C27型セレナのアラウンドビューモニターを体験【先代よりも良くなった点とは?】


新型セレナ画像0941

2016年8月に5代目となる新型セレナ(C27型)が新発売されました。

先日、今回発売された新型モデルの注目の自動運転技術”プロパイロット機能”を
高速道路で試乗させてもらった時、アラウンドビューモニターも体験する事ができました。

>>>【新型セレナの試乗レビュー】高速道路をプロパイロットで運転してみた

先代モデルから搭載されているこのアラウンドビューモニターですが、
C27型 新型セレナ(SERENA)では、大幅に改良され、見やすさも使い勝手も
格段に良くなっていました。

先代モデルとの変更点・改良点は何なのか?

今回のC27型 新型セレナ(SERENA)に搭載されたアラウンドビューモニターを実際に
使ってみた感想、先代モデルよりも良いと感じた点についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

新型セレナ アラウンドビューモニターを使った感想

今回の新型セレナ(SERENA)にも搭載されているアラウンドビューモニターとは、
ボディの前後左右に搭載されたカメラの映像を合成して、クルマの真上から
見たような映像を表示してくれるパーキングアシスト機能の事です。

%e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f0002

縦列駐車や車庫入れが苦手な人には、大助かりな機能ですよね。

今回新型セレナに搭載されているアラウンドビューモニターを体験するのは、
日産の軽自動車”デイズルークス”を試乗した時以来2度目だったのですが、
実際に使用してみると、やっぱり便利!

パーキングに駐車する時、「クルマがきちんと真っすぐに停車されている?」
「左側に寄り過ぎていない?」
など不安になる時ってありますよね。

しかし、アラウンドビューモニターでは、鳥が見下ろしているような
俯瞰(ふかん)の視点でクルマの位置やパーキングスペースの白線の位置を
表示してくれるので、バックモニターガイドよりも全体像が把握しやすいです。

また、バックをしている時は上からのアラウンドビューモニターの
画面だけではなく、バックモニターの画像も同時に表示してくれます。
なので、後ろの距離感もバッチリ!

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f2348

「新型セレナ(SERENA)のような大きなクルマに初めて乗るので、バックや
駐車が不安…」と、思っている人には、とても良い機能だと思いました。

歩行者や他のクルマなど移動物も検知してくれる機能も搭載

前向き駐車をして、バックで出る時など横から自転車や歩行者が
突然飛び出して来て、ビックリする時ってありますよね。

今回C27型新型セレナ(SERENA)で搭載できるアラウンドビューモニターでは、
自分のクルマのまわりの移動物も検知してくれるので、歩行者や自転車が
近づいて来たらディスプレイへの表示と警告音でお知らせしてくれます。

実際にディーラーさんにクルマの横から飛び出して貰ったのですが、
思ったよりも反応の範囲は広め。もちろん走行しているスピードや相手の
スピードによりますが、慌ててブレーキを踏むシーンは少ないのかなと思いました。

また、前向き駐車をして、バックで出る時などはとても助かる機能なのかなと思いました。

C27型 新型セレナのアラウンドビューモニターの変更点&メリット

このように車庫入れや縦列駐車をサポートしてくれる新型セレナ(SERENA)の
アラウンドビューモニターですが、先代モデルや軽自動車のデイズルークスに
装備されていたものよりも、格段に使い勝手が良くなりました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたC27型 新型セレナ(SERENA)の
変更点・改良点について、紹介したいと思います。

アラウンドビューの変更点&メリット1:見やすくなった

今回フルモデルチェンジをした新型セレナに搭載されたアラウンドビュー
モニターの変更点の一つが、画面が大きくなり見やすくなった事。

先代モデルや私が以前試乗をした日産の軽自動車デイズルークスでは、
基本的にはアラウンドビューを表示できる純正のナビを購入しないと、
バックミラー部分にこの真上からの画面などが表示されました。

%e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f0008※ デイズルークスの画像です。

しかし、このようにバックミラーはサイズが小さいため、
アラウンドビューモニターの画面がみにくい…。

また、バックミラーに表示されるので、画面の位置が低いのもデメリットの一つ。

しかし、今回フルモデルチェンジをした新型セレナでは、バックミラー部分に
アラウンドビュー画面を表示するのではなく、メーターの左側の7インチサイズの
マルチインフォメーションディスプレイにを表示。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f2345

実際に7インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイに
アラウンドビューのモニター画面を表示すると、このような感じ。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f2348

画面サイズが大きく、先代モデルよりも格段に見やすくなりました。

また、アラウンドビューモニターの表示位置がメーター内部になり、
より自然な体勢で確認できるようになった事も好印象でした。

デイズルークスや先代モデルでは、バックミラーに装備されていたので、
ちょっと上を見上げるような感じになっていたので…。

今回新型セレナ(SERENA)に搭載されているアラウンドビューモニターが
見やすくなった事は、大きなメリット・変更点の一つだと思いました。

変更点&メリット2:お財布にやさしくなった

今回フルモデルチェンジをしたC27型新型セレナ(SERENA)の
アラウンドビューモニターのメリットの一つが、コスト面。

先代モデルでは、基本的に純正ナビの中級モデル以上を購入しなければ、
アラウンドビューモニターをナビの画面内に表示する事ができませんでした。
(一部、市販のケーブルを使えば社外ナビにも連動できるようですが…)

%e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f0004

なので、「バックミラーでは、アラウンドビューモニターの画面が見にくい。」
との理由から、渋々価格が高い純正ナビを購入していったお客さんも大勢いたようです。

しかし、今回フルモデルチェンジをしたC27型 新型セレナ(SERENA)では、
ナビ画面ではなく、メーター内にあるマルチインフォメーションディスプレイ
画面内に常に表示。

新型セレナ画像0224

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f2351

つまり、アラウンドビューモニターを使用する目的で、純正のナビを
購入する必要はなくなった事に…。

少しでも費用を抑えたいとおもっているお客さんには、これは嬉しいですよね。

日産の軽自動車デイズ ルークスや先代モデルのようにイヤイヤ純正ナビを
購入する必要が無くなり、ちょっとお財布に優しくなったのは、好印象でした。

>>> 新型セレナの乗り出し価格はいくら?私が貰った見積もりを大公開!

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f2345

今回フルモデルチェンジをして新発売されたC27型 新型セレナ(SERENA)の
アラウンドビューモニターは、このようになっていました。

今回のモデルでは先代モデルと異なり、メーター内のマルチインフォメーション
ディスプレイ内に表示されるようになり、視認性が良くなった事がとても良かったです。

ちなみに、このアラウンドビューモニターは標準装備ではなく、メーカー
オプションとなっています。そして、日産の安全装備がパックになった
“セーフティーパックA/B/C”を注文すると、装備されますよ。

また、2017年3月末まで発売される特別仕様車”ハイウェイスター プロパイロット
エディション”では、装備する事ができないので、ご注意を…。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です