新型シャトルの価格|先代モデルよりも販売価格が大幅アップ?


新型シャトル02

ホンダからフィット3(FIT3)をベースにしたステーションワゴンの
新型シャトル(Shuttle)がいよいよ発売されましたね。

フィット3(FIT3)よりもワイルドなデザインになっていますが、
サイドのキャラクターラインなど、どこかフィット3(FIT3)らしさも
ありますよね。

今回新型シャトル(Shuttle)は、ハイブリッド車は3つのグレードで、
そして、ガソリン車は1つのグレードで発売されます

そんな新型シャトル(Shuttle)ですが、
価格は、このようになっています。

スポンサーリンク

新型シャトル(Shuttle)の価格(FF車)

ハイブリッド車
ベースグレード:1,990,000円
ハイブリッドX :2,190,000円
ハイブリッドZ :2,380,000円
ガソリン車(FF車)
Gグレード     :1,800,000円

新型シャトル03

今回新登場した新型シャトル(Shuttle)のハイブリッド車の
最上位グレード”ハイブリッドZ”は約240万。
オプションや諸経費を入れると270万円~280万円程度に
なりそうですよね。

新型シャトル(Shuttle)は注目のハイブリッド車とは言え、
5ナンバーサイズのクルマとしては、ちょっと高めの設定になっています。

ちなみに、新型シャトル(Shuttle)の先代モデル
“フィットシャトル”と価格を比べてみるとこのようになっています。

フィットシャトルの価格

ハイブリッド車(FF車)
ハイブリッドC:1,892,571円
ハイブリッドX:1,949,142円
ハイブリッド :2,016,858円
“スマートセレクション”
ガソリン車(FF車)
15Cグレード  :1,686,857円
15Xグレード  :1,800,000円

 新型シャトル04

ハイブリッド車は割高感がある?

ハイブリッドシステム自体の性能も異なりますが、
新型シャトル(Shuttle)とフィットシャトルのハイブリッド車を
比べると、かなり値上がりしているのがわかりますね。

新型モデルの”新型シャトル(Shuttle)”の最上位グレード
“ハイブリッドZ”と先代モデルのフィットシャトルの
最上位グレード”ハイブリッド スマートセレクション”を比較すると、
新型モデルの方が約30万円以上も高くなっています。

このように見比べると、
燃費が良くなったとは言え、やはりハイブリッド車の価格は
高くなっているように感じてしまいますね。

一方、ガソリン車はハイブリッド車ほど価格が高くなった
印象はありません。
新型モデルの”新型シャトル(Shuttle)”のGグレードと、
先代モデルの15Xの価格は全く一緒。

それで新型シャトル(Shuttle)のガソリン車の燃費は、
18.8km/Lから21.8km/Lと3.0km/Lもアップ。

このように考えると、新型シャトル(Shuttle)で
コストパフォーマンスが良いのは、ガソリン車かもしれませんね。

シャトルの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です