【キャデラック XT5試乗レビュー】あのイメージはもう古い?現代のキャデラックの真髄はモダンなデザインにあり


キャデラックほど、ポジティブなイメージとネガティブなイメージが乱立しているブランドは少ないかもしれません。古き良き時代を代表するアメリカの高級車であり、大統領専用車両にも採用されているラグジュアリーなブランドというポジティブなイメージもある一方で、アメリカのB級映画などに見られる、マフィアやアウトローなどが乗るダークなブランドというイメージもあります。どちらもキャデラックというブランドが持つ側面という意味では間違ってはいませんが、現代のキャデラックについて具体的なイメージを持っている人は少ないかもしれません。

2017年10月に登場したXT5は、現代のキャデラックを代表するミドルサイズSUVです。残念ながら日本ではマイナーなブランドとなってしまっているキャデラックですが、アメリカや中国などではとても人気のあるブランドです。XT5は、昨今の世界的なSUVブームの流れを意識した、キャデラックによる都市型クロスオーバーSUVです。キャデラックのミドルサイズSUVとしては、SRXが世界的に人気を博しており、XT5は実質的にSRXの後継車種と言えるでしょう。ここでは、XT5のエクステリア/インテリアデザインを中心に見てみましょう。

まずはエクステリアデザインについてです。デザインフィロソフィーである「アート&サイエンス」に基づく、ほかのモデル同様にひと目でキャデラックだと分かるデザインに仕上げられています。具体的には、逆台形のグリルに加え、大胆に縦に切り込んだヘッドライトがキャデラックらしさを強調しています。また、ボンネット上に彩られたプレスラインも、空力に貢献するばかりでなく、ラグジュアリーさを醸成しています。ボディサイドには、斜め上に切れ込んだプレスラインと後部にいくほどに下がるルーフラインが都市型クロスオーバーSUVとしてのモダンさを強調しています。アメリカには以前から大型SUVが多くありますが、どちらかと言えば居住性や積載性を重視しており、スタイリッシュとは言えないものが多いのですが、XT5はそうした大型SUVとは一線を画する優雅なボディラインをまとっているのが特徴です。ボディカラーはパールの入った6色が用意されており、これらもまた高級感を感じる色合いとなっています。

ここまで見てわかる通り、XT5はあくまで高級車としての性格が与えられています。SUV=山岳地帯などの悪路を走るというようなイメージもあるかもしれませんが、現代のSUVの中には都市部は快適かつラグジュアリーに走ることを主目的としているものも多く、そうした性格が与えられているモデルも少なくありません。日本は世界でも最も道路が舗装されている国の1つですが、世界にはまだまだ未舗装路の多い都市もあったり、また、舗装されていてもその質があまり良くない都市もあり、そうしたところでは、SUVスタイルの方が快適に移動できるのです。SUVが必ずしも山道のためのものでないことは、これからのクルマ選びについては認識しておいたほうが良いのかもしれません。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です