マツダ CX-8 XD L Packageで車中泊はできる!?【広さ、寝心地はどう?】


マツダ CX-8 XD L Package 左斜め
車体の長さが4.9メーターもある車を見て試乗すると、気になってしまうのがこの車ひょっとして車中泊に向いているのでは?ということです。

フルフラットになるのか?高さは足りているの?凸凹は大丈夫か?など気になる点はたくさんありますので、CX-8での車中泊について調べてみました。

スポンサーリンク

マツダ CX-8で車中泊はできる!?

マツダ CX-8 XD L Package フロントマスク
車中泊できるかどうかのポイントは、体が伸ばせるかどうかです。
ある程度の長さと横幅がないと横にもなれないですし、仮眠をとるにもリラックスできません。

またシートを倒したときに、床がフルフラットになるかどうかも重要なポイントとなってきます。凸凹があるところで寝ると、体のアチコチが痛くなってしまいますよね。

さて、CX-8 XD L Packageはこれらの条件を満たしているのでしょうか?

CX-8 XD L Packageで車中泊する場合、2列目、3列目を倒す必要があります。

マツダ CX-8 XD L Package シートアレンジ

シートを倒したときの室内の長さですが、画像を見て分かる通り、よほど大柄な方でなければ体を充分に伸ばすことができるでしょう。
室内幅は1,540mmもあるため、横幅も充分な広さがあります。
やや窮屈だとは思いますが、二人並んで寝ることもできると思います。

またシートがフルフラットになるので凸凹や傾斜がほとんどないので寝心地も悪くなさそうです。

マツダ CX-8 XD L Packageで車中泊するデメリット

CX-8で車中泊をする場合のデメリットについてですが、まずXD L Packageの場合2列目に大きなコンソールボックスがあるので、シートを畳んでもそれが邪魔になります。

2人で横になる場合ちょうどいい仕切りになるかもしれないですが、マットレスは敷きづらい形状となっています。

XD L Packageには設定がありませんが、車中泊を考えると2列目が3人掛けのシートの方がより快適に過ごせると思います。

またミニバンと比較するとどうしても天井の高さが低いため、足を延ばし座ることは出来ますが、立ち上がるようなことは出来ません。着替えなどする場合は苦労しそうですね。

またこれはCX-8だけに当てはまる問題ではなく車中泊全般でいえることですが、エンジンをかけっぱなしにするわけにいかないので、寒さや暑さ対策をしていない場合、とてもじゃないですが熟睡できる環境にはなりません。
夏場なら網戸を用意する、冬場なら暖かい寝袋などを用意した方がいいかもしれないですね。

エンジンをかけっぱなしにするのは、環境面だけでなく一酸化炭素中毒になってしまう危険性もあるので、やめておきましょう。

セキュリティの観点からも必ず施錠をして、あまり人気のないところは避けましょう。車上荒らしや強盗などに遭遇してしまっては楽しい旅も台無しですからね。

オススメ記事

>>> 新車購入時の注意点|”下取り額から調整します”に騙されるな!

>>> スバル新型XVで車中泊をする事は可能?【シートアレンジを確認してみた】

>>> スバル新型XVとインプレッサスポーツの荷室比較【どっちが使いやすい?】

>>> 新型XV 2.0i-Lの見積もり【人気モデルの乗り出し価格はいくら?】

>>> 【新型XVと日産ジュークを比較】スバルXVの優位性&メリットとは?

>>> 【新型XVとC-HRを比較】スバルXVが劣っていると感じた2つの事

>>> スバル新型XVのラゲッジの荷室容量|旧型よりどれくらい積載量は増えた?


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です