新型シエンタの燃費|フルモデルチェンジで燃費が大幅改善


新型シエンタ0002
5ナンバーサイズの小型ミニバンの“新型シエンタ(SIENTA)”

見た目もキュートで取りまわしもしやすいので、
子育て世代のママを中心に人気のようですね。

そんなシエンタ(SIENTA)がようやくフルモデルチェンジをするようですね。
現行モデルのシエンタ(SIENTA)が発売されたのは、2011年6月。

なので、シエンタ(SIENTA)がフルモデルチェンジをするのは4年ぶり。

新型シエンタ(SIENTA)になり、外見・エクステリアも大幅に変更。
現行モデルのシンプルでカワイイ雰囲気のデザインから
ちょっとワイルドなデザインになりました。

新型シエンタ0004

ちょっと見慣れるまで時間が掛かりそうなデザイン・・・。
どうやらアーバントレッキングシューズをイメージした
デザインのようです。

また、今回新発売される新型シエンタ(SIENTA)ですが、
ハイブリッド車も発売されるのも注目ポイントですよね。

そんな新型シエンタ(SIENTA)の燃費が判明しました

スポンサーリンク

新型シエンタ(SIENTA)の燃費

今回フルモデルチェンジをして新発売される新型シエンタ(SIENTA)は、
ハイブリッド車とガソリン車の2つのタイプで発売されます。

それぞれのモデルの最高燃費は、このようになっています。

ハイブリッド車:27.2km/L
ガソリン車      :20.6km/L

新型シエンタ0002

ハイブリッド車で30.0km/Lは達成しませんでしたが、
3列ミニバンとしては、十分な燃費性能ですよね。
ちなみに、新型シエンタ(SIENTA)ハイブリッド車を開発当初の
目標燃費は、26.2km/Lだったようです。

また、ガソリン車も現行モデルよりも大幅に
燃費性能がアップしました。

現行モデルの燃費は?

トヨタ シエンタの現行モデル(ガソリン車)の燃費は、
このようになっています。

DICE-G   :17.2km/L
DICE       :17.2km/L
Gグレード:17.2km/L
Xグレード:17.2km/L

現行モデルは、全グレードを通じて17.2km/L。
今度発売される新型シエンタ(SIENTA)に比べると、
3.4km/Lも劣っています。

新型シエンタ0002

ガソリン車の燃費改善の秘訣 その1

フルモデルチェンジをして発売される新型シエンタ(SIENTA)のガソリン車の
燃費が良くなった理由の一つは、アイドリングストップ。

現行モデルでは、アイドリングストップ装備されていませんでした。

しかし、フルモデルチェンジをして新発売される
新型シエンタ(SIENTA)には、アイドリングストップが装備されるようです。

最近のクルマでは当たり前になっていきている
アイドリングストップですが、やはり燃費の事を考えると
嬉しいですよね。

ガソリン車の燃費改善の秘訣 その2

また、新型シエンタ(SIENTA)のガソリン車の燃費が
良くなった理由の一つは、新型エンジンの存在。

今回新型シエンタ(SIENTA)のガソリン車に登載されるエンジンは、
2NR-FKEと言うエンジン。
このエンジンは、先日ビッグマイナーチェンジをした
新型カローラのガソリン車にも搭載されたエンジンで
燃費だけでは無く、静寂性もすぐれているのが特徴です。

現行モデルよりもエンジン音が静かな快適な運転を楽しめそうですね。

発売日はまだちょっと先ですが、
新型シエンタ(SIENTA)の発売日が待ち遠しいですね。

シエンタの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です