新型プリウスPHVの荷室サイズ【ノーマルプリウスとどっちが広い?】


新型プリウスPHV画像-3118

家庭用コンセントから充電できる事が魅力のトヨタのプラグインハイブリッド車
新型プリウスPHV(Prius PHV)がフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

今回新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の乗り心地や静寂性は、
ベースとなっているノーマルプリウスよりも格段に良くなっているのですが、
欠点・デメリットなのが、荷室・ラゲッジルーム。

ノーマルプリウスよりも荷室フロアが高く、また、後部座席の背もたれを
倒した時も段差が生じてしまっていました。

>>> 使い勝手は悪い!?新型プリウスPHVの荷室のアレンジ&使い勝手レビュー

そんな新型プリウスPHV(Prius PHV)の荷室・ラゲッジスペースですが、
実際の広さはどのようになっているのでしょうか?

先日、この新型PHVの荷室・ラゲッジスペース寸法を確認してきたので、
紹介したいと思います。また、ノーマルプリウスとの違いについても紹介
したいと思います。

スポンサーリンク

新型プリウスPHVの荷室開口部の高さはどのくらい?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の
荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

新型プリウスPHV画像-1301 

実際にこのクルマの荷室・ラゲッジスペースを直接見てみると、地面から
開口部の高さ(荷室開口高)がノーマルプリウスよりも若干高い感じが…。

一方、カーボンファイバーを採用して軽量化を図ったテールゲートの位置は、
それ程高くなく、また、見た目以上に軽く、女性でも難なく開け閉めをできる
デザインになっているように感じました。

新型プリウスPHV画像-1309

そんな新型PHVの荷室開口高とテールゲートの高さは、このようになっていました。

■新型プリウスPHVの荷室開口高&テールゲート位置
荷室開口高         :  710mm
テールゲート位置:1,780mm

一方、ベースとなっているノーマルプリウスの荷室開口高&テールゲート位置は、
このようになっていました。

新型プリウス画像00001

■新型プリウスPHVの荷室開口高&テールゲート位置
荷室開口高         :  690mm
テールゲート位置:1,830mm

荷室開口部は、新型プリウスPHV(Prius PHV)よりもノーマルプリウスの方が
20mmほどですが、低いのですね。

それにも関わらず、カーボンファイバーを採用したテールゲートのデザインも
多分に影響をしていると思いますが、新型PHVの方がテールゲートが低いのは、
ちょっと興味深いなと思いました。

また、軽量化されていて女性でも開け閉めしやすいカーボンファーバー素材の
テールゲートは、この新型プリウスPHV(Prius PHV)の魅力の一つかもしれませんね。

新型プリウスPHV画像-1307

ちなみに、荷室開口高とは、地面から荷室開口部の掃出し口の下端までの高さの事です。

なので、新型PHVの荷室フロアは、開口部よりもが一段高くなっているので、
ノーマルプリウスの荷室フロアと比較すると、数cmさらに差が大きくなることに…。

駆動用バッテリーが床下に収納されているので仕方ないのかもしれませんが、
実際にこのクルマを見てみると、荷室フロアの高さは、欠点・デメリットの
一つなのかなと思いました。

新型プリウスPHVの荷室サイズはどのくらい?

今回新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の荷室・ラゲッジスペースは、
このようなデザインになっています。

■新型プリウスPHVの通常時の荷室の様子

新型プリウスPHV画像-2503

■新型プリウスPHVの後部座席を収納した時の荷室の様子

新型プリウスPHV画像-2542

新型プリウスPHV画像-2533

やはり後部座席を収納した時の段差が気になりますね。

一方、ベースになっているノーマルプリウスの荷室・ラゲッジスペースの
デザインは、このようになっています。

■ノーマルプリウスの通常時の荷室の様子

新型プリウス画像0369

■ノーマルプリウスの後部座席を収納した時の荷室の様子

新型プリウス画像0358

>>>  ノーマルプリウスの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手レビューはコチラから

この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースの荷室・ラゲッジルームを
見た感じでは、新型PHVの方が若干狭い感じが…。特に荷室高が…。

そんな新型プリウスPHV(Prius PHV)とノーマルプリウスの荷室サイズを
確認してみたところ、それぞれこのようになっていました。

■新型プリウスPHVとノーマルプリウスの荷室寸法比較
・新型プリウスPHV
通常時の荷室長            :  854mm
後部座席収納時の荷室長:1,750mm
荷室幅                        :1,360mm
荷室高                        :  533mm
・ノーマルプリウス
通常時の荷室長            : 890mm
後部座席収納時の荷室長:1,720mm
荷室幅                        :1,390mm
荷室高                        :  715mm

新型プリウスPHV画像-2549

床下に大量の駆動用のバッテリーを搭載している新型プリウスPHV(Prius PHV)は
荷室フロアが高くなっている事もあり、荷室高に関しては、広さが全く異なりますね。

また、荷室・ラゲッジルームの横幅や奥行きに関しても、ノーマルプリウスより
新型PHVの方が一回りサイズが小さくなっていました。

荷室高が狭いのは仕方ないと思いますが、荷室長・荷室幅まで狭いのは、少し残念でした。

また、実際にこの新型プリウスPHV(Prius PHV)とノーマルプリウスの
荷室寸法や使い勝手を実際に比較を
してみて、改めてこの新型PHVの
ラゲッジスペースは欠点・デメリットの一つ
だなと実感しました。

ちなみに、この新型PHVでは、ゴルフバックを横積みで最大2個積めるように
なっているようですよ。

新型プリウスPHV画像-1312

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の
荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認したところ、このようになっていました。

今回新発売された新型PHVの荷室寸法は、ベースになっているノーマルプリウスよりも
全体的に一回り小さいサイズに…。特に荷室高に関しては、格段の差がありました。

もし新型プリウスPHV(Prius PHV)とノーマルプリウスの荷室寸法・
使い勝手は、全く異なります。

この2つの中でどちらのモデルを購入しようか迷っている場合は、
是非とも荷室の使い勝手やサイズもしっかりとチェックをしてみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です