三菱 RVRの燃費はいかほど?【長距離試乗レポート】


RVRは2017年10月にビッグマイナーチェンジが行われた、三菱の主力車種の1つです。三菱のラインナップの中では、アウトランダーやエクリプスクロスよりもひと回り小さいいわゆるCセグメントサイズのSUVとなります。

2017年にビッグマイナーチェンジが行われたとはいえ、3代目となる現行モデルが発売されたのは2010年のこと。エクステリアは”いまふう”にリフレッシュされていますし、Andoroid Autoなど最新のコネクティビティシステムも備わっていますが、基本構造が少々古いことは否めません。そんなRVRで1400kmほどのロングドライブの機会がありましたので、燃費性能を中心にレポートしてみたいと思います。今回の長距離ドライブでは1400kmのうちのおよそ1000kmは高速道路での概ね快調な巡航でした。残りの400kmは街乗りとなりました。

上で述べたように、RVRの基本構造は少々古いものです。全長4365mm×全幅1770mm×全高1630mmというアウトランダーと共通のミドルサイズSUVのプラットフォームに、1.8リットルの4気筒SHOCエンジンが搭載され、CVTと組み合わされます。カタログ燃費は15.4km/リットル(2WD)と、競合車となるスバル・XVなどとそれほど大きな差はありません。とはいえ、このクラスのSUVは激戦区であり、トヨタやホンダではハイブリッドエンジン搭載のCH-Rやヴェゼルが、マツダからはクリーンディーゼルエンジン搭載のCX-3が販売されており、少なくともカタログ燃費に関してはライバルよりも分が悪いのは事実です。では実燃費はどうでしょうか。

実燃費の話をする前に、RVRのドライビングフィールについて少しお話したいと思います。最近はSUVスタイルでも、基本的にはオンロードでの走行を前提としている場合が多く、運転の氏やすさや燃費のことも考慮して比較的スムーズに発進することに重点が置かれたチューニングが多いように思います。しかし、このRVRは悪路を走ることを色濃く想定しているということもあり、強く踏めばそれなりにパワーを引き出しますが、柔らかく踏むとあえてパワーを出さないというチューニングがなされています。はじめはパワー不足を感じてしまいますが、このチューニングに慣れてくると、オンロードでの走行はもちろん、駐車場などでの低速走行時に走りやすさを感じます

今のクルマにありがちな、電子制御であえてキビキビ感、つまり手応えを出しているハンドリングではなく、比較的おおらかなゆるめの感覚があるハンドリングは、個人的には好印象でした。手応えのあるハンドリングは、短時間の試乗であれば楽しいものですが、長距離ドライブではともするとうっとうしく感じてしまいます。CVTの割には滑らかさに欠ける加速は疑問でしたが、全体的には好印象でした。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です