【競合車と同じレベルって本当?】新型スイフトの荷室容量はどのくらいか確認してみた


新型スイフト画像0843

スズキの普通乗用車のフラッグシップモデル新型スイフト(SWIFT)
2017年1月にフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

ホンダのフィット3(Fit3)やトヨタのアクア(Aqua)など競合車・ライバル車と
比較してコンパクトなボディサイズをしており、車体感覚を掴みやすいのが
このクルマの特徴の一つ。

しかし、その一方、この新型モデルは、車内が他のクルマよりも狭く、
また、荷室・ラゲッジスペースも狭いのが欠点、デメリット。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)は、
先代モデルよりも荷室サイズを大きくして、使い勝手を良くしたようです。

今回新発売された新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジスペースの容量は、
どのくらいになったのでしょうか?

先日、このクルマの見積もりを貰った際に荷室容量も確認してきたので、
紹介したいと思います。このクルマと競合車・ライバル車の荷室容量は
どちらの方が優れているのか確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スズキ新型スイフトの荷室容量を確認してみた

今回スズキからフルモデルチェンジをして新発売された4代目新型スイフトの
荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

新型スイフト画像0574

先代モデルに対して、荷室フロアの奥行きが75mmも拡大した事もあり、
たしかに先代モデルよりも一回り荷室・ラゲッジスペースが広くなった印象が…。

実は先代モデルよりもボディサイズは小さくなっているようですが、
後部座席から車両後端までの長さを拡大したことにより、先代モデルよりも
広い荷室・ラゲッジスペースを確保したようです。

ホイールハウスの張り出しも小さく、また、その手前の部分も大きくえぐった
デザインになっており、先代モデルよりも広い横幅を確保しているのも好印象でした。

このように先代モデルよりも一回りをした新型スイフト(SWIFT)の荷室・
ラゲッジスペースですが、荷室容量を確認したところ、こののようになっていました。

■スズキの新型スイフトの荷室容量
後部座席使用時:265リットル
後部座席収納時:579リットル

新型スイフト画像0613

ちなみに、先代モデルのスイフト(SWIFT)の後部座席を使用した時の荷室容量は、
210リットルだったので、55リットルもアップした事に…。

私がこのクルマを試乗をした時にディーラーさんが、
「先代モデルの時はラゲッジスペースが狭いと不評だったので、今回の
新型モデルは、競合車・ライバル車と比較しても十分に満足できるサイズを
確保しました。」
と、仰っていました。

実際に新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジルームを見て、荷室容量&使い勝手は
先代モデルよりも格段に良くなったおり、ディーラーさんが言っている事に
納得できる出来栄えになっているように感じました。

スズキ新型スイフトの荷室容量と競合車を比較してみると…

新型スイフト画像0663

このように先代モデルと比較すると荷室容量が格段に良くなったスズキの
4代目新型スイフト(SWIFT)ですが、ホンダのフィット3、トヨタのアクア、
日産のノートe-POWERなど競合車・ライバル車と比較すると、どうなのでしょうか?

荷室・ラゲッジスペースの容量がアップした4代目新型スイフト(SWIFT)と
競合車・ライバル車と荷室容量を比較してみたので、紹介したいと思います。

■新型スイフトと競合車の荷室容量を比較
・スズキ 新型スイフト
荷室容量:265リットル
・ホンダ フィット3 (ガソリン車)
荷室容量:363リットル
・トヨタ アクア (グレード:X-URBAN)
荷室容量:305リットル
・日産 ノートe-POWER
荷室容量:330Lリットル
・マツダ デミオ
荷室容量:280リットル

先代モデルよりも格段に広くなった新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジ
スペースですが、競合車・ライバル車と比較すると、まだまだ容量は少ない感じが…。

新型スイフト(SWIFT)の荷室容量は、このコンパクトカーカテゴリーの中でも
荷室・ラゲッジスペースが小さいく荷室容量が少ないと言われているマツダの
デミオ(DEMIO)よりも少ない結果に…。

個人的には競合車・ライバル車の一つでもあるマツダのデミオ(DEMIO)と
同等の荷室容量にして貰いたかったです。

新型スイフト画像0662

このように先代モデルよりも荷室が広くなった新型スイフト(SWIFT)ですが、
競合車・ライバル車の荷室容量と比較すると、まだまだ少な目です。

もし荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積む方は新型スイフト(SWIFT)よりも
他のクルマの方が良いのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された4代目新型スイフト(SWIFT)の
荷室・ラゲッジスペースの容量は、このようになっていました。

先代モデルよりも格段に広くなったこの4代目モデルの新型スイフト(SWIFT)ですが、
競合車・ライバル車と比較すると、まだまだ狭いです。また、後部座席を収納すると、
背もたれの部分に大きな段差ができてしまうという欠点・デメリットもあります。

乗り地や走りだけではなく、荷室・ラゲッジルームの広さや使い勝手などにも
こだわりたいという方は、購入前に新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジスペースの
使用感を確認してみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です