【車選びの一つとして…】新古車も検討したら一気に選択肢が広がりますよ!


自動車画像0023

せっかく車を購入するのなら、何も汚れていないピッカピカの外装・内装をした
また、乗り込んだ時に独特の匂いのする新車に乗りたいですよね。

ただ、発売されたばかりの新車はやっぱり高い…。
ディーラーさんの値引きも極わずかですしね。

「まっさらな新車を購入したくても、ちょっと予算が…」と、思っている方に
おススメなのが、”新古車(登録済み未使用車)”です。

のち程詳しくご説明しますが、車購入の一つの候補として新古車(登録済み未使用車)を
選択肢にいれると、一気に選択肢が広がる可能性が…。

そんな新古車について、メリット・デメリットも含めて詳しく紹介したいと思います。

ちなみに、新古車と言う言葉が一般に広く知れ渡っていますが、新車と間違えるような
紛らわしい表現との理由で、現在、公正取引協会が新古車という呼称を禁止しております。
そして、”新古車”は”登録済み使用車”と言う言葉を使用する事が
定められています。

なので、こちらのサイトでは今後”新古車”の事を”登録済み使用車(以下、未使用車)”と
言う言葉で統一させて頂きます。

スポンサーリンク

そもそも未使用車って何?

最近耳にする事も多くなってきた”未使用車”ですが、カンタンに言うと、
ナンバー登録だけして、手放したクルマの事です。

自動車画像0002

一応一度ナンバー登録はされているので”中古車”と言う扱いになってしまいますが、
ナンバー登録をしただけで手放した車種が多く、新品同様のキレイなクルマに
なっているのが特徴です。

時々、展示車や試乗車を購入する方もいますが、多くの方が乗り降りをする
未使用車の方が展示車・試乗車よりも状態がキレイなものが多くなっています。

展示車や試乗車は、このようにもうすでに傷があるモデルもありますが、
未使用車の場合は誰も乗っていない事が多いため、このような傷や汚れも無い事が多いです。

また、走行距離に関しても新車とほぼ同様。
本当にナンバー登録だけをして手放したモデルなら新車と同様に数十kmと言う事も…。

このように中古車でありながら、新車と同様の状態を保っている事から、
最近は未使用車の人気が高まってきています。

なぜ未使用車が市場に出回るの?

そもそも新車同然の中古車の”未使用車”が市場に出回るのでしょうか?

未使用車が市場に出回るのには様々な理由がありますが、主な理由はこのようになっています。

・販売台数の水増し
・ディーラーのノルマ達成のため
・注文後のキャンセル車
・展示車&試乗車
・購入後のスグ売却

自動車画像0017

このように様々な理由がありますが、ほとんどがメーカーとディーラーの
都合で未使用車が市場に出回ると言われています。

例えば、メーカーは何らかの理由でその車種の販売台数を伸ばしたいために
ディーラーにそのクルマの購入&ナンバー登録を課すケースがあるようです。

また、ディーラーもクルマの月間やクルマごとの販売台数のノルマや
目標販売台数を達成すると貰える報奨金(インセンティブ)が定められています。
そして、このようなノルマや目標を達成したかのように見せかけるために
自社でクルマを購入するケースもあるようです。

このような理由で購入され、ディーラーや中古車販売店などで発売されているのが、
未使用車です。

ただ、未使用車には、ディーラーで普通に購入する新車とは異なるメリット&
デメリットも存在します。

未使用車を購入するメリット

自動車画像0009

新車とは異なる未使用車のメリットの一つは、何といっても価格。

新車同然のキレイなモデルが、中古車として販売されているので、
新車よりも車体本体価格が安い価格で発売されています。

また、未使用車のメリットの一つが、各種自動車税が免除される事。

未使用車はナンバー登録がされていて、自動車重量税などが
もうすでに払われているため、払う必要がありません。また、4月1日以降に
購入した場合は、購入した年の自動車税も免除されます。

未使用車の購入と言うと、車体本体価格の安さのみにとらわれがちですが、
自動車重量税など諸経費が安くなるのが、実は一番のメリットです。

 バレーノ画像0122

エコカー減税対象外で車体重量が重たいミニバンやSUVなどでは
自動車重量両税だけでかなりの負担に…。

この自動車重量税など諸経費を抑えられるのは、かなりのメリットですよね。
新車と未使用車では税金など諸経費・費用だけでも10万円ちかく変わってくる事も…。

車体本体価格だけではなく、余計な費用を抑えられるとなれば…
未使用車が人気なのも納得ですよね。

もし少しでもクルマを安く購入したいのなら、未使用車を選択肢の一つとして
入れるのは、とても良い事だと思いますよ。

未使用車を購入するデメリット&欠点

良い事ばっかりの感じがする未使用車ですが、実はデメリット&欠点も…。

その未使用車のデメリットの一つが、自分の好きなグレードやボディカラー・
内装色を選択できない可能性がある事。

新車の購入では、好きなボディカラーや内装色を組み合わせてリクエスト
する事ができますが、未使用車の場合、もうすでに完成しているクルマを
購入するので、グレードやカラーに限りがあります。

もしかしたらあなたが欲しいボディカラーやグレードの未使用車が
市場に出回っていない可能性も…。

レヴォーグSTIスポーツ画像0983

また、ボディカラーなどと同様にオプションも注意が必要です。

ディーラーさんで装備をするフロアマットやサンバイザー、ETC車載器は
装備する事は可能ですが、両側スライドドアやサンルーフ、シートヒーターなど
製造時に装備されるオプションが装備されていなければ、それまででです
後から注文して装備する事はできません。

なので、未使用車を購入する場合、オプションやカラー、内装色
多少妥協をする必要があるかもしれません。

未使用車は安くて良い反面、このようなデメリット・欠点もあるので、
注意をしてくださいね。

自動車画像0009

市場に出回っている未使用車の台数は、メーカーや車種によってまちまちです。
また、時期によっても変動します。
(一般的にスズキやダイハツなどのクルマは、多いと言われていますが…)

ボディカラーやオプションなど本当に欲しいクルマが見つからないかもしれませんが、
新車と同様のキレイなクルマが安い価格で購入できるのは、魅力的ですよね。

もしかしたら未使用車にする事で、一つ上のグレードのクルマを買える可能性も…。
また、予算上諦めていた本当に欲しいクルマが買える可能性も…。

このように未使用車を選択肢に入れることによって、選択できるクルマがグッと広がります。

未使用車の台数は、時期や車種によって本当に変動するので確実にあると言えないのですが、
ディーラーなどに聞いてみるのは、”タダ”です。

「絶対に新車が欲しい!未使用車は絶対にイヤ!」と言うこだわりが無ければ、
新車購入時にディーラーさんなどに一度未使用車の在庫の有無を確認してみるのも
おススメですよ。

もしかしたら意外な掘り出し物があるかもしれませんよ。

未使用車を探す


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です