セレナのハンズフリーオートスライドドアを体験【使ってみた感想は?】


新型セレナ画像0002

2016年8月に日産のMサイズミニバンの新型セレナがフルモデルチェンジをして
新発売されいましたが、このクルマの特徴の一つが便利な装備がたくさん装着されている事。

その中の一つが、ハンズフリーオートスライドドア。

先日この新型セレナ(SERENA)を試乗した時ハンズフリーオートスライドドアを
体験させて貰ったのですが、便利で使いやすいと思った反面、気になった部分
もう少し改良が必要だと思った部分もありました。

そんなC27型 新型セレナ(SERENA)のハンズフリーオートスライドドアを実際に
体験してみた感想、メリット&デメリットを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク

新型セレナのハンズフリーオートスライドドア体験レビュー

5代目となった新型セレナに搭載されたハンズフリーオートスライドドアとは、
スマーキーを携帯した状態で、足をスライドドアの下にサッと入れるだけで、
自動的にスライドドアが開閉できる機能の事。

新型セレナ画像1483

ディーラーさんの話によると、ヨーロッパのクルマで足をサッと入れるだけで
トランク・ラゲッジスペースが自動的に開閉できる機能があり、このハンズ
フリーオートスライドドアは、その技術の応用のようですが…。

ただ、赤ちゃんを抱いている時やスーパーなどの買い物袋で手がいっぱいの時など
とても助かりますよね。個人的には、トランクの自動開閉よりもスライドドアの
方が実用性は、高そうなのかなと思いました。

実際にハンズフリーオートスライドドアを試してみたら…

先日、日産のC27型 新型セレナ(SERENA)を試乗した際に、ディーラーさんが
「ぜひともハンズフリーオートスライドドアも試してください」と言って
くださったので、スライドドアの下に足をサッと入れてみたのですが、
まったく反応せず…。

「早く足を引きすぎたのかな!?」と思って、一度目の時よりもちょっと
ゆっくりと足の出し入れをしてみたのですが、それでも反応しない…。

ディーラーさんとその後に何度か試してみてようやく分かったのですが、
今回私が最初試した時にこの機能が作動しなかった原因は、どうやら足の
出し入れをした位置が悪かったからようです。

今回新発売された新型セレナ(SERENA)のハンズフリーオートスライドドアですが、
スライドドア下部とサイドシルプロテクターの2か所にセンサーを装備し、
検知しています。

そして、このセンサーが装備されている位置は、ドアハンドルの前方の真下。
(ワンタッチスイッチがある付近)

C27型セレナ画像1830

このハンズフリーオートスライドドアのセンサーは誤作動を防ぐためか
ドアハンドル前方の真下ピンポイントに足を入れないと反応してくれません。

実際にディーラーさんから教えて貰った通り、スライドドアハンドルの
スイッチ付近の下に足をサッと入れてみると、”ピッ”と音が鳴ってスライドドアが
自動的にオープン。また、同じスペースに足を入れてサッと引き出すと、自動的に
スライドドアが閉まりました。

ちなみに、再度スライドドアのドアハンドルの後方部分の真下あたりに
足を入れてみたのですが、やはり全く反応しなかったです…。
そのくらい反応する場所は狭いです。

C27型セレナ画像1828

ディーラーさんに教えてもらったのですが、センサーの検知範囲が
限られているので、前後に足を入れるのではなく、ドアハンドル付近の
下を滑らすように足を横に動かす方がミスがしにくいのかなと思いました。

世界初となる足の動きで反応する新型セレナ(SERENA)のハンズフリー
オートスライドドアですが、スムーズに開け閉めできるまで、ちょっと
慣れが必要なのかなと思いました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です