ヴェルファイア HYBRID Zの2列目シートレビュー【機能性を徹底チェック!】


ヴェルファイア Z 左前
ヴェルファイアのなかで、一番の特等席ともいえる2列目シートですが、座り心地だけでなく、使い勝手含めて快適なのでしょうか?乗り降りのしやすさや座り心地について説明していきましょう。

※今回試乗したのはヴェルファイア HYBRID Zですが、画像はヴェルファイア Zのものとなっています。

スポンサーリンク

スライドドアの使い勝手はどう?

ヴェルファイア Z フロントマスク
HYBRID Zのスライドドアは、ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドアとなります。

他のクラスのミニバンだとグレードによっては、助手席側のみパワースライドドアになるところ、ヴェルファイアハイブリッドモデルでは全グレードで、両側パワースライドドアとなります。

この辺に関しては、高級ミニバンだと当たり前といえる機能かもしれないですね。

パワースライドドアの操作は車内では運転席はもちろんのこと2列目でも操作可能です。外側からでは、スマートキーを持った状態でスライドドアハンドルに軽く触れるか、またはスマートキーのデュアルパワースライドドアのスイッチで開閉可能です。

パワースライドドアと同時に装着されるもので、バックドアイージークローザーというものがあります。これはバックドアの半ドア防止装置のことで、思い切りバックドアを閉めなくても軽く閉めるだけで、最後はきちんと閉めてくれるという代物です。

ヴェルファイアのバックドアは意外と重たく力がいるので、心強い装備の一つですね。

なお、ハイブリッドモデル、ガソリンモデルともに、上位グレードには自動で開閉できるパワーバックドアが装備されます。

2列目の収納の使い勝手はどう?

HYBRID Zの2列目にはいくつかの収納スペースがあります。
リラックスキャプテンシートには、折りたたみ式サイドテーブルが装着されます。

折りたたみ式サイドテーブルは前方に2つ、後方に2つ、計4つのドリンクホルダーが装備されます。後方のドリンクホルダーは、3列目の乗員も使うことができそうですね。

サイドテーブルの真ん中は小物など置くことが出来そうです。
左右スライドドア下部には、ペットボトルなどを収納可能なボトルホルダーが装備されます。

ヴェルファイアZ 2列目 ボトルフォルダー
2列目周辺だけでも6つの飲み物収納場所があるのは長時間ドライブや、大人数でのドライブにも役に立ちそうです。

ヴェルファイアZ シートバックポケット
運転席・助手席シートバックにはポケットがあり、雑誌や地図などを収納可能です。シートバックポケットは地図など以外にも、折りたたみ式のフロントサンシェードなどを収納することが出来るので、重宝します。
運転席側にはコンビニなどの買い物に便利な、買い物フックが装備されます。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です