ヴェルファイア HYBRID Zの3列目シートレビュー【広さ&快適性を徹底チェック!】


ヴェルファイア Z 左前
新型ヴェルファイアは3列目も快適に過ごせるミニバンです。3列目は3人掛けですが、快適性に関してはいかがでしょうか?乗り降りのしやすさや、座り心地、収納など含め使い勝手について確認してみました。

スポンサーリンク

スライドドアの使い勝手について

ヴェルファイア Z サイド
3列目から乗り降りするには2列目のスライドドアを使用する必要があります。

スライドドアの開閉スイッチは3列目にはありませんので、2列目の位置もしくは運転席で操作することになります。

7人乗りのリラックスキャプテンシートでは最大830mmのシートスライド量がありますので、シートをスライドさせれば、3列目から楽に乗り降りすることができます。
また、シートを前に出さなくとも、センターウォークスルーを用いて、乗り降りすることもできます。

スライドドア自体も開口幅が780mmもあるので、よほど大柄な体でなければ、3列目への乗り降りが困難になることはないでしょう。

安全性の問題なので、仕方ないでしょうが、3列目から降りる際には2列目の乗員もしくは運転手に声を掛けないとドアを開けられないのが、少しだけ手間になりますね。

3列目のデメリットは?

ヴェルファイアZ 3列目
3列目のデメリットは、サイドウインドウを開けることができないので、換気や外気導入したいと思う場合、2列目のサイドウインドウを開けるしかないということですね。

また、3列目に2人掛けする分には問題ないのですが、3人で座る場合、5:5分割シートで、真ん中につなぎ目があるので真ん中に座る乗員はかわいそうですが、座り心地が若干悪い気がします。

当たり前のことですが、サイドにドアが無いため、3列目の乗り降りは1列目、2列目に比べると、若干乗り降りがしづらいということもデメリットの一つですね。

乗り心地に関していえば、3列目はホイールベースの外にあるので、1列目、2列目に比べると揺れが多く、乗り心地が劣ります。といっても、短時間乗車だけにしか使用できないというものではなく、十分長距離移動でも耐えうる乗り心地でした。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です