メーターはオシャレで見やすい!?|新型シエンタ ハイブリッド内装④


新型シエンタ画像0225

2015年6月にトヨタの小型ミニバンの新型シエンタ(SIENTA)
フルモデルチェンジをして、新発売されました。

今回、新型シエンタ(SIENTA)はフルモデルチェンジをして、質感が大幅にアップ。
メーターのデザインも、単眼式メーターから複眼式メーターに変更され、
見やすさ・デザイン性もアップしました。

また、新型シエンタ(SIENTA)のハイブリッド車のメーターは、
ガソリン車とは異なる専用のデザインになっていました。

また、ハイブリッド車ならではのコンテンツも多く採用されており
運転していて使いやすいデザインになっていました。

スポンサーリンク

ハイブリッドのメーターは、オシャレになった!?

新型シエンタ(SIENTA)のハイブリッド車のメーターは、
このようなデザインになっています。

新型シエンタ画像0270

シンプルなデザインながら、鮮やかで良いですよね。

フルモデルチェンジをした今回モデルから自発光式の
オプティトロンメーターを採用。

ちなみに、先代モデルは、このようなアナログのメーターでした。

先代シエンタ画像0010

先代モデルと比べると、メーターのデザインもオシャレになり、
見やすくなりました。

また、メーターの位置も中央から運転席前に変更された事により、
メーターの大きさも大きくなりました。

新型シエンタ画像0266

メーターの左側は、ハイブリッドシステムインジケーター。
このハイブリッドシステムインジケーターは、ハイブリッド車専用に
なっています。

新型シエンタ(SIENTA)のメーターの右側にあるのは、スピードメーター。

そして、ハイブリッドシステムインジケーターとスピードメーターの
間にあるのは、4.2インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイが
装備されています。

ちなみに、今回はハイブリッド車の最上位グレード”Gグレード”の画像を
使用していますが、ハイブリッド車はGグレードと下位”Xグレードともに、
このデザインのメーターが採用されています。

スピードメーターのデザイン

新型シエンタ(SIENTA)のハイブリッド車の右側に登載されている
スピードメーター。

スピードメーターのデザインは、このようになっています。

新型シエンタ画像0279

文字の大きさ、明るさも十分でとても見やすい印象を持ちました。

基本的には、ガソリン車とスピードメーターのデザインは同じなのですが、
メーターの針がガソリン車と異なります。

新型シエンタ(SIENTA)ハイブリッド車は、専用のホワイトっぽいカラーの針を採用。

一方、ガソリン車はオレンジ色っぽいカラーの針を採用していました。

新型シエンタ画像0278

メーターの針のデザインが違うだけで、印象がガラっと変わりますね。
この針のカラーの違いもあり、新型シエンタ(SIENTA)のハイブリッド車の方が
スタイリッシュな印象を持ちました。

ハイブリッドシステムインジケーター

メーターの左側に登載されているメーターは、
ハイブリッドシステムインジケーター。

新型シエンタ画像0271

この新型シエンタ(SIENTA)のハイブリッドシステムインジケーターは、
エコな運転をしているのかなどを分かりやすく表示をしてくれる機能。

基本的に、メーターの針が右に行くに連れて、
エンジンを使用した燃費に悪い運転をしている事になります。

例えば、”PWR”と書かれているエリアにメーターの針が示しているときは
ほとんどガソリンエンジンを主体としたパワー重視の走行状態を表します。

なので、燃費は著しく悪くなります。

一方、EV走行などほとんどガソリンを使用していない場合は、
“ECO”と書かれたエリアの水色の部分にメーターの針が示します。

できるだけ”ECO”エリアから出ないように
このハイブリッドシステムインジケーターを確認しながら運転をすれば、
燃費の良い運転ができそうだなと思いました。

個人的には、新型シエンタ(SIENTA)のガソリン車に装備されている
タコメーターよりも見る機会が多いかなと思いました。

マルチインフォメーションディスプレイ

新型シエンタ(SIENTA)のメーターの中央に装備されているのは、
マルチインフォメーションディスプレイ。

新型シエンタ画像0275

このマルチインフォメーションディスプレイでは、
走行距離やガソリンタンクの残量など走行に関する情報や燃費情報など
様々な情報を表示してくれます。

このマルチインフォメーションディスプレイの操作方法も
とってもカンタン。
ハンドルの右側にあるステアリングスイッチで操作する事が可能です。

新型シエンタ画像0214

新型シエンタ画像0201

そして、新型シエンタ(SIENTA)のハイブリッド車の
マルチインフォメーションディスプレイでは、このようなモノが
表示する事が可能です。

エナジーフロー

新型シエンタ画像0272

エコジャッジ

新型シエンタ画像0276

燃費計

新型シエンタ画像0277

ガソリン残量

新型シエンタ画像0274

などなど・・・

このように新型シエンタ(SIENTA)ハイブリッドのメーターは、
見やすさも情報量も先代モデルと比べて、格段にアップしました。

個人的にはオシャレなデザインになった新型シエンタ(SIENTA)のメーターの
デザインや操作性は、気に入りました。

ただ、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目が多すぎて
どれを普段表示すれば良いのか悩みそうです。

<<< 新型シエンタ HVの内装③ 運転席まわりの収納は少ない!?は、コチラから

>>> 新型シエンタ HVの内装⑤ ドリンクホルダーの使い勝手は悪い!?は、コチラから

>>> 新型シエンタHV GとXを比較① 内装・インパネはどこが違う?は、コチラから

シエンタの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です