フルモデルチェンジ後のインパネ|新型シエンタの内装の変更点①


シエンタ0003

トヨタから発売されているロールーフミニバンの
新型シエンタ(SIENTA)が、2015年7月にフルモデルチェンジを
して新発売されるみたいですね。

現行モデルはトヨタカローラのみから発売されている
新型シエンタ(SIENTA)ですが、新型モデルから全店舗の発売に・・・。

新型シエンタ(SIENTA)はハイブリッド車も発売される事から
売れ行きも一気に良くなりそうですね。

そんな新型シエンタ(SIENTA)ですが、
現行モデルに比べても内装やインパネも大幅に変更されます。

スポンサーリンク

新型シエンタ(SIENTA)のインパネ

フルモデルチェンジをして新発売される新型シエンタ(SIENTA)は、
大幅に変更されこのようなデザインになります。

新型シエンタ(SIENTA)

シエンタインパネ0002

現行モデル

シエンタインパネ0001

現行モデルと比べると、インパネのデザインが大幅に変更されましたね。
ちょっとカクカクしたデザインから立体的なデザインになりました。

ちょっとシンプルな雰囲気のある現行モデルと比べると
かなり高級感のあるデザインになり、好感触。

また、印象的なのは
助手席側のアッパーボックスから運転席側まで続く
一本のオレンジのライン。

このオレンジラインがワンポイントになっていて
オシャレですよね。

一番最初に気が付くのは、メーターの位置。
現行モデルでは、センターメータを採用していましたが
新型シエンタ(SIENTA)では運転席の目の前に変更。

現行モデルで採用されていたメーターはダイハツの
ハイト系ワゴンタント(TANTO)などでも採用されているセンターメーター。

シエンタ画像0012

センターメーターを採用しているクルマはまだ少ない事もあり、
購入する前に躊躇する人も大勢いるみたいですね。

その点、フルモデルチェンジをする新型シエンタ(SIENTA)は、
対面式のメーターに変更。
これなら違和感無く使えるという人も大勢いそうです。

また、メーターも現行モデルに比べて薄型になり、
視界の邪魔にならないようなデザインなのも好印象ですよね。

メーター

また、新型シエンタ(SIENTA)のメーターのデザインも大幅に変更。

現行モデルのこのようなシンプルなデザインですが、
新型シエンタ(SIENTA)の上位グレードでは、自動発光式の
オプティトロンメーターを採用。

メーターの中央には、4.2インチのTFTインフォメーションディスプレイが
登載されるようで、現行モデルと比べると大幅に情報量が増えそうですね。

シエンタインパネ0004
(画像は新型ヴェルファイアのインフォメーションディスプレイです)

ちなみに・・・新型シエンタ(SIENTA)のガソリン車の下位グレードでは、
オプティトロンメーターではなく、常時照明のアナログ使用に
なるようです。

インパネ中央

現行モデルと比べると、新型シエンタ(SIENTA)はインパネ中央の
デザインも大幅に変更されました。

現行モデルのインパネ中央はこのように
張り出しの少ないデザインになっていました。

シエンタ画像0012

シフトレバー

今度発売される新型シエンタ(SIENTA)のシフトレバーも
アクアなどに採用されているマニュアル車のような
独特なデザインのシフトレバーを採用。

シエンタ画像0033

しかし、今回はシフトレバーの位置に角度がつき、
ちょっと張り出したようなデザインに・・・。

シフトレバーの操作性はアップしてそうですが、
運転席から助手席の移動などサイドウォークが少しきになるトコロです。

エアコンコントローラー

液晶画面も小さくシンプルだったデザインも
新型シエンタ(SIENTA)になり、大幅に変更。

新型シエンタ(SIENTA)でも、分りやすく操作のしやすいシンプルな
ダイヤル式のエアコンコントローラーという点では、変わりはありません。

シエンタ画像0020

しかし、新型シエンタ(SIENTA)では温度を調節するダイヤルは、
間接照明によってちょっとオシャレに演出してくれるようです。

また、それ以外のエアコンコントローラのスイッチも
柔らかいオレンジ色のライトが点灯し、オシャレな雰囲気に・・・。

このようにフルモデルチェンジをする新型シエンタ(SIENTA)は
インパネのデザインも大幅に変更されます。

先代モデルに比べて、デザイン性もアップして
女性に受け入れられやすいデザインになったなと感じました。

シエンタの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です