新型日産スカイライン200GTt Type P 外装画像インプレ【先代モデルとの違い&変更点は?】


日産スカイライン200GTt Type-P
現行の日産スカイラインは13代目のV37型。日産が海外で展開する高級車ブランド、インフィニティのQ50としても販売されている車で、2014年に誕生したモデルです。このV37スカイライン、デビューから3年目の2017年12月20日にマイナーチェンジをしていました。今回、マイナーチェンジ後の200GTt Type Pを借りることができましたので、レビューをしていきます。

スポンサーリンク

フロント画像

日産スカイライン200GTt Type-P フロントマスク
今回のマイナーチェンジでフロントバンパーの造形が変更され、さらに鋭い表情へと刷新されました。ヘッドライトの意匠は変更ありませんが、ヘッドランプ下のエアインテーク部分が大変更、マイナーチェンジ前は、下に下がるにつれ、内側に切り込んでいた形状に対して、マイチェン後では外側へ広がる形状になりました。

日産スカイライン200GTt Type-P ヘッドランプ

さらに、フロントバンパー下側に、まるで別パーツでつけたリップスポイラーの様な堀の深い造形が与えられており、より低く構えているように見えます。
特徴的なインフィニティのエンブレムが埋まっている独特のグリルの末広がりの延長に、バンパーのラインがつながっているように見え、プレミアム仕様のType Pではありますが、スポーツセダンの様相を強く感じさせてくれます。

日産スカイライン200GTt Type-P 斜め左前

バンパー内の大きな変更点は、フロントのフォグランプ周りです。メッキパーツによりラインを強調し、その上部にはまるフォグランプとデイランプを車両外側へと配置、フロントの押し出し感を一層高めています。このメッキパーツが良いアクセントとなっており、マイナーチェンジ前のType Pに比べて豪華な印象を受けます。

ちなみに、バンパーについている直径2センチほどの円形の物体はコーナーセンサーです。車両の四隅についており、近くで見るとはっきりと存在が分かってしまうのは、あまりよい処理をしているとは言えません。特に、試乗したのが赤いボディ色だったためか、縁の白い円が目立ってしまっていました。同系色のカバーで覆うなどさらなる改善が図られることを願います。

日産スカイライン200GTt Type-P フォグランプ

フロントのグリル形状はインフィニティブランドの特徴です。インフィニティとは日産が海外で展開をしている高級車チャンネルであり、日本で販売されているフーガはQ70、スカイラインクロスオーバーはQX50など、名前を変えて展開をしているクルマたちと共通の意匠となっています。

中央に配置したインフィニティのエンブレムを中心にして、周囲をブラックアウトしたグリルで囲い、その周囲をメッキラインで固めた、非常に押し出し感の強いデザインとなっています。マイナーチェンジで内部のグリルの意匠が変更されており、メッシュの目の大きさが粗くなったことで、遠目に見てもはっきりとクロスしているグリルが分かる様になりました。

北米市場でのライバルであるレクサスのスピンドルグリルも、末広がりの形状を採用していますが、レクサス程には大げさな造形ではないところは、日産の控え目な性格の表れでしょうか。フロントの面積に対してのグリルやインテークのバランスとしては、このくらいが秀逸と考えられます。

ちなみに今回の試乗車のグレードは、200GT tという2.0リットルガソリンターボエンジンのType Pです。3.5L V6+HEVのハイブリッド仕様にもType Pがありますが、リアのエンブレムが350GTか200GTtの違い程度で、他は原則同一のデザインです。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です