三菱の新世代SUV、エクリプスクロスの実力は?【試乗レポート】


スポンサーリンク

最新装備も満載

いまのクルマは、単にエンジンやトランスミッションといった部分だけでその良し悪しを語ることはできません。例えば、アダプティブ・オートクルーズ・コントロールのような快適装備や、車線逸脱防止支援システムのような安全装備も重要なポイントです。その点、エクリプスクロスは国が推奨する新しい自動車安全コンセプトである「サポカーSワイド」に対応しています。具体的には、衝突被害軽減ブレーキシステム、誤発進抑制機能(前進&後退時)、車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームなどが搭載されており、最先端の装備となっています。過去の三菱モデルは、こういった最新装備については競合よりも一歩劣っている印象でしたが、エクリプスクロスは新世代の三菱を代表する最先端のモデルとして、これからの三菱のスタンダードとなるでしょう。

エクリプスクロスは「買い」かどうか?

エクリプスクロスは、これまでの三菱のイメージを良い意味で覆すモデルということができるでしょう。国内において、三菱のイメージは決して良いものではなく、それにともなって販売台数も少ないです。その結果、三菱のクルマを実際に体験したことはないけれど、なんとなくイメージは良くないという方が多いのではないでしょうか。私自身、できるだけフラットな視点で試乗してみようと思っていた一方で、やはり心のどこかでネガティブなイメージを持ってしまっていたことも事実です。とはいえ、エクリプスクロスというクルマ自体は、スペック面でも装備面でも競合モデルには決して劣っておらず、むしろ高水準にあると言えるでしょう。そのアグレッシブなデザインは多少好みがわかれるとしても、コストパフォーマンスはとても高いのは間違いありません。そういった意味では、三菱というブランドを信頼できる人であれば、買って不満を持つことは少ないのではないでしょうか。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です