3列目シートの格納の違い&ラクさ比べ|新型シエンタとフリード比較4


新型シエンタ画像0414

トヨタからコンパクトミニバンの新型シエンタ(SIENTA)
フルモデルチェンジをして新発売されましたね。

先日、この新型シエンタ(SIENTA)の競合車の一つのホンダの
フリード(FREED)を見てきました。

新型シエンタ(SIENTA)とフリード(Freed)を比べて利便性が異なると思ったのは、
3列目シートの格納方法。

コンパクトミニバンの新型シエンタ(SIENTA)とフリード(Freed)の
3列目シート(サードシート)の格納方法の違い、また、どちらの方が
格納しやすいかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型シエンタ(SIENTA)の3列目シートの格納方法

新型シエンタ(SIENTA)の3列目シートはこのようなデザインになっています。

新型シエンタ画像0357

そして、荷室・ラゲッジゲート側からの様子はこのようになっています。

新型シエンタ画像0400

この新型シエンタ(SIENTA)の3列目シートの格納方法は、
2列目シートの下に格納するタイプ。

実際にこのクルマの3列目シートを格納すると、このような感じになります。

新型シエンタ画像0529 新型シエンタ画像0530

3列目シートが2列目シートの下に潜り込ませるようなデザインに
なっているので、3列目シート格納時の荷室・ラゲッジスペースがスッキリと
していますよね。

また、新型シエンタ(SIENTA)の3列目シートの格納方法もとってもラク。
この点もこのクルマの良い部分だと思いました。

新型シエンタ(SIENTA)の3列目シートの格納方法

このクルマの3列目シートの格納は4ステップで行う事が可能です。

1. 2列目シートを前方にタンブル

新型シエンタ(SIENTA)の3列目シートを格納するスペースを作るために
2列目シートを前方にタンブルさせておきます。

新型シエンタ画像0175

ちなみに、2列目シートを前方にタンブルするには、
シートの横にレバーを引っ張るだけ。

新型シエンタ画像0176

この2列目シート横のレバーを引くと、シートのロックが自動的に外れ
前方にタンブルされます。

2. 3列目シートの背もたれを倒す

新型シエンタ(SIENTA)の3列目シートの肩口に装備されたレバーを引いて
背もたれを倒します。

新型シエンタ画像0168

3. 3列目シートを前方にスライドさせる

新型シエンタ(SIENTA)の座面の下にあるストラップを引き、また、
背もたれの後ろについてある取っ手を持って、前方にスライドさせます。

新型シエンタ画像0515

そうすると、このように3列目シートが2列目(セカンドシート)の下の
スペースに格納がされます。

新型シエンタ画像0521新型シエンタ画像0538

ただ、ちょっと残念なのは2列目シート下のスペースに潜り込ませる時。

3列目シート全体をを一度持ち上げるような形になるのですが、
この時に少しシートの重さを感じました。

この3列目シートを2列目シート下のスペースに潜り込ませる作業を
もう少しラクに&スムーズにできると完璧だったのかなと思いました。

>>> 3列目シートの格納で私が面倒に感じたところはコチラから

4. 2列目シートを元に戻す

新型シエンタ(SIENTA)の3列目シートを格納するためにタンブルした
2列目シートを元に戻す。

新型シエンタ画像0529

これで3列目シートの格納は終了です!

新型シエンタ(SIENTA)の3列目シートの潜り込ませる時に少しチカラが
いりますが、これさえ慣れてしまうとスムーズにできるのかなといった
印象を持ちました。

フリード(Freed)の3列目シートの格納方法

フリード(Freed)の3列目シートは、このようなデザインになっています。

フリード画像0031

レザー調のプライムスムース×スウェード調のファブリック素材で
見た目だけでは無く、座り心地も十分。

そして、このクルマの3列目シートを荷室・ラゲッジスペース側から
見るとこのようなデザインになっています。

フリード画像0005

そして、この3列目シートを格納するとこのようになります。

フリード画像0002

フリード(Freed)の3列目シートの格納方法は新型シエンタ(SIENTA)と
異なり跳ね上げ方式。

跳ね上げた3列目シートが大きい事もあり、荷室・ラゲッジスペースが
新型シエンタ(SIENTA)よりも狭く感じました。

この2台のクルマを見比べて、この荷室・ラゲッジスペースの横幅が
狭くなる事は3列目シートの跳ね上げ方式の欠点だなと感じました。

また、フリード(Freed)の3列目シートの格納は
新型シエンタ(SIENTA)よりも少し大変に感じてしまいました。

フリード(Freed)の3列目シートの格納

フリード(Freed)の3列目シートの格納も新型シエンタ(SIENTA)よりも
1ステップ多い5ステップで行う事ができました。

1. ヘッドレストの収納

フリード(Freed)の3列目シートを格納するときにヘッドレストが邪魔になるので、
一番下まで下げるかもしくは、取り外します。

フリード画像0032

2. 背もたれを前方に倒す

フリード(Freed)の3列目シートの背もたれを前方に倒します。

フリード画像0017

ただ、この背もたれを倒す時もちょっと残念な事が・・・。

この3列目シートの背もたれを倒す時のレバーはシートの横に
装備されています。

フリード画像0074

なので、背もたれを倒す時のレバー操作がちょっと面倒でした。
新型シエンタ(SIENTA)のように背もたれの肩口にある方が便利だと思いました。


3. 3列目シートの跳ね上げ

フリード(Freed)の3列目シートの脚元にあるストラップを引いて、
3列目シートを持ち上げます。

フリード画像0006 フリード画像0073

ただ、この脚元にあるストラップを引くとロックは外れますが、
自分のチカラでシートを持ち上げないといけません。

 このシートも重たいので持ち上げるのが少し大変・・・。
女性のチカラだとかなり大変だと思いました。

実際にホンダにいた女性スタッフにこの3列目シートの跳ね上げた時の
感想を聞いてみたのですが、「ちょっと重たくて大変です・・・。」と、
正直に言っていました。

4. フックで3列目シートを固定

フリード(Freed)の3列目シートに装備されているストラップを
固定用フックに引っ掛けて3列目シートを固定します。

フリード画像0015 フリード画像0068

また、このフリード(Freed)の3列目シートを固定するのも一苦労。

このクルマの3列目シートは窓枠に自動的に固定される訳ではありません。
なので、持ち上げた3列目シートを片手で抑えながらストラップを固定フックに
引っ掛けないといけません。

男性の私が操作してもコレは少し大変でした。

5. 脚を折りたたむ

ストラップを固定フックに引っ掛けた後、張り出しているフリード(Freed)の
3列目シートの脚を折りたたみます。

フリード画像0075 フリード画像0069 フリード画像0077

これで完成です!

操作方法はそれ程難しくありませんでしたが、
実際にこのクルマの3列目シートを格納するのはチカラがいると思いました。

 3列目シートの格納がラクなのはどっち?

このように3列目シートの格納方式が全く異なる
新型シエンタ(SIENTA)とフリード(Freed)。

この2台のクルマの3列目シートの格納を何回か試してみたのですが、
格納がラクだと思ったのは新型シエンタ(SIENTA)の方。

新型シエンタ(SIENTA)の3列目シートの格納を初めて試した時、
2列目シート下にもぐりこます時に少しチカラがいるので大変だなと思いました。

新型シエンタ画像0538

私の妻も実際にこの3列目シートの格納を試した時は
「少し重たくて面倒。
新型ヴォクシーなどのように自動で跳ね上がる方がラクで良い。」

と、言っていました。

しかし、実際に新型シエンタ(SIENTA)の競合車のフリード(Freed)の
3列目シートの格納操作を試したら、明らかにフリード(Freed)の方が大変・・・。

特にシートを抑えながら、ストラップで固定するのが大変でした。

フリード画像0071

私は3列目シートを固定する時、シートが落ちて来るのが怖かったので
手がプルプルとするくらいガッチリと抑えちゃいました。

最近は新型ヴォクシーなど3列目シートが自動的に跳ね上がる
クルマなどもあり、それらのクルマと比べると新型シエンタ(SIENTA)の
3列目シートの格納は少し大変です。

しかし、競合車のフリード(Freed)と比べると新型シエンタ(SIENTA)の方が
圧倒的にラクだと思いました。

<<< シエンタとフリード比較3 インパネの違い&使い勝手の感想はコチラから

シエンタの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です