三菱の新型SUV エクリプスクロスをデザインから評価!【外装編】


ここではデザインについて見てみます。実はいま、デザインの重要性が大きく増しています。もちろん、進む、止まる、曲がるといったクルマにとって基本的な性能も重要であることは言うまでもありませんが、現在は技術が進歩していることもあり、どのメーカーも一定以上のレベルのクルマを作ることができるようになりました。また、今ではあらゆる国のブランドが世界中で販売をしていますので、消費者にとっても選択肢が増えています。となってくると、単純なスペックやブランド力もさることながら、見た目、すなわちデザインでいかに注目をとれるかが重要になってくるのです。

エクリプスクロスのデザインは、ひと目見てこれまでの三菱車とは異なりますし、さらに言えばライバルのSUVとも異なります。直線基調でありながら流麗なクーペスタイルのSUVは、ちょっと日本車離れしてると言っても過言ではありません。もともと、クーペスタイルSUVは欧州ブランドが得意としていました。エクリプスクロスは欧州市場も主戦場としていることから、そうした欧州ブランドと真っ向勝負することも視野に入れているわけですが、単なる欧州ブランドのマネごとではなく、ギャランGTOやスタリオンといった過去の三菱の名車たちをオマージュした直線的なモチーフを採り入れている点が、三菱らしさを感じます。

もちろん、新しい要素も多分に入っています。クーペスタイルのSUVというフォルム自体もさることながら、X型に大きく広がったフロントマスクや、大きく切れ込んだヘッドライトと超大型のフォグランプはSUVとしてのダイナミックさを強調するとともに、先進性も表現しています。

何よりも、メインとなるボディカラーとして、三菱のコーポレートカラーでもあるクリスタルレッドが与えられていることからも、いかに三菱がエクリプスクロスに賭けているかがわかるでしょう。

こうした挑戦的なデザインは、見る人の心をつかんではなさないほどに魅力を与える一方で、ともすると拒否反応をもひきおこしてしまいがちです。しかし、5000台を超える予約受注が入っているなど、これまでの三菱のイメージを良い意味で変えていく一台としてまずますのスタートを切っているようです。エクリプスクロスのデザイン、注目してみると良いかもしれませんよ。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です