マツダ CX-8 XD L Package試乗レビュー②【取り回しのしやすさ&安全性能をチェック!】


スポンサーリンク

マツダ CX-8 XD L Packageの安全装備について

今では当たり前になりつつある安全装備ですが、CX-8にももちろん装備されます。
各メーカーで名前が違っていたり、機能も異なるので、CX-8にはどのような安全装備があるのかについて説明していきます。

全グレード標準装備

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート

先行車や前方の歩行者をカメラで検知しブレーキを自動制御して衝突回避をサポートします。

AT誤発進抑制制御[前進時]

約10km/h以下での徐行前進や停車時に、カメラやフロントの超音波センサーで前方の障害物を検知し、ペダルの踏み間違いなどによる誤発進・急加速を抑制します。

スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]

約2~8km/h以下の後退時に、超音波センサーで障害物をとらえ、衝突の危険性を判断し、ブレーキを自動制御し衝突の被害を軽減します。

AT誤発進抑制制御[後退時]

約10km/h以下での徐行後退や停車時、後方に障害物があるにも関わらず、アクセルが一定以上踏み込まれた場合に、警報と同時にエンジン出力を抑えて急発進を抑制します。

車線逸脱警報システム

車両が車線を踏み越えそうであると判断すると、ステアリング振動またはランブルストリップス音やビープ音によって警告。また、ランブルストリップス音は右側の車線を踏み越えそうになると右スピーカーから、左側の場合は左スピーカーから鳴るため、逸脱の方向を直感的に判断でき、ドライバーの素早い回避操作を促します。

ブラインド・スポット・モニタリング

約15km/h以上での走行時、隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると、検知した側のドアミラー鏡面のインジケーターが点灯しドライバーに通知。その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、車線変更の中断を促します。

XD以外に標準装備、XDはメーカーセットオプション

ドライバー・アテンション・アラート

エンジン始動後、車速が約65km/hを超えると作動し、疲れていない状態でのドライバーの運転とクルマの動きを学習。その後、学習したデータと実際の運転状況に大きな違いが出ると、ドライバーに休憩を促します。

XD以外に標準装備

アダプティブ・LED・ヘッドライト

ストレスや不安を感じることなく運転を楽しめるよう、左右各12ブロックのLEDを個別に自動点灯・消灯して、面倒な操作なしに夜でも昼間のように前方を見やすい状況をつくり出すのが、ALHの役目です。夜間の視認性を高め、ドライバーの危険認知をサポートします。

交通標識認識システム(XD以外に標準装備)

走行中にカメラで速度制限、進入禁止、一時停止、追い越し禁止、はみ出し禁止の交通標識を読み取り、その情報をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示。制限速度の超過などをドライバーに警告、安全運転を促します。

まとめ

大きなボディサイズのため、小回りや取り回しはあまり良いとは思えないCX-8ですが、視界がかなり良く視野も広くとれるため、運転はしやすいです。
安全装備に関しても、様々な装備があります。

ただし、XDグレードには装着できなかったり、メーカーオプションとなっているものもありますので、全て装着したいという方にはグレード選択に注意が必要です。
安全装備に関してはグレードの差をつけずに、全ての機能を全車標準装備となってくれることを今後のマツダに期待したいと思います。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です