スズキ 新車&モデルチェンジ情報2017【ワゴンRなど注目車種を続々投入!?】


イグニス画像-00003

2016年、燃費不正問題の影響で販売スケジュールに遅れがでたスズキ(SUZUKI)。

当初2016年に発売予定だった新型モデルがずれ込んだ事により、
2017年はスズキ(SUZUKI)の代表車種・フラッグシップもモデルが続々と
投入される事に…。

特に注目なのが、スズキの軽自動車の代表格でもあるワゴンRのフルモデルチェンジ。

また、2017年内にハスラーのコンパクトカーモデル”ハスラーワイド(仮)”を
発売するとの噂も…。

年明けから続々と新車&ニューモデルを投入しているスズキ(SUZUKI)の
2017年の新車販売スケジュールとモデルチェンジ情報をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

スズキ 2017年の新車販売スケジュール&モデルチェンジ情報

販売スケジュールに遅れの出ているスズキ(SUZUKI)ですが、2017年は
この遅れを取り戻すべく複数車種の、しかもフラッグシップモデルの
のモデルチェンジを予定しています。

そんなスズキ(SUZUKI)の2017年の主なトピックはこのようになっています。

・人気コンパクトカー”スイフト”のモデルチェンジ
・ワゴンRにストロングハイブリッド車を追加して、燃費40.0km/Lを達成!?
・ハスラーの普通乗用車モデル”ハスラーワイド”の発売なるか?

このように2017年はスズキの看板車種”ワゴンR(WGON R)”や”スイフト(SWIFT)”が
フルモデルチェンジをして、新発売される予定になっています。

また、コレだけではなくスズキ(SUZUKI)の人気スーパーハイト系ワゴンの
スペーシア(SPACIA)やキュートなルックスが人気のハスラー(Hustler)の
マイナーチェンジを予定しているとの噂も…。

2017年話題の車種を続々と投入するスズキ(SUZUKI)から目が離せませんね。

バレーノ画像0161

■2017年スズキの新車販売スケジュール
・2017年1月:スイフト(SWIFT)
フルモデルチェンジ
・2017年2月:ワゴンR(ワゴンR)
フルモデルチェンジ
・2017年8月:スペーシア(SPACIA)
フルモデルチェンジ
・2017年12月:ハスラー(Hustler)
マイナーチェンンジ
・2017年12月:ハスラーワイド
新型モデル

2017年に新発売されるスズキの注目車種1:スイフト(SWIFT)

スイフト画像
出展:http://kakaku.com

販売予定日:2017年1月
フルモデルチェンジ

2017年にスズキから発売されニューモデルの一つが、主力商品のスイフト(SWIFT)。

当初は2016年に発売する予定だったようですが、不正燃費問題の影響で発売は
2017年1月に延期…。ただ、ディーラーさんの話によると、売れ行きは上々のようです。

今回新発売されたスイフト(SWIFT)のボディサイズは先代モデルと
ほぼ変わらないデザインになっているものの、フロントマスクなど外装・
エクステリアのデザインは、かなりの違いが…。

この新型モデルはフロントグリルが大きくなり、より押し出し感の強くなった印象になりました。

また、ブラックアウト化された後部座席の後ろのCピラーも太いデザインになっており、
先代モデルと比較して、骨太感のあるデザインに…。

スタイリッシュな印象のあった先代モデルよりもゴツゴツとしたインパクトのある
デザインになった印象を持ちました。

パワートレーンの多さにも注目

また、パワートレーンも注目ポイントの一つ。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスイフト(SWIFT)は、
次の3つのパワートレーンを用意。

・直列4気筒1200㏄ ノーマルエンジン
・1200㏄ マイルドハイブリッド
・1000cc 直噴ターボエンジン

このように用意しているパワートレーンが多いのも
この新型モデルの特徴・メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、スイフト(SWIFT)の
一番人気は燃費性能に優れているマイルドハイブリッド車のようですが、
1000ccの直噴ターボエンジンを搭載さいたモデルの人気も高いようですよ。

2017年に新発売されるスズキの注目車種2:ワゴンR

ワゴンR画像
出展:http://kakaku.com

販売予定日:2017年2月
フルモデルチェンジ

スズキ(SUZUKI)の人気コンパクトカー”スイフト(SWIFT)”に続いて
モデルチェンジをして新発売されるのが、軽自動車のワゴンR(WGON R)。

最近販売面で苦戦しているこのワゴンR(WGON R)ですが、
今回のフルモデルチェンジで外装・エクスエリアのデザインを一新。

どうやら最近のトヨタのクルマのようにフロントグリルを大型化し、
また、シャープなデザインのヘッドライトを搭載したデザインになっており、
現行モデルよりも押し出し感が強くなっているようです。

ストロングハイブリッド車が発売されるとの噂も…

また、パワートレーンも注目ポイントの一つ。

今度フルモデルチェンジをして新発売されるワゴンR(WGON R)では、
現行モデルと同じSエネチャージを搭載したマイルドハイブリッド車だけではなく、
新型ソリオ(SOLIO)で初採用されたストロングハイブリッド車を発売するとの噂も…。

ストロングハイブリッド車の燃費性能は40.0km/Lオーバーを目指しているとの
噂もあり、今度発売されるこの新型モデルから目が離せませんね。

2017年に新発売されるスズキの注目車種3:スペーシア

スペーシア画像
出展:http://kakaku.com

販売予定日:2017年8月
フルモデルチェンジ

2016年12月にフロントマスクの押し出し感を強調したモデル”カスタムZ”を
発売したばかりのスペーシア(SPACIA)もフルモデルチェンジを予定いています。

まだ詳細は明らかになっていませんが、次期モデルではプラットフォームを一新し、
さらに軽量化を図るようです。

また、パワートレーンにはモーターがエンジンの駆動をサポートするSエネチャージの
搭載を予定しているようですが、ワゴンRでも採用するストロングハイブリッド車を
採用する可能性も…。

このスペーシア(SPACIA)の競合車・ライバル車でもあるホンダのNボックス(N-BOX)も
2017年にフルモデルチェンジを予定しており、今年はスーパーハイト系ワゴンの
カテゴリーは、熾烈な争いになりそうですね。

>>> ホンダNボックスなどホンダの2017年の新車販売スケジュール情報はコチラから

2017年に新発売されるスズキの注目車種4:ハスラーワイド

ハスラー画像
出展:http://kakaku.com

販売予定日:2017年12月
フルモデルチェンジ

スイフト、イグニス、バレーノなど最近は普通乗用車の販売にもチカラを
入れているスズキ(SUZUKI)ですが、ハスラーをベースにした普通乗用車
“ハスラーワイド(Hustler WIDE)”の発売するようです。

現在開発が進められているハスラーワイド(Hustler WIDE)はただ単に
ボディサイズが大きくなるだけではなく、内外装のクオリティや質感の
高さにこだわったデザインになるとの噂が…。

また、搭載されるエンジンは3気筒1000ccエンジンを搭載する予定ですが、
スポーツモデルを用意し、ターボエンジンを搭載するとの噂も…。

スズキが発売したコンパクトカーサイズのSUV”イグニス(IGNIS)”と競合しそうな
感じもしますが、相変らず人気が高いだけに車種だけにハスラーワイドの発売も楽しみですね。

%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%82%aahv%e7%94%bb%e5%83%8f-1434-01

2017年のスズキ(SUZUKI)の販売スケジュール&ニューモデル情報は、
このようになっていました。

2016年はストロングハイブリッド車の発売など話題をさらっていたスズキですが、
スイフトやワゴンRのフルモデルチェンジなど2017年も目が離せなそうですね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です