2017年9月12日に発売された新型ランドクルーザープラドの外装、内装、荷室、乗り出し価格、居住性、維持費などを試乗レビューと画像でご紹介


スポンサーリンク

新型ランドクルーザー プラド 荷室レビュー【アウトドアの荷物もたくさん積める!?】

ランドクルーザープラドは、5人乗りと7人乗りがあります。
この記事では7人乗りの荷室の広さについて解説します。
※画像はすべて7人乗りのものです。

シートを倒さないと奥行きはほとんどない

5人乗りと7人乗りのどちらも荷室の最大幅は130cmあり、9.5インチのゴルフバックを4本積むことが可能です。
7人乗りの場合、全てのシートを使用すると、荷室の奥行きはほとんどありません。

ランドクルーザープラド 荷室

開口部の高さはSUVらしくちょうどいい高さにあり、腰をかがめることなく荷物の積みおろしが可能です。

シートを格納すると荷室を広く使える。

7人乗りの場合、3列目を倒すことにより広い荷室が現れます。
ランドクルーザープラド 荷室 3列目を倒した場合
TZ-Gグレードと、TX Lパッケージには、電動のフロア格納サードシートが標準装備されます。
サードシートだけを畳んだ状態から、セカンドシートまで畳んだ状態、片側ずつ畳んだ状態と、様々なシートアレンジが出来るのが特長です。
ランドクルーザープラド 荷室 2列目を片側だけ倒した場合
セカンドシート、サードシートを両方畳んでしまえば、かなりの大きな荷物や、長尺物も積み込むことが可能となります。
なお、シートを畳んだ状態では、床面がほぼフラットになるため、荷物を安定して運ぶことが出来ます。

7人乗り場合、TZ-Gグレードと、TX”Lパッケージ”には、電動のフロア格納サードシートが標準で装備されます。
この電動スイッチは後部座席のドア、バックドア両方に設置されており、どちらからでも、サードシートを格納することが出来ます。

■後部座席のドア
ランドクルーザープラド 後部座席の電動スイッチ
■バックドア
ランドクルーザープラド バックドアの電動スイッチ

最廉価グレードのTXには、電動スイッチは装備されずに、手動でサードシートを格納する形となっております。

汚れた荷物を詰め込んでも大丈夫!?

荷室の素材についてですが、高級SUVらしく、カーペット敷きとなっているとこが特長です。
汚れものや濡れたものをそのまま積むのには躊躇してしまいそうな素材でできていますので、SUVといえども、気軽に汚れたアウトドア用品や、レジャー要因を積むのには若干の勇気がいりますね。

ただし、メーカーもそれらを考えているのか、ディーラー取り扱い用品のなかには、ラゲージトレイや、ラゲージマット、など、荷室の汚れを防ぐものもたくさん用意されているようです。
プラドで、アウトドアレジャーをするのなら、これらは必須アイテムになりそうですね。

荷室まとめ

7人乗りは、サードシートを使用した状態では小さなカバンなどしか置けませんが、シートを倒すとかなりの大きな荷物を詰め込むことができます。
ランドクルーザープラド リアゲート
リアゲートは、縦に開くタイプではなく横に開けるタイプです。このゲートは任意の位置で止めることができます。後ろが狭い場所でも車を傷つけずに安心して使えそうです。
なお、リアゲート以外にも、小物などを簡単に積むことが出来るガラスハッチのみの開閉もできます。
ランドクルーザープラド 収納 ガラスハッチ
シートを倒せば、広くて使い勝手のよい7人乗りのランドクルーザープラドの荷室ですが、綺麗なカーペット生地がはられているため汚れたものや、濡れたものを積む際には、カバーするラゲージマットなどが必要になりそうですね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です