-VISION画像0007

また、私個人が注目していた日本初公開となるCX-4と噂されているSUVタイプの
コンセプトカー”越(KOERU)”はメインステージではなく、入り口付近に展示して
ありました。

また、それ以外にもロードスターやアテンザ(ATENZA)・現在人気のCX-3やCX-5など
マツダの市販モデルが数多く展示されていました。

数多くのマツダのクルマが展示してありましたが、スポーツコンセプトカーの
“RX-VISION”と”越(KOERU)”の画像を一気に公開します。

注目車種1:スポーツカーコンセプト”RX-VISION”

今回の東京モーターショーのマツダの一番の注目車種は、
スポーツカーコンセプトの”RX-VISION”。

東京モーターショー2015が公開される前は名前も公開されておらず、また、
公開されたのはティザー画像1枚のみという事で注目を集めていました。

マツダスポーツコンセプト

今回の東京モーターショー2015で初お披露目となったこのマツダの
スポーツコンセプトカーは、このようなデザインになっていました。

RX-VISION画像0009 RX-VISION画像0012 RX-VISION画像0008 RX-VISION画像0002
RX-VISION画像0004

近くにいたマツダのスタッフに話を聞いたところによると、
このスポーツカーコンセプトの名前はRX-VISION。

どうやらロータリーエンジンを復活させることを目標に開発された
クルマのようですね。

ロングノーズ&ショートデッキ、そして、横幅が広いワイドなデザインが
特徴的で、実際にこのクルマをみた印象はかなり大きい・・・。

RX-VISION画像0006

また、鋭いヘッドライトもかなり特徴的だと思いました。

RX-VISION画像0009 RX-VISION画像0010

ただ、このRX-VISIONのサイズをマツダのスタッフに教えてもらったのですが、
実際のサイズはそれ程大きくなく、このようになっているみたいです。

■RX-VISIONのサイズ

全長:4,389mm
全幅:1,925mm
全高:1,160mm

ちなみに、「これはRX-9として発売される予定ですか?」と聞いたところ、

マツダのスタッフの方は、「まだ現時点では決まっていません。
ただ、市販化するにはもう少し時間がかかるかも・・・」
との事。

スタッフに聞いた印象では、RX-9はスグに発売される感じではありませんでした。

ただ、2017年は世界初のロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツが
発売されてから50年の節目を迎えます。
このタイミングでにローターリーエンジンを登載したクルマが復活する可能性も・・・。

このRX-VISIONの市販化、そして、RX-8の生産終了してから発売されていない
ロータリーエンジンの復活にも注目ですね。

注目車種2:越(KOERU)

また、東京モーターショー2015のマツダブースでRX-VISIONとともに
注目を集めていたのが、日本で初公開となるSUV車の”越(KOERU)”。

今回の東京モーターショーで日本初お目見えとなった”越(KOERU)”は、
このようなデザインになっていました。

KOERU画像0001 KOERU画像0002 KOERU画像0010

このクルマのエクステリアの特徴は、伸びやかなデザインになっている
クーペスタイルのクロスオーバーという事。

この越(KOERU)を横からみると、このような感じ。

KOERU画像0007 KOERU画像0004

かなり伸びやかなデザインになっているのが、わかりますよね。
同じサイズ感のCX-5よりもスタイリッシュな印象を受けました。

この”越(KOERU)”の横幅はCX-5とほぼ同じに数値にも関わらず
全高はなんと1500mm。

立体駐車場にもスッポリと収まるサイズになっています。

また、この越(KOERU)のリアからのデザインも特徴的。

KOERU画像0006

左右のリアコンビネーションランプを貫くシルバーのガーニッシュが
特徴的で、CX-3やCX-5に比べて流線的でスタイリッシュなデザインに
なっているように感じました。

また、この越(KOERU)のリアコンビネーションランプも特徴的な
デザインになっていました。

KOERU画像0009

このクルマのリアコンビネーションランプもヘッドライト同様に
猛獣の目のようなデザインになっており、かなりスタイリッシュな
デザインになっていました。

ちなみに、こちらがCX-3のリアからのデザイン。

01-0321

01-0319

明らかに越(KOERU)の方がスタイリッシュになっていますよね。

最近日本ではSUV車が流行っていますが、このような伸びやかな
デザインのクルマはありませんよね。

このクルマは次期CX-7や次期CX-4と言われていますが、
この越(KOERU)を見た限りでは、このまま市販化しても問題が無いくらい
完成度も高そうだと感じました。

マツダのスタッフに市販化の可能性を聞いたところ、
「お客さんの応援の声によっては・・・」と言った感じの反応。

まだ正式な市販化は決まっていないみたいですが、
お客さんの反応も上々のようですし、可能性は高いのかなと思いました。

RX-VISION画像0012

今回の東京モーターショー2015のマツダのブースは、トヨタやホンダと
比べると小さいものの、RX-VISIONや越(KOERU)など注目車種があり、
大盛り上がりでした。

このマツダのブースは、会場になっている東京ビックサイトの西館に
あり、中央入り口からも近くなっています。

もしマツダの注目車種”RX-VISION”や”越(KOERU)”が気になるなら
最初に行くのも良いかもしれませんね。

<<< 東京モーターショー2015レポート1|トヨタ&ホンダの注目車種を公開はコチラから


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です