カラーバリエーションが豊富|新型シエンタで選択できる色は何種類?


新型シエンタ0002トヨタから発売されている5ナンバーサイズのミニバン
新型シエンタ(SIENTA)がフルモデルチェンジをして発売されますね。

今まで新型シエンタ(SIENTA)はトヨタカローラのみでの発売だったのですが、
今回からトヨタ全店で発売される予定のようです。
販売店舗も増えることから売れ行きも一気に増えそうですね。

フルモデルチェンジをして
一新される新型シエンタ(SIENTA)ですが、カラーバリエーションも
大幅に変更される予定のようです。

スポンサーリンク

新型シエンタ(SIENTA)のカラーバリエーション

今回発売される新型シエンタ(SIENTA)のカラーバリエーションは、
こちらの8色

・グリーンマイカメタリック
・ブルーメタリック
・シルバーメタリック
・ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン
・エアーイエロー
・レッドマイカ
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・ブラックマイカ

新型シエンタ(SIENTA)はファミリー層をターゲットにしているだけあって、
定番カラーだけでは無く、ビビットなカラーも用意されているんですね。

また、基本のボディーカラーは上記の8色なのですが、
オプションの”フレックスストーン”を利用する事、オリジナルのカラーに
カスタマイズする事も可能です。

フレックスストーンって何?

フレックスストーンとは、基本ボディカラーとグリルや前後のバンパーなど
樹脂パーツ部分をコーディネイトする事ができるオプション設定の事。

新型シエンタ画像0094

新型シエンタ(SIENTA)では、ブラック調になっている
フォグランプまわりからライトに続くバンパー部分など樹脂パーツが部分
違うカラーに設定できるようです。

2015年にビッグマイナーチェンジをした際に新設定された
アクア(AQUA)でもSUV風デザインの”Xアーバン”が設定され、
このように外装・エクステリアの一部を別のカラーする事ができました。

アクア0001

アクア0003

新型シエンタ(SIENTA)でもこのようなイメージになりそうですね。

フレックスストーンの種類

新型シエンタ(SIENTA)では次の5種類のフレックスストーンが
用意されています。

・アクロバットスタイル
ベースカラー:エアーイエロー
樹脂パーツ色:ブルーメタリック

・アーバンスタイル
ベースカラー:グリーンマイカメタリック
樹脂パーツ色:ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン

・クールスタイル
ベースカラー:シルバーメタリック
樹脂パーツ色:ブルーメタリック

・モダンスタイル
ベースカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン
樹脂パーツ色:ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン

・スポーツスタイル
ベースカラー:ブラックマイカ
樹脂パーツ色:ブルーメタリック

新型シエンタ画像0105

新型シエンタ(SIENTA)のフレックスストーンを含めると合計13色。
カラーバリエーションも多く設定されているのが、嬉しいですよね。

新型シエンタ(SIENTA)は売れ筋のクルマになりそうですが、
他の人と被りたくないオリジナルのクルマに乗りたいと
思っているなら、このフレックスストーンを選んでも良いかもしれませんね。

ちなみに、私は早速新型シエンタを見に行ってきました。
フレックスストーン・モノトーンなど様々なボディカラーの新型シエンタの
写真を撮ってきたので、もし良かったら見てみてください。

>>> 新型シエンタのボディカラーは、コチラから

シエンタの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です