トヨタ タンク/ルーミーの欠点【機能&装備を見て気になった3つの事】


%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%e7%94%bb%e5%83%8f-0206

2016年11月、新型トールワゴンの兄弟車タンク(TANK)とルーミー(ROOMY)
トヨタの全チャンネルから発売されましたね。

今回新発売されたこの兄弟車は内装・インテリアのデザインは共通ですが、
外装・エクステリアのデザインは異なります。

>>> 新型タンクとルーミーの外装比較【前後左右から違いを徹底チェック】

このようにタイプの異なる外見・エクステリアを用意して好みのデザインを
選べるようになっているのはとても良いと思いましたが、実際に試乗してみると
機能や装備面で欠点だと感じる部分も…。

私が実際にトヨタのタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)を実際に確認をして
気になった部分、競合車・ライバル車に劣っていると感じた欠点・デメリットに
ついて包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トヨタ 新型タンク/ルーミーの欠点1:収納スペース

今回トヨタから新発売されたタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)を見て、
欠点・不満に感じた事の一つが、収納スペース&小物入れ。

この新型モデルには助手席オープントレーや脱着式大型センターダスト
ボックスが装備されるなど、一見すると使い勝手が良い収納スペースが多いように感じます。

■新型タンク/ルーミーのインパネ

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%e7%94%bb%e5%83%8f-1914

■新型タンク/ルーミーの助手席オープントレイ

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%e7%94%bb%e5%83%8f-2254

■新型タンク/ルーミーの脱着式大型センターダストボックス

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%e7%94%bb%e5%83%8f-2209

>>> トヨタ新型タンク/ルーミーの収納スペースの使い勝手レビューはコチラから

また、タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)の後部座席には、運転席側・助手席側ともに
ドリンクホルダーが装備されたシートバックテーブルが装備されています。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%e7%94%bb%e5%83%8f-1922

ファミリーカーらしく様々スペースに収納スペース&小物入れが用意
されているのはとても良いと思ったのですが、残念だったのがいくつかの
収納スペース&小物入れが標準装備ではなく、オプション設定だったこと。

グレードによって異なりますが、今回新発売されたタンク/ルーミーでは、
次の2つの収納スペースは、メーカーオプション設定になっています。

・ドリンクホルダー付シートバックテーブル
・助手席シートアンダートレイ

これらの収納スペースは、メーカーオプションの”コンフォートパッケージ”を
注文すると、装備されます。
(※助手席シートアンダートレーはX系グレードのみオプション設定。)

このようにコンフォートパッケージを装備しないと様々な収納スペースは
装備されませんが、個人的に特に残念だったはシートバックテーブルが
オプション設定だった事。

タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)の競合車・ライバル車の一つでもある
スズキのトールワゴン”ソリオ(SOLIO)”でもシートバックテーブルが
装備されているのですが、上位モデルでは標準装備されています。

■新型ソリオのシートバックテーブル

先代ソリオ0003

また、日産から発売されている軽自動車デイズルークスでもシートバック
テーブルは、標準装備されています。

競合車・ライバル車では標準装備されている収納スペース・小物入れが
オプション設定になっているのは、やはり残念ですよね。

このシートバックテーブルはタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)の注目も
収納スペースの一つだと思うので、せめてカスタムなど上位モデルでは
標準装備にしても良かったのかなと思いました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です