同じスズキから発売されている新型スイフトとイグニス【スイフトの方が劣っている事とは?】


新型スイフト画像1075

スズキの人気コンパクトカー新型スイフト(SWIFT)がフルモデルチェンジをして、
新発売されましたが、この競合車・ライバル車の一つが、同じスズキから発売されているコンパクトSUVのイグニス(IGNIS)です。

この2台のモデルはともにボディサイズも近く、また、マイルドハイブリッド車
など同じ機能を搭載しているなど共通点が多く、どちらのモデルを購入しようか
迷っているお客さんも大勢いるようです。

キビキビとした走りや自動追従型のクルーズコントロール、スズキの最新の
安全装備システム”デュアルセンサーブレーキサポート”など新型イグニスよりも
魅力的な部分もたくさんありますが、その一方、新型イグニス(IGNIS)の方が
良いなと思った部分も多々ありました。

私は、新型スイフト(SWIFT)と新型イグニス(IGNIS)のどちらも運転をさせて
貰ったのですが、新型イグニス(IGNIS)の方が新型スイフト(SWIFT)よりも
良いと思った事を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型イグニスの魅力1:後部座席の使い勝手

新型スイフト画像1628

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)よりも
新型イグニス(IGNIS)の方が優れていると感じた事の一つが、後部座席の使い勝手。

どちらのモデルも後部座席周りはそれ程広くありません。
なので、私のような成人男性が後部座席に座ると、若干窮屈な思いをします。

しかし、新型イグニス(IGNIS)では、この後部座席の居住性の欠点・
デメリットを解消するためにスライド機能を備えています。

実際にこのクルマの後部座席を前後にスライドすると、このようになります。

新型イグニス画像0180

狭い空間を有効活用すると言う意味では、この後部座席のスライド機能は、
かなり嬉しいですよね。

一方、新型スイフト(SWIFT)では、このような後部座席のスライド機能は、
装備されていません。また、背もたれのリクライニング機能も装備されていません。

新型スイフト画像0556

なので、後部座席の居住性・快適性は、新型スイフト(SWIFT)よりも
新型イグニスの方が優れているように感じました。

荷室・ラゲッジスぺースの使い勝手にも影響が…

また、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も新型スイフト(SWIFT)よりも
新型イグニスの方が良いように感じます。

どちらのモデルも荷室・ラゲッジスペースはそれ程広くありません。

■新型スイフトの荷室・ラゲッジスペース

新型スイフト画像0574 新型スイフト画像0613

■新型イグニスの荷室・ラゲッジスペース

新型イグニス画像0247 新型イグニス画像0248

新型スイフト(SWIFT)は後部座席が固定式なので、荷室・ラゲッジの奥行きを
変更する事ができません。

しかし、新型イグニス(IGNIS)は後部座席を前後にスライドする事ができるため、
積載する荷物の大きさや量、乗車人数に応じて後部座席の位置を変更する事が可能です。
また、新型イグニス(IGNIS)の後部座席は5対5分割方式なので、
左右片方だけの荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くする事も可能です。

なので、小さいお子さんがいるご家庭や荷物をたくさん荷室・ラゲッジスペースに
積みこむご家庭は、コンパクトカーの中でも特に荷室が狭い新型スイフトよりも
荷室の奥行きを調整できる新型イグニス(IGNIS)の方がピッタリかもしれません。

この使い勝手の良さは、新型スイフト(SWIFT)にはできない新型イグニス(IGNIS)の
メリット&魅力の一つなのかなと思いました。

新型イグニスの魅力2:運転席からの視界

新型スイフト画像-00001

また、新型スイフト(SWIFT)には無い新型イグニス(IGNIS)の魅力の一つは、
運転席からの視界の良さ。

新型イグニス(IGNIS)はコンパクトSUVを謳っているだけあって、新型スイフトなど
コンパクトカーよりも運転席の着座位置(ヒップポイント)が一段高くなっています。

実際に新型スイフト(SWIFT)と新型イグニス(IGNIS)のフロントシートの
着座位置の高さを確認してみると、このような違いがあります。

■新型イグニスとスイフトの着座位置比較
・新型イグニス:680mm
・新型スイフト:550mm

なんとスズキの新型スイフト(SWIFT)よりも新型イグニス(IGNIS)の方が着座位置が、
130mmも高くなっており、運転席からの見晴らし&視界が良いです。

新型イグニス画像0204

実際にこの2台のモデルの運転席に続けて座ってみると、着座位置の高さや
視界の高さの違いを実感します。

なので、新型スイフト(SWIFT)よりも新型イグニスの方が遠くまで見晴らせるので、
運転がしやすいように感じました。

一方、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)は、
先代モデルよりも着座位置が20mm程低くなった事もあり、コンパクトカーの
中でも比較的アイポイントは、低い方なのかなと感じました。
(もちろん運転に支障をきたすレベルではありませんが…)

新型スイフト画像0331

コンパクトカーサイズと思えない運転席の着座位置と視界性の良さは、
新型スイフト(SWIFT)には無い新型イグニス(IGNIS)の魅力&メリットの
一つなのかなと思いました。

新型イグニス画像0204

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)と、同じ
スズキから発売されている競合車・ライバル車の新型イグニス(IGNIS)を
比較したところ、このような違いがありました。

私が実際にこの2台のモデルの比較して、新型スイフト(SWIFT)よりも
新型イグニス(IGNIS)の方が圧倒的に良いと思ったのが、後部座席の使い勝手と快適性。

個人的には、後部座席の居心地が良い新型イグニス(IGNIS)の方が好みでした。

もしどちらのモデルを購入しようか迷っているのなら、2台のモデルを
隅々までしっかりと比較をしてみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です