新型セレナ(C27型)の欠点【実際に試乗をして気になった3つの事】


%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f2749

先日、2016年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたMクラスの
ミニバン新型セレナ(C27型モデル)の試乗に行ってきました。

先代モデル同様にほぼ無音でスムーズに立ち上がるアイドリングストップなど
静寂性の良さはそのまま踏襲。また、今回新しく発売されたこのC27型モデルの
注目装備の一つでもある自動運転技術”プロパイロット機能”の使い勝手や
乗り心地も思ったよりも良く、安心して使用する事ができました。

>>> 新型セレナの自動運転機能【高速道路で使った感想を包み隠さず紹介】

このように概ね満足だった新型セレナ(SERENA)ですが、実際に試乗を
して少し気になった部分や欠点に感じた部分もいくつかありました。

私がこのクルマを実際に試乗をして気になった点・欠点に感じたところを
紹介したいと思います。

日産セレナの新車見積り

スポンサーリンク

新型セレナの欠点1:乗り降りのしにくさ

今回フルモデルチェンジをして新発売されたC27型 新型セレナ(SERENA)を
試乗してみて、まず最初に気づいたのが、運転席・後部座席の乗り降りのしにくさ。

ホンダのステップワゴンやトヨタのヴォクシー/ノアなどライバル車よりも
フロントシート・スライドドア開口部ともにフロア位置が高くなっており、
唯一乗降用のサイドステップを用意しています。

■フロントシートのサイドステップ

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f3121 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f0151

■スライドドアのサイドステップ

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f0564 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f0802

実際にこのクルマのフロア位置の高さを実感するのは、スライドドアを乗り降りした時。

日産の新型セレナ(SERENA)の場合、サイドステップまでの高さが約400mm。
なので、実際のフロアの高さはもう少し高くなります。

ちなみに、床の低さとスライドドアの乗り降りのしやすさが評判の
トヨタのヴォクシー/ノアの地上からフロアまでの高さは、約360mm。

%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%bc%e7%85%8c2%e7%94%bb%e5%83%8f0060

たった40mmですが、実際にヴォクシー/ノアと今回フルモデルチェンジをした
新型セレナ(SERENA)を乗り降りをしてみると、乗り降りのしやすさが全く異なります。

日産から発売された新型セレナ(SERENA)の場合、足を少し持ち上げて「よいしょ!」
言った感じで、まさにクルマに乗り込む感じ…。(サイドステップを使わずに
直接車内に乗り込んだ事も影響していると思いますが…。)

一方、床が低く、足を高く上げないですむトヨタのヴォクシー/ノアの場合は、
スムーズにスッと車内に入れる感じ…。

私は30代でまだまだ足腰がしっかりとしているので、新型セレナ(SERENA)でも
それほど乗り降りがしにくいと感じません。しかし、足腰が悪い年配の方が
乗り降りする場合、段差が小さく、乗降性に優れるヴォクシー/ボクシーの
方が良いのかなと思いました。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f1410

また、C27型 新型セレナ(SERENA)とヴォクシー/ノアでは乗降時に使用する
グリップのデザイン・大きさも異なります。

競合車・ライバル車のヴォクシー/ノアの場合、子供が握る事も考慮して
より大きなグリップを採用しています。

このグリップの使いやすさも、日産の新型セレナ(SERENA)よりも
ヴォクシー/ノアの方が良いのかなと思いました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です