三菱の新型SUV エクリプスクロスをデザインから評価!【外装編】


クルマのボディスタイルの基本形と言えば、ながらくセダンがその座を占めていましたが、近年では世界的なSUVブームが巻き起こり、基本形の座をセダンから奪いつつあります。個々のモデルで見れば、昔からSUVの人気モデルというものはありましたが、現在では世界中のあらゆるブランドがSUVを投入していることを見ると、もはや単なるブームとしてかたづけられるものではなく、自動車における一大潮流と言えるでしょう。

SUVが一大潮流となった要因はいくつかありますが、1つは新興国の台頭があります。これまで欧米の自動車メーカーが積極的ではなかった東南アジア諸国やインド、そして中国などが経済的に成長したことで、自動車を購入できる層が一気に増えたのです。一方で、そうした国々の多くは、道路などのインフラが整っていないために、悪路でも快適かつ安全に走行できるクルマ、つまりSUVが求められたのです。

しかし、これまでの例えばトヨタ・ランドクルーザーやジープ・ラングラー、メルセデスベンツ・Gクラスなど、悪路に強いSUV(この場合はクロスカントリービークルと呼んだ方が適切ですが)もありました。そうしたモデルではいけなかったのでしょうか?実は、そうしたハードなSUV、つまりクロスカントリービークルは、悪路での走行を前提としていることから、構造そのものが普通のクルマとは違うため、快適性、要するに乗り心地が悪く、また価格も高価になりがちだったのです。

そこで、1990年代後半から日系の自動車メーカーを中心に、クロスオーバーSUVというものが登場しました。これは、セダンなどで使われていた車台をベースに、SUVのスタイルに仕立て上げたというものでした。普通のクルマがベースですから、クロスカントリービークルのような圧倒的な悪路走破性能はありませんが、最低地上高が高く設定され、サスペンションのストロークも普通のクルマと比べて高いため、ちょっとした砂利道ぐらいならじゅうぶん快適に乗ることができます。しかも、他のクルマと多くの部品を共用しているため、コストが安く抑えられ、結果として価格も普通のクルマとそれほど変わらないレベルで販売できたのです。

こうしたクロスカントリーSUVはその後世界的に人気となり、いまではほとんどのブランドがラインナップに加えています。それだけでなく、あらゆるブランドにとってSUVは主力モデルであり、開発にも持てる限りの力をそそぎます。つまり、いまのクルマはクロスオーバーSUVを中心に回っていると言っても過言ではないのです。

さて、すっかり前置きが長くなってしまいましたが、エクリプスクロスは、三菱が力の限りを尽くして世に出したSUVです。三菱と言えば、度重なる不祥事によって国内では鳴かず飛ばずというのが現状ですが、海外を含めたグローバルマーケットでは依然として一定の存在感を放っています。エクリプスクロスは、海外での販売も牽引する世界戦略車として登場したこともあり、今後の三菱を占うモデルになるといえるでしょう。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です