ランドクルーザー プラド|ディーゼルエンジンの特徴と欠点


プラド0001

トヨタのSUV車ランドクルーザー プラド(ランクル プラド)
2015年6月17日にビッグマイナーチェンジをする予定となっています。

今回のビッグマイナーチェンジの一番の注目ポイントは、
クリーンディーゼル車の採用。

今回ビッグマイナーチェンジをするランドクルーザー プラドでは、
2.8リットル直4ディーゼルターボエンジンが登載される予定になっています。

ちなみに・・・ディーゼル車の発売に伴い
今までグレードの設定のあった4リットルV6ガソリンエンジンの
グレードは廃止されるようです。

音階初めてトヨタのクルマに登載されるランドクルーザー プラドの
クリーンディーゼル車の特徴と欠点をディーラーに教えてもらいました。

トヨタランドクルーザープラドの新車見積り

スポンサーリンク

ディーゼルエンジンの名前と特徴

今回ランドクルーザー プラド(ランクル プラド)の
ディーゼル車に登載されるエンジンユニットの名前は“1GD-FTV”。

ランドクルーザー プラド(LAND CRUISER PRADO)ディーゼル車に
エンジンの特徴と言えば、ディーゼルターボ車特有のトルクフルな
走りと高い燃費性能が特徴のようです。

今回新発売されるランドクルーザー プラド(ランクル プラド)は
2.8リットルディーゼルエンジンの燃費は、11.8km/L。

2.7リットルエンジンを搭載するガソリンエンジンのモデルよりも
エンジンが大きいのに燃費が良いのはスゴイですよね。

ランクル0004

>>> ガソリン車のマイナーチェンジ後の燃費など変更点はコチラから

しかも、ディーラーさんの話によると、今回発売される
2.8リットルエンジンは廃盤になる4リットルガソリンエンジンよりも
パワーや加速力もあるようです。

ランドクルーザー プラド(LAND CRUISER PRADO)の
ディーゼルエンジンの走り心地も注目ですね。

ディーゼルエンジンのシステムの特徴

今回発売されるランドクルーザー プラド(LAND CRUISER PRADO)の
ディーゼル車では、排ガスの処理のためトヨタ国内初となる
“尿素SCRシステム”と言う後処理システムを採用するようです。

プラド0003

ちなみに、この”尿素SCRシステム”は、メルセデスベンツなどで
採用されている一般的なシステムのようです。

通常ディーゼルエンジンでは、NOx(窒素酸化物)とPM(すす)が排出されます。
そして、通常高温燃焼ではNOx(窒素酸化物)が、低温燃焼ではPM(すす)が
多く発生します。

ディーゼル車では、この両方を効率よく排出・除去していかないといけません。

ランドクルーザー プラド(ランクル プラド)のディーゼル車では、
PM(すす)に関しては、エンジンで効率よく燃焼して
減らすようにしたみたいです。

そして、NOx(窒素酸化物)の除去・排出に利用されるのが
“尿素SCRシステム”です。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です