新型プリウスPHV試乗の感想【標準モデルとの乗り心地の違いにビックリ】


新型プリウスPHV画像-3118

現行の4代目プリウスのプラグインハイブリッド車新型プリウスPHV(Prius PHV)
2017年2月に遂に新発売されましたね。

この新型プリウスPHVを試乗するために、早速、東京のお台場にある
メガウェブ(MEGA WEB)に行ってきました。

標準モデルと異なる先進的なデザインの内外装も良いと思ったのですが、
それ以上に驚いた事が、新しく発売されたこの新型モデルの乗り心地に良さ!

>>> 11.6インチの大型ディスプレイが魅力!新型プリウスPHVの内装レビューはコチラ

ベースとなっている新型プリウスを初めて試乗した時もかなり乗り心地は
良くいと感じましたが、今回新発売されたこの新型PHVはそのノーマル
プリウスよりもさらに乗り心地が良いように感じました。

今回新発売された新型プリウスPHVはどのような乗り心地だったのでしょうか?
先日この新型PHVを試乗した時の感想を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型プリウスPHVの試乗の感想:乗り心地はどうだった?

今回私が試乗をしたのは新型プリウスPHV(Prius PHV)は、こちら。

新型プリウスPHV画像3174

そして、今回試乗をしたグレードは、15インチタイヤを装備した
売れ筋グレードのSナビパッケージでした。

運転席に座って、ハンドルの右側にあるエンジンスタータースイッチをON。

新型プリウスPHV画像-1617

電源を立ち上げると、11.6インチの大型ディスプレイやメーターの中央にある
マルチインフォメーションディスプレイにオープニング画面が表示されます。

新型プリウスPHV画像-1147

音楽とともに大型ディスプレイにオープニング映像が流れるので、
ノーマルプリウスよりも高級感のあるクルマに乗っているような感じが…。

このエンジンを立ち上げた時の迫力のあるオープニング映像も
とても良いと思いました。

いよいよ試乗をスタート!

新型プリウスPHV画像3178

このオープニング映像の良さに感動しつつ、先行車に続いて試乗をスタート。

発進時、新型プリウスPHV(Prius PHV)のアクセルを軽く踏み込むと、”キュイーーーン”と
いった感じの若干の電子音とともに、滑らかにスーーっっと加速をしていきます。

このスムーズな走り始めは好印象だったのですが、ただ、ノーマルプリウスでも
発進時はモーターのみのチカラでスーーっと滑らかに地面を舐めるように進んで
いくので、それほど大きな違いは感じませんでした。

しかし、そのままアクセルを踏み込んで時速20~30km/hになると、
新型プリウスPHV(Prius PHV)とノーマルプリウスの乗り心地に明らかな違いが…。

ノーマル車と異なる新型プリウスPHVの乗り心地とは?

新型プリウスPHV画像-3107

ノーマルプリウスが軽快でスポーティーな乗り心地になっているのに対し、
今回新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)は、しっとりとした滑らかな乗り味に…。

固くも柔らかくもなくちょうど良い乗り心地になっており、
個人的にはノーマルプリウスよりも好みの乗り味になっていました。

また、この新型プリウスPHV(Prius PHV)を試乗して驚いたのが、安心感。

ノーマルプリウスよりも約150kg重いこのクルマの車体重量や、駆動用の
バッテリーをラゲッジ下に積んだことによる重量配分が影響しているのかも
しれませんが、どっしりとした安心感のある乗り心地に…。

ノーマルモードで走行している限りでは、新型プリウスPHV(Prius PHV)は
キビキビとスポーティーに走るといった感じではありません。
ただ、ノーマルプリウスよりもワンランク上の大人のセダン車に乗っている
ようなしっとりとした落ち着いた感じのある乗り心地は、とても良かったです。

新型プリウスPHV画像-1835

また、静寂性の良さも含めて、とても快適にドライブができるクルマに
仕上がっているなと、このクルマを試乗をしていて感じました。

以前コチラの記事でノーマルプリウスの乗り心地は、クラウンなど
高級セダンに遠く及ばないと書きました。

>>> クラウン並みの乗り心地は味わえた?4代目プリウスの試乗の感想

しかし、今回新発売されたこの新型PHVは、クラインなど高級セダンと
比較しても、十分に満足できる乗り心地になっているなと感じました。

デコボコ道を乗り越えた時の乗り心地も好印象

新型プリウスPHV画像-3144

キレイに舗装されたアスファルト道路を走行した時の乗り心地も
良かったのですが、新型プリウスPHV(Prius PHV)の乗り心地の良さで驚いたのが、
メガウェブ(MEGA WEB)に用意されているデコボコ道を通り抜けた時。

クルマによっては、デコボコ道を運転すると上下の揺れが大きく、
跳ねるような感じがしたり、また、揺れの収まりが悪いと感じます。

しかし、この新型プリウスPHV(Prius PHV)でデコボコ道を運転しても、
重心の低さと強化されたサスペンションが影響してか、上下に跳ねるような
事はなく、スムーズに快適に走り抜ける事ができました。

このデコボコ道も上手にいなしてくれる新型PHVの乗り心地は大満足でした。

下からの突き上げ感がマイルドになっているのも好印象!

このように乗り心地が良い新型プリウスPHV(Prius PHV)でも、
デコボコ道を運転すると、もちろん下からの突き上げ感や衝撃は感じます。

ただ、このクルマは、サスペンションがしっかりと効いているためか
“ガツン!”と大きな衝撃がダイレクトに伝わってくるのではなく、
“カツン カツン””コツン コツン”とマイルドになった衝撃が伝わってくる程度。

しっかりと衝撃が吸収されているのが分かる乗り心地になっていたので、
まったく不快感はありませんでした。

デコボコ道や高速道路の接合部分を乗り越えた時の突き上げ感や衝撃をしっかりと
吸収してくれる乗り心地の良さも、このクルマの魅力の一つかなと思いました。

新型プリウスPHV画像-1265

今回、フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)を
試乗してきたのですが、このような乗り心地になっていました。

また、ノーマルプリウスとこれ程乗り心地に違いがあると思わなかったので、
今回試乗をしてかなり衝撃を受けました。

以前、このクルマの見積もりをもらった時にディーラーさんに、

「ノーマルプリウスと今回の新型モデルの乗り心地は別物です。」
「絶対に期待を裏切らない乗り心地になっているので、楽しみに待っていてください。」

と、言われたのですが、ディーラーさんの言ってることがわかる
乗り心地になっていました。

今回実際にこの新型プリウスPHV(Prius PHV)を試乗してみて感じたのですが、
先代モデルよりも良くなった部分は静寂性や走行距離の長さではなく、
実はこの乗り心地なのかなと思いました。

もしこのクルマが気になっているのなら、ぜひともお近くの
トヨタのディーラーで試乗をしてみてください。

きっとこのクルマの乗り心地の良さにビックリすると思いますよ。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です