新型シエンタ ハイブリッドの内装①|インパネを徹底的にレビュー


新型シエンタ画像0104

トヨタから新型シエンタ(SIENTA)がフルモデルチェンジをして、
新発売されましたね。

今回新発売された新型シエンタ(SIENTA)の注目ポイントは、
ハイブリッド車が用意されたこと。

私がお世話になっているディーラーさんに確認したところ、
予約の段階&発売直後では、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が
売れ行きは好調のようです。

先日、そんな新型シエンタ(SIENTA)ハイブリッド車を見てきたのですが、
外装・エクステリアだけでは無く、内装・インテリアの質感も上々!

先代モデルに比べて、かなり高級感がアップしました。
また、ハイブリッド車ならではのデザインになっている部分もあり、
良かったです。

そんな新型シエンタ(SIENTA)ハイブリッド車の内装・インテイアを紹介します。
ちなみに、今回私が見た新型シエンタ(SIENTA)ハイブリッドのグレードは、
最上級グレードの”Gグレード”です。

>>> 新型シエンタ HV”Gグレード”とXグレードの違いは、コチラから

スポンサーリンク

新型シエンタHV 内装・インパネのレビュー

インパネ全体の画像 オレンジ色のラインがオシャレ~

新型シエンタ(SIENTA)のインパネ全体のデザインはこのようになっています。

新型シエンタ画像0180

ワンポイントで入っているオレンジのラインがオシャレですよね。
先代モデルに比べて、高級感が増したように感じました。

ちなみに、ハンドルを横から見ると、ハンドルにもワンポイントで
オンレンジ色のラインが入っていました。

新型シエンタ画像0182

このオレンジ色のラインがオシャレですよね。

また、メーターの位置も変更。

先代モデルは、センターメーターを採用していましたが、
新型シエンタ(SIENTA)はメーターの位置が運転席の前に変更されました。

個人的には先代モデルよりもメーターが見やすくなったように感じました。

新型シエンタ画像0088

ちなみに、こちらの内装カラーはブラック。
ハイブリッド車の最上位グレードのGグレードの内装カラーは、
ブラック以外にフロマージュも用意されています。

フロマージュの内装カラーは、このようになっています。

新型シエンタ画像0185

ブラックの方は引き締まって見えますが、
フロマージュの方が内装が明るく見えますね。

フロマージュの方が室内が広く見えました。
汚れが若干気になりますが、明るい内装が好みの方は、
コチラを選択しても良いかもしれませんね。

運転席前のインパネ HV専用カラーがGood!

運転席前のインパネは、このようなデザインになっています。

新型シエンタ画像0181

メーターがハンドルの上部に設置されているのが、特徴的ですよね。
しかし、薄型のデザインになっているので、運転中の視界を妨げないのが
良かったです。

>>> 新型シエンタの試乗の感想 運転席からの視界については、コチラから

また、ハイブリッドGグレードで標準装備されるエンジンスターターは、
ハイブリッド車専用カラーのブルーになっていました。

新型シエンタ画像0184

このようにハイブリッド車とガソリン車で差別化がされているのは、嬉しいですよね。

また、ハンドルの左側には、ハイブリッド車専用の機能のEV走行モードや
エコモードのスイッチが用意されていました。

新型シエンタ画像0189

ただ、実際に操作すると、ちょっと押しづらかったです・・・。

このように多少新型シエンタ(SIENTA)ハイブリッド車とガソリン車は、
装備やデザインが異なりました。

インパネ中央 エアコンコントローラーは使いやすそう!

新型シエンタ(SIENTA)のインパネ中央は、このようなデザインになっています。

新型シエンタ画像0190

先代モデルと異なり、メーターが無くなったので、
インパネの中央のデザインがスッキリしましたね。

新型シエンタ(SIENTA)に装備されるシフトレバーは、アクア(AQUA)と同じ
前後にガチャガチャとスライドするタイプ。

残念ながらプリウスのような電動式のシフトレバーには、なっていませんでした。

しかし、新型シエンタ(SIENTA)はアクアがベースになっているので、
仕方ないかもしれませんね。

また、エアコンのコントローラーはこのようなデザインになっています。

新型シエンタ画像0191

新型シエンタ(SIENTA)Gグレードは、オートエアコンが標準装備。
最近はタッチパネルのエアコンコントローラーを装備しているクルマも
増えてきている中、比較的シンプルなデザイン。

しかし、ダイヤルもスイッチも大きいので、運転しながらの操作も
ラクラクできました。
この操作性の良さは、新型シエンタの良い部分だと思いました。

また、このエアコンのコントローラーは、スイッチの部分などが
夜になると発色するようです。
私も試乗した時に確認したのですが、柔らかいオレンジ色に発色して、
オシャレでした。

助手席前インパネ 収納スペースがGood!

新型シエンタ(SIENTA)の助手席前のインパネは、このようになっています。

新型シエンタ画像0186

助手席席前のインパネは、収納スペースがたくさん!。

助手席前のインパネの上部には、フタを閉じても内部のカラーが
一部見えているアッパーボックスが装備されています。

新型シエンタ画像0178

ちょっとオシャレですよね^^
このアッパーボックスを開けると、このようになっています。

新型シエンタ画像0187

このボックスの内部は、オレンジ一色。
かなりハデですね。

奥行きはあるものの、高さが無く、また形がちょっとイビツなため
車検証などは入らないサイズ。
ティッシュやウェットティッシュ、折り畳み傘など
あったら便利なものを置くのに良さそうです。

そして、アッパーボックスの下にあるのは、トレー。

新型シエンタ画像0177

これは助手席に座った人のスマホや財布、ポーチなどを置くのに
便利そうだと思いました。

そして、新型シエンタ(SIENTA)のトレーの下に用意されているのが、
グローブボックス。

新型シエンタ画像0179

深さも奥行きも十分。
ただ、車検証をいれてしまうと、いっぱいになってしまうサイズ。
もし、それ以外の物を収納したかったら、アッパーボックスなどにいれるしか
無さそうだなと思いました。

新型シエンタ画像0091

今回フルモデルチェンジをした新型シエンタ(SIENTA)は、
先代モデルに比べて、格段に質感がアップしたように感じました。

ちょっとプラスチックの部分が多いので、
新型シエンタ(SIENTA)の内装・インパネには、”高級感”はありません。

しかし、このクルマのカテゴリーを考えると、
十分すぎるほどの装備と機能・使いやすさを備えているなと思いました。

 >>> 新型シエンタ HVの内装② 運転席まわりの機能&装備レビューは、コチラから

シエンタの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です