2017年9月12日に発売された新型ランドクルーザープラドの外装、内装、荷室、乗り出し価格、居住性、維持費などを試乗レビューと画像でご紹介


2017年9月12日に発売された新型ランドクルーザープラド。
その外装、内装、荷室の広さ、グレードの違い、乗り出し価格、居住性などの情報を随時更新していきます。

ランドクルーザープラド

スポンサーリンク

新型ランドクルーザー プラド 外装(エクステリア)レビュー

2017年にマイナーチェンジをしたランドクルーザープラド。外観(エクステリア)に関して、デザインが変更になりました。
ランドクルーザープラド正面
主に変わったのは、ヘッドライト周りです。それ以外に、グリルやボンネット、アルミホイール、リアコンビネーションランプが変更を受けました。

全体的に精悍となりより力強い印象となった表情の新型ランドクルーザープラド。大自然だけでなく、都会にも十分に映えるデザインになりました。

フロントマスクの変更点は?

今回のマイナーチェンジで、主に変わったのは、ヘッドライト周りです。

ヘッドライトの形状に変化が…

ランドクルーザープラドLEDヘッドライト
今まで、中央が下方に垂れた形になっていたヘッドライト形状は、マイナーチェンジで、より精悍なデザインとなりました。

さらに全グレードでLEDヘッドライトが標準裝備されています。

LEDポジションランプについても、縦型から横型に変更になり、より細いデザインとなっています。
ヘッドライト全体にいえることは、縦方向に広がっていたヘッドライトのデザインが、若干釣り目になった印象ですね。

ヘッドライトから繋がっている形状のグリルは、マイナーチェンジ前よりも、鋭い感じがします。
ランドクルーザープラド グリル
グリルに関しては、クロームメッキからダークシルバー基調のデザインに変更になりました。縦の格子の数は変わっていません。

ランドクルーザープラド フォグランプ
フォグランプは、マイナーチェンジ前よりも小ぶりになり、シルバーメッキのフォグランプベゼルが施されるようになりました。
ボンネットも今回のマイナーチェンジで変更されており、より塊感のある、ふくらみがあるデザインに変更となりました。

サイドの変更点は?

19インチアルミホイールのデザインに変化が…

ランドクルーザープラド 19インチアルミホイール
TZ-Gグレードには19インチアルミホイールが標準装備されます。マイナーチェンジ前はシルバーを基調としたデザインでしたが、今回のマイナーチェンジで、切削光輝加工されたダークグレーメタリック塗装ホイールが採用され、より都会的でなおかつ、力強いデザインになりました。
ホイールデザインの変更だけで、より引き締まった印象となるのは効果大ですね。

リアの変更点は?

リアコンビランプのデザインを刷新

ランドクルーザープラド リアコンビランプ
今回のマイナーチェンジ前では、クリアとレッドの組み合わせとなっていたリアコンビランプですが、今回のマイナーチェンジでレッドとブラックの組み合わせとなり、より精悍で力強い印象のリアコンビランプとなっています。
リアコンビランプ全体がブラックで縁取られたようなデザインなのも印象的です。
リア周りのデザインについてですが、マイナーチェンジ前はどちらかというとシンプルな印象であったデザインと比べて、クールで引き締まった感じに変わりました。

外装まとめ

今回のマイナーチェンジで、全体的にシュッとした、精悍なデザインに変更されたランドクルーザープラド。デザインだけでなく、色使いを変えるだけで、引き締まった印象に見えます。
グリルに関しては、メッキだけであったものが、ダークシルバーでデザインされ、アルミホイール、リアコンビランプに関しても、ダークカラーと組み合わせることで、格好良さが増しています。
マイナーチェンジ前のモデルと比べると、力強く精悍で、大自然だけでなく、都会でも抜群に似合ってしまうSUVになりました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です